ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.02.01 Wednesday

夢の巨大深海魚!アブラボウズへの挑戦

みなさん、こんにちは(^^)

 

千葉の下山田です。

 

2017年、最初の投稿はこの魚のお話。

 

 

―深海に棲む巨大魚・アブラボウズ。

 

今やすっかり知名度こそ高くなったものの、実際にその生きた姿を間近で見たことがある人は極端に少ないであろうという魚。
 


この魚を本気で夢見たのは2012年。
静岡の「マニアな仲間たち」のみなさんがジギングでアブラボウズに挑戦し、見事に狙って釣っていたのがきっかけです。

それまではこの魚が釣りの対象魚であることすら知りませんでした。

 

「こんな凄い魚、いつかオレもジグで狙って釣りたい!」

 

そして調べていくうちにアブラボウズは地元である千葉の海でも釣れることも分かりました。
出来れば地元でこの魚を釣ることを実現したい。

実はここからアブラボウズを釣ることを夢見て挑戦の日々が始まりました。

 

しかし相手はどこまでもデッカくなる深海魚。写真を見るとあまりの大きさに恐怖すら感じます。

 

当然のことながら、経験も知識も情報も体力も道具もない当時の私にとっては果てしなく遠い夢物語。

そこでまずは今まで通りカンパチやヒラマサ、ブリなどの青物を基本として、アカムツやキンメダイを始め中深海の様々なターゲットや遠征のキハダなどにもチャレンジして地道に1歩ずつ段階を踏んでいくことにしました。

―あれから月日が流れ2016年。
3年間の修行を経て、地元でアブラボウズを狙わせてくれる船長とも出会うことができました。なんとかタックルも揃え、遂に舞台が整いました。


いよいよアブラボウズを釣り上げるという夢を叶えるために海へ!

しかし昨年は東北への遠征も含めて6回アタックするもその想いは叶わず無残にも打ち砕かれました。

 

いざ自分の持ってる最大限の本気で狙ってみたものの・・・

「深海」という過酷な条件下では精神面や技術面などいくつもの壁に当たり、心が折れそうなこともしばしば。難度が高すぎると言っても過言ではなく、悉く返り討ち。

 

 

これまでに経験したことのない未知の領域への挑戦からは色々なことを学びましたが、昨年はとてもアブラボウズまで辿り着くことが出来ませんでした。


年が明けて2017年。

 


1月6日の夕方に後輩の河本くんから伊豆に1人でアブラボウズを釣りに行き35kgを釣ったとの報告をもらいました。
彼もまたずっとアブラボウズを夢見て追いかけてきた釣り人の1人。そしてようやく叶えた夢。
それを知っていただけに、仕事終わりに電話でアツイ話をしているうちに心を打たれました。

彼の技術はもちろん精神力の強さには脱帽です。本当におめでとう(^^)b

 

 

釣人:河本 篤哉
アブラボウズ 35kg
船宿:南伊豆忠兵衛丸
ロッド:ハイピッチジャーカー501
リール:オシアジガー5000

ライン:スーパーファイヤーライン3号
ジグ:SPY 900g

こんなとてつもなく凄い話に刺激を受けた自分は居ても立っても居られず、、、
ちょうど翌日からは三連休。唯一たまたま空けていた翌日の休みに1人でアブラボウズを釣りに行くことをその場で決意。即、船長に電話し、帰って準備!


ちなみに予定を空けていたのは2日後に控えていたとある資格試験の勉強をするためだったのですが…笑(試験は無事合格しました!)

思い立ったが吉日!本当に1人で来てしまいました!2017年、初釣りです。

船は波崎の仁徳丸さん。
アコウダイやアブラボウズをはじめとする深海釣りの実績はもちろん、スローピッチジャークへの理解も深い三橋正幸船長が案内してくれます。
これまでも「アブラボウズを釣りたい!」という私の夢にも毎回なんとか応えようとしてくれる船長です。

この船長との出会いがあり外房・銚子沖でのアブラボウズへのチャレンジの道が開けました。

 


餌釣師9名とジグ1名での出船。放射冷却で冷え込んだものの、海上は運良くベタ凪です!

 

餌釣りでのメインターゲットはアコウダイ。形状が激しく変化する地形を狙います。
そこにはアブラボウズも生息しており、必然的に年に数本は揚がり大型にはハリスを切られているとのこと。

つまりジグで狙って釣れる可能性は十分にあるのです。私は必ず釣れることを信じて通っていました。
 

この日撮影したコアホウドリ。

物凄いスピードで空を舞っています。その姿は大迫力!

運が良いと銚子沖では特別天然記念物にも指定されている巨鳥・アホウドリの大群を間近で見ることができ、私の楽しみの一つでもあります。

 

2017年の1投目は大きな朝日を見ながらミヨシで河本くんと同様にSPY900gを入れてみたものの、潮に乗ったジグの重さにうまく感覚を掴めず根掛かり…。いきなり2台しか持ってきていないリールの片方を使用不能にしてしまい、過酷な現実を突きつけられました。深海ジギングの1投目は本当に難しいです。餌釣りの方々も全員空振り。

 

そして2投目。これで逆に開き直ったのか?冷静になれたのか?

 

新たにFB700gをセッティングし極限まで集中力を高めます。


その瞬間が遂に来ました。

明確なアタリにリールを出来るだけ巻き取ります。

 

根掛かりのような感覚でしたが、ラインの遥か先では確かに頭を振っていてアブラボウズだと確信。まさかの船中ファーストヒット!

 

重量感を凌ぎながら無我夢中でリールを巻いてくる時間は本当にスリリング。そしてとても長く感じられました。

 

この日の最低気温は3度なのに緊張して汗だく。。。

 

長い距離を経て、ようやく水面に現れたのはやはりアブラボウズ!

 

ですが、鈎の掛かり所が悪くフロントが外れリアフック1本・・・。

 

水面に現れてからは餌釣りの方とオマツリしていて魚をコントロールするのが難しく、取り込むのに苦労しました。かなり心臓に悪く、正直生きた心地がしなかったです。。


無事にギャフが決まり、3人がかりで取り込んでもらいました。

 

ずっと追いかけて来たアブラボウズ。

 

遂にやった・・・夢が叶った!!!

紛れもなくオレが釣った本物のアブラボウズです!
その瞬間、これ以上にないくらいの最高の喜びと達成感と疲労感。

何度か天に向かって絶叫し、感動してほんの少し涙が出ました。
 

 

アブラボウズ 17kg
ロッド:マニアフェローズ43
リール:トルサ#30

ハンドル:オーシャンマークAE100
ライン:スーパーファイヤーライン3号+シーガー18号
ジグ:スロースキップFB 700g
フック:バーチカルヘビー7/0

 

その風格は魚というよりは、もはや野生の動物です。
アブラボウズとしては小ぶりですが、それ以上に釣れたこと、出会えたことへの感動はあまりにも大きすぎるものでした。

深海という想像を絶する過酷な世界で、この魚がここまで育つのには何年生きてきたのかは分かりません。

そんな深い闇の世界からやってきた自然の恵みと出会えたことに感謝した一日でした。

 

 

 

この日は潮型が悪く渋い一日でした。終盤に餌釣師の数名にアコウダイが連続ヒット。

名物「アコウダイの提灯行列」に船内が盛り上がります!

 

帰港後、真っ先に河本くんに連絡し、彼と喜びを分かち合いました。

 

彼が夢を叶えた翌日にまさかの自分まで夢を叶えることができたのです!こんなことってあるんだね。

自分が行動を起こすきっかけを与えてくれた彼にもまた本当に感謝です。

 

 

このアブラボウズは数日かけて美味しくいただきました。刺身、照り焼き、煮付などどれも抜群ですが、なかでも西京漬は超絶品でした!!!

また今回は多くに方々にお裾分け。

アブラボウズを「知らない」「食べたことない」という周りの人たちにも食べてもらい、とても喜んでもらえました。本当に良かったです。

 

最後にこの深海ジギングの道筋を作ってくれた「マニアな仲間たち」のみなさん。

いつも一緒に海を楽しんでいる仲間たち。

信頼のおける素晴らしい道具とジグを作ってくださっているディープライナー東村船長とスタッフの皆様。

そしていつも快く迎えてくれ、この日最高の魚を釣らせてくれた仁徳丸・三橋船長。

本当にありがとうございました。

 

 

不思議と神秘に満ちた壮大な大自然に挑戦し、なかなか出会えない一生心に残る魚が釣れるとたくさんの感謝が生まれます。

そこがまた釣りの醍醐味ですね。

 

そんな感謝の気持ちを忘れずに、これからもまた挑戦は続きます。

 

下山田 陽樹

2017.01.30 Monday

2017年初釣行

まいどです。高知のはまちゃんです。

2017年初釣行を報告いたします。

 

1月某日、寒波の合間を縫って、海宝丸さんにて強風が少し残る予報の為、遅めの出航。

 

2017年初魚は

 

アヤメちゃん:スパイ・140g

 

終日、潮は0.3〜0.5ノットで渋々状況の中、朝一基本のCXから落とし、VBへ替えても変化なし。

アピール重視のスパイに替えてスローの誘いでの初魚でした。

以後、第二・三世代ジグに頼りっきりの釣果です。

 

2匹目はまずまずの引きで、期待大

残念、エソ:スパイ-N・260g

 

同船者でマハタが上がり、底狙いへの変更後

オコゼ:ヴィブ・250g

3m以内ネチネチ作戦でやっとの、まともな魚GET!

 

同様の誘いで、ナイスな引き

今日一クロムツ:ヴィブ・250g

 

その後、セッティングがハマりほぼ独壇場の連呼

スパイ-N・260g

スパイ-N・260g

スパイ-N・260g

スピンドル・250gに替えても4レンコ

ラストは

マダイ:ヴィブ・250g

底でアタリなく、誘い上げでの一匹でした。

 

終盤は、風も収まり中深海でクロムツを追加して終了。

 

以上。

 

尚、本文はチームモリタブログにも掲載しております。また全体釣行も別途、掲載予定です。

 

2017.01.22 Sunday

第4回サーベリング大会in広島


大阪より、丸山です。

先週、1月15日の日曜に広島は竹原港で行われた第4回KINGFISHサーベリング大会にサポート(?笑)で行ってきました(´∀`)

一昨年の第2回にも行かせていただいたので2回目の参戦です〜


しかしまぁ〜

今年度最強の寒波に見舞われ、瀬戸内とはいえ船がでるのか否かの判断から怪しい雲行き、、、そして大阪も雪??!
大阪から広島県竹原市まで晴れなら約3時間半、雪の山陽道をノーマルタイヤで突っ込みましたわ(笑)規制区間は下道で。5時間掛かって到着!




極寒の朝5時30分、集合です。
受付済ませて船に積み込み!





船は5隻で約8人づつ乗り込みます。
KINGFISH中村オーナーの号令でサーベリング大会の開始です。
競技内容は、3匹の総重量です。

先週の駿河湾はタチウオ1匹だったんで、2匹以上が目標!(笑)
分かりますかね〜雪が舞ってます




当日は潮が大きかったのと、大型狙いで深場に行くかもしれなかったのでジグは130〜250gまで用意していきました。

案の定、松山沖〜倉橋沖はビュービューで、しまなみ海道をくぐり、今治沖というのか北寄りの島影でスタートフィッシングです!



田中さん!優勝本気で狙ってるらしーこわー(笑)


朝方は渋め!
それでも隣の内海さん


スパイファイブの赤金150g(かな?)
ナイスサイズです!
スパイファイブの平たい面をマジックで黒く塗ったもので釣られてました。
浜岡さん

ナイスサイズですねー
スパイファイブ150gかなー


スパイ150gでも!
田中さん!
こう見えて僕よりだいぶ若い田中さん(´∀`)


そしてそして



僕も良いサイズをゲットできました!


内海さん
FBのグリーンゴールドで!



スパイナローでも!清水さん。


藤原さん vibのグリーンゴールドで連発!

暗い時より、雲から少しでも日を見せた時のほうが食いがよかったですね!
潮はほどよく1ノット前後で海は釣り易かったけれど気温がマイナスで指先が動かん(笑)だから日がでると指先が動いて釣れたのかも(笑)(笑)
終始渋めでしたが喰えばデカイ状況でした。こういったときはまさに大物狙いの釣りをします。

具体的には巻き主体の釣りです。
潮が動いていてそう速くない状況であればハマることが多いです。ローギアリールに柔目のロッド、今回はソルティガ15の一巻き80センチ、ロジカル70#0、60#1.2を多用しました。渋めなときは狭いレンジを巻きで狙いたいのでローギアを使います。
これを巻きと、軽いシャクリでスパイファイブをパタンパタンと倒すイメージで上げます。これをジグの動きを感じながら不規則にやるんです。リーリングスピードを変える、シャクリの幅を変える、止めるとかね。これは手返しも上がりますし、広いレンジをやれますからオススメですよーそして切られないのも良いことですねー!
やる水深にもよりますが、反応の上下20mは最低でもやるべしです。80mで反応が70mなら底から30mはやるべしです。


最後には晴れてくれました!
検量です!



第3位の田中さん!お隣さん。
流石支部長!



第2位の内海さん!
お隣さん。


なんと2位と3位の間で釣りさせて貰ってました(笑)(笑)


そしてはえある第1位!
森川さん。2年前は同船でしたね。


なんと、優勝賞品はロジカル70#1と、カルカッタコンクTYPEJ!

うぁー欲しいわー(笑)森さんおめでとうございます(´∀`)



浜岡さんも4位でうちの船から2.3.4位が出ました〜釣らせ方、モチベーションの上げ方、上手かったです。


北海道からノースキャストの平中さん

皆さんお疲れ様でした!





当日参加のジギング船
武士(サムライ) http://www.samurai-yugyo.com
隼人丸 http://xn--gtvz45g.jp
中吉丸 http://nakayoshimaru.sakura.ne.jp/index.htm
倖矢丸 http://www.kouyamaru1124.com
遊漁船110番 http://spwp4g29.wixsite.com/yuugyosenn110



僕のクーラーの中身
12匹いました。 いーとこ行ってないかなー(笑)

タチウオはエリア、状況によりスローの釣りが効く、効かない、テールヘビーの釣りが効く、効かないがありますが、瀬戸内はスローが大いに効果があるといえます。僕は釣り場によって違うタチウオのあることが重要と考えています。これはここには書きにくいので直接聞いてください〜。メタルハリスの検証も最近してますんでこのあたりも。
どこでって?フィッシングショー大阪では3日間出動してます(´∀`)

タチウオファンは是非ディープライナーブースへお越し下さいませ^_^


タックルデータ
ロッド:ロジカル60#1.2、70#0
リール:ソルティガ15、リョウガベイジギング2025SH
ライン:1号
リーダー:ナイロン50lb
(+グレメタル2.5号) ジグ:スパイファイブ130.150.180




しかし寒かったー!
竹原の太華園、ラーメン美味かったよ。
丸山 顕治
2017.01.14 Saturday

第8回駿河湾太刀魚ジギングバトル

大阪より、丸山です。

あけましておめでとうございます。
今年もバリバリ釣っていきますんでよろしくお願いします。




今年は暖かいなーと思っていたら、今日は極寒。。窓ガラスがビシビシいってます(涙)明日、広島でKINGFISHさんのタチウオ大会ですが辿り着けるのか俺(笑)


さあ、本題。
先週末に駿河湾太刀魚ジギングバトルに出掛けてきましたので報告します。


今年で第8回目を迎え歴史ある大会になっています。主催釣具店が、静岡県富士市いのまた釣具店、東京都八王子市のルアーショップZENIYA、神奈川県小田原市の長谷川釣具店、山梨県甲府市のグッドフェローズの4店となり、毎年の参加者が160人を超えるジギング大会としてはとっても大規模なんです。

実釣は駿河湾奥のスタンダードな夜釣りになります。
競技は5匹の総重量。
タチウオの夜釣り、12年ぶりっす(笑)

ワタクシ、今回はスタッフとしてではなくガチ本気で出場してきました!

写真少なめです!(笑)
何故か?まずはみてみてください!



受付開始前に各メーカーブースで勉強!

西本先生が店番です。
今月発売のスピンドルナローを展示。



新しいブルーヘブンも展示。
質感最高!ペンチ欲しいなー。



浜松からブースだけを見に来たご夫婦。
うるなよ(笑)


常に盛況なディープライナーブースでした!




そんなこんなで受付後、出船です!
ワタクシの船はある大型船。
マニアな仲間たちのメンバーは元吉丸、、、ひとりだけアウェーな状況に飛び込む。最近の状況がゲキシブとのことでタックルもそれなりにして準備です。
具体的には先糸を外したり、リーダーを長くしたり、、、。ジグはスパイファイブとスロースキップCXで通しました。


夜釣りでゲキシブなんで動かし過ぎない釣りと、リアクション狙いの不規則なコンビネーションをやっていきます。

水深は40〜90mで、反応20〜40mで層を釣る釣り。

ヤバイ、潮スカスカで浅い。
道具も合ってない。

ヤバイ(笑)



少ない反応に乗せてやっていく。


反応が薄い。そして足が速い。

ツレネー(笑)




指示棚ではなかなか食わないのが分かったんで、底からを重点的にやることにしました。

初釣りで坊主はヤバイヤバイと思っていたら、神様からお恵みがきました!

底から5m、スパイファイブタチウオカラー150gの超スローなアゲからのフロント落しに!


事故だ(笑)

本日の釣果、1本412g(笑)
1人で写真なし(笑)


元吉丸のマニアな仲間たちの皆さん


超小型を釣ったやかたさん




船中18人で10本も釣れてない状況でも、
釣ってる人はいるもんです!上位入賞者の皆さん!
なんと1位のかたはスパイファイブで通したとのこと、ありがとうございます!
完敗です(笑)

5本を揃えた方が上位食い込みできてました。

他魚の部ではミシマオコゼが上がって、大物賞は760gでした。


最小記録指1


協賛各社



参加者の皆さん、極寒激シブな中、お疲れ様でした!




主催者の皆様、来年も開催よろしくお願いします!バッチリ練習しておきます!
参考にならないタックルデータは今回割愛します(笑)(笑)





おまけ。
後輩の河本君が大会前日に石廊崎沖800mにてアブラボウズ35kgを仕留めました。ア、ブラボー(´∀`)


ジグはスパイ900gでした!

最高の初釣り、俺もつりてー!

そしてなんと翌日には千葉の下山田も!
こっちはおそらく近日レポートされると思うんでお楽しみに!
丸山 顕治
2016.12.26 Monday

瀬戸内海歩記

皆さん^^こんにちわ

神戸の大吉です^^
 

今年も残りわずかとなり そろそろ釣り納めの日になってきましたので

2016年最終ブログUPは、

 

地元の海でもある明石海峡大橋の近辺

釣行を、下半期まとめてみました^^

 

明石と言えば真鯛が有名で

 

明石鯛と言われる有名なブランド鯛で狙う方も多く

ルアーゲームでは、鯛カブラが盛んで

ジグで真鯛を釣る習慣があまりない場所の印象があり

以前から明石鯛をジグで狙って獲るを実釣したく

今年からチャレンジしてます^^

 

今まで地元以外での真鯛狙いでは、比較的

釣りやすい魚種の印象が強く

簡単に考えてた部分もあり

いざ明石海峡でチャレンジしてみると

試行錯誤の連続で トライ&エラーの連続でエラーだらけ(汗)

そう簡単に釣らせてくれない激戦フィールドの印象がどんどん膨らんでくる日々で

そうこう色々とやる中で 鯛カブラの動きを思い出しながら

様々なパターンで組み立て

ロジカル55#0+スパイfive60g(アルミ パロット)でいざチャレンジしてみると

魚から答えが返ってきました^^

 

アタリから真鯛と確信しましたが痛恨のフックオフ(涙)

 

 

それからポイントを変え 同じイメージでやると

またもや真鯛らしきアタリでHIT!!

今度は、ばらさないよう慎重に^^

姿を、見た時には、心の中でのガッッポーズ!!

ロジカル55#0+ スパイfive60g  アルミベース ・パロット

心に残る嬉しい 始まりの1本で^^

改めてスパイfiveの適応能力の高さを再認識した1年でもありました。

その後も続けて釣れる嬉しい真鯛ジギングになり2017年も検証していこう思います

 

 

 

 

そして新たに発売される新ウエイト

DEEPLLINERから

スパイファイブ40gとフレック40g

このグラムが追加されることで近海のシャローゲームが更に楽しみになりそうです♪

 

 

 

そして地元で真鯛に続いて人気のターゲットでもある

青物・アコウ(キジハタ)・太刀魚・

 

アコウもガシラもスパイ+five

 

そして

ゲーム性が高く人気魚種の太刀魚も

スパイfive200g  +ロジカル55#0

数十年ぶりに太刀魚ゲームに真剣に取り組むと

凄く ゲーム性が高く 楽しいジギングにのめりこみました^^

スパイナロー250g

ジグの動きや針やタックルセッテイングで

サイズもわりかし選べる事もやり続けることで学びました^^

そうこう僕自身が楽しんでチャレンジしてると

仲間も楽しかったみたいで いつの間にか周りも熱くなり

遠方からでも飛んで来るようにもなりました(笑)

 

 

ロジカル70#0+スパイナロー250g+ジガー1000HG+SFL1

 

 

ロジカル55#0+スパイfive200g+ ジガー1500PG+SFL1・5
 

タツクルセッテイングがかなりシビアな時もあったりとか

毎分・毎時間の状況変化にぴったりついていければ

楽しいゲームになり時間も忘れてしまいます

楽しみすぎると仲間もこんな感じになってしまい(笑)

 

時間も忘れて遅くなってしまうこともたまにありました^^;

 

 

そして釣り納めに

2016年ラストは太刀魚ジギングのつもりでしたが

自然には勝てず時化の為 ポイント行けずクルージングして納竿

 

2016年お世話になりました

遊漁船船長様・ブログ見て下さる皆様・

いつも釣行段取してくださるDEEPの先輩方々・

御一諸していただいた皆様・

ディーパーズファクトリーのスタッフ皆様

 

今年一年有難うございましたm(  )m感謝

 

来年も変わらず 目標の

震えるような魚に出会えるようチャレンジして楽しんでいこうと思います♪

 

 

大倉あきひろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.12.24 Saturday

Wミサキ 釣行記

皆さん^^ こんにちわ!!

神戸の大吉です

 

2016年 9月〜12月までの釣行まとめてみました^^

 

少し前にになりますが10月に和歌山県の串本に遊びに行ってきました

 

今回僕自身初めて

お世話になりましたm(   )m

和歌山県 串本のかわばた渡船さんへ

TEL0735-62-0052

 

出船前のサービスに

美味しい朝ご飯に出船中の軽食のオムスビまで

用意してくださり

さあ!!がんばるぞ!!と朝からテンションあがります

 

 

今回挑戦する場所は、当たれば大きな夢ありますが

厳しいことでも知られるフィールド

 

 

 

 

 

開始1魚目は

 

良型  アコウから始まりました

 

スピニングの名手の村瀬さん

アコウの口からカニが出かけてました(汗)

 

 

 

そして

 

しばらく

 

沈黙が続き

 

 

 

色々と考えて組み立てしては、トライ&エラー

と厳しい感じでしたが

 

さすが嶋田さん

きっちりと当日状況合わせておられ

FBでアカハタ釣って連発させてました

今晩の晩御飯はアコウにアカハタと食材確保と

僕の中で晩御飯に一安心しました(笑)

 

 

そんな厳しい中

段々と

僕自身が分かりかけてきたパターンで試してみると

 

ロジカル70#4 +CX250gで青ハタ連発(^^)

 

その後ボトム付近〜数mのレンジでの

早く正確な誘いからのフォールで

FB250g

青ハタ・赤ハタ・特大おじさん(笑)等

その他雑魚も連発して

楽しいジギングタイムに突入

大きな夢は叶わずでしたが

嶋田さんをはじめ 仲間の皆も厳しい中釣れて良しでした^^

 

また大きな夢は次の楽しみに♪  納竿

 

 

 

漁港に戻ると

 

なんとお昼ご飯まで用意してくれており(嬉☆☆)

 

帰りに干物のお土産まで至れり尽くせりでした

 

で今回のメイン釣れた魚を松寿司さんへ

 

皆で釣れた魚

皆で食べて飲んで

最高に美味いですね^^

 

 

 

そして

数日後には

室戸の海に

 

DEEPLINERさんへ

 

ロジカル70#6+SPYfive 300g

城戸さん・Nさん・岡田さん・と赤むつ

 

ボトムから丁寧に探り

色々と試行錯誤した後

この日の見つけたパターンが

ボトムから2m付近でのSPYファイブをリアから落としつつ

テンションホールのちょっとした間を入れるのが

有効な日でした^^

 

 

 

 

そして初秋に

恒例の修行の場に

 

室戸激流のカンパチ狙い

FB330gSGゼブラ

しかし

いつ来ても状況変化が半端やなく・・汗

川みたいに流れたり

ころころ変わるので めちゃ難しい〜(笑)

 

 

 

 

少し深場のポイントでは

 

佐々木さんは、ロジカルジギングで

狙い通りのアラGET

ロジカル+スピンドルSGゼブラグロ

 

 

 

 

 

月日は、変わり

11月末日

少し寒くなってきた

この日は、西村船長のDEEPLINERに

この日は西村船長にお世話になり室戸に挑戦

丸山さんは、 FBで大吉は、スピンドル270gハガツオGET

 

ロジカル70+スピンドル300g(オールグロー)で真鯛

 

 

 

と色々と厳しい海域での試行錯誤の連続でしたが

厳しいながらも 楽しめた2016年下半期の釣行になりました^^

 

 

 

 

お世話になりましたm(  )m

釣り宿様・ 遊漁船船長様・

釣行手配段取りしていただいたDEEP嶋田さん・DEEP佐々木さん

御一諸していただいた 皆様 有難うございましたm(  )m

 

 

 

                                                                                       大倉あきひろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.12.01 Thursday

東京湾大感謝祭2016 × タレントフィッシングカップ 〜後編〜

みなさん、こんにちは(^^)

千葉の下山田です。

前回に引き続きタレントフィッシングカップの後編です!

 



「船とウエアの色がお揃いだぞー in 東京湾」の画

 


さて!中盤に差し掛かりシーバスの食い気が上がってきました!

 


今回が釣りに初挑戦という演歌歌手の大石まどかさん

 


徐々に道具の扱いに慣れてきたところで、コツを掴み見事に50センチオーバーのシーバスをゲット!初めての釣りとは思えないくらい上手に誘っていましたよ!ロジカル55#2を使用していただきました。「魚の引きってすごい!釣りって楽しいですね!」と話してくださり、とても喜んでいました(^^)おめでとうございます!!!

 

 


過去2回この大会を制しているベテランの仁科克基さんはキャスティングとジギングを状況によって使い分け、集中力を切らさず優勝を狙います!釣りの話をたくさんして盛り上がりましたよ!
ロジカル55#1を使用していただき見事グッドサイズをゲット!おめでとうございます!!!



しかしこの日はなんといっても門脇佳奈子さんの勢いが止まらない!まさにかなきっちゃんDAY(^^)


魚の反応を感じながら自らSPY-Vをカラーローテーションし、グッドサイズのシーバスを一時入れ食い状態に!!
自身二度目となる関東のフィールドとのことでしたが、全力で楽しんでいる姿が印象的でした。

 


そして遂にやりました!これまでにない強烈な引きを冷静にファイトし64センチのシーバスをゲット!

これは優勝を狙えるサイズだとみんなで大喜び!
というのもこの時点で他船の状況は厳しいとのことで、この日初の60オーバー。暫定トップだったのです。

 

 

とにかく釣りが大好き。今まで様々な魚を釣り上げてきたかなきっちゃんですが「一生忘れられない魚になりました」と笑顔で話してくれて、こちらまで嬉しくなりました。本当におめでとうございます(^^)

 



一方、お隣のリーダー、ドランクドラゴン鈴木さん。

 

かなきっちゃんの感動的な場面とは対照的に掛けるたびにサイズダウンしていくというミラクル。
50センチオーバー連発の中、この日の船中最小記録を次々と更新して、みんなにイジられてました・・・(笑)

きっちり笑いをとる姿は流石です(笑)

こうして終盤へ…。何かが起こりそうな展開で、
やはりこの方がドラマを起こしてくれました!

 


これまで盛り上げ役に徹していた日本が誇る元格闘家!武蔵さんが魅せてくれました!

 


パターンを掴んでからは連続して50センチオーバーを釣り上げた後に、これまでにない強烈なヒット!



やりました!冷静にファイトし、船中最大となる65センチのシーバスゲット!!!
やはり世界を相手に闘っていた男の勝負強さは違います!最後にビシッと決めてくれました。本当にお見事です!

最後の最後まで船上は大盛り上がり!本当に楽しい時間でした。
 

こうしてケガもなく、無事に帰港。中央ステージにて表彰式です。
果たして結果は…

 


【LTアジ部門】
優 勝:小崎陽一さん(イタリアンシェフ)5匹合計重量 1,084g
準優勝:ヒロシさん 5匹合計重量 1,014g
3位:杉浦太陽さん

 

【LTアジ団体優勝】※全員で釣り上げた総数
1号 杉浦太陽さん 山崎まさやさん ノッチさん 赤プル 松丘さん

葛西橋・第二泉水

 

【船長賞】(優勝者を出した船長に送られる)
3号 金澤八景 一之瀬丸 船長


【シーバス部門】
優勝 :つるの剛士さん 66.5cm
準優勝:武蔵さん 65cm
3位 :門脇佳奈子さん 64cm

 

【シーバス部門団体優勝】
6号 鈴木拓さん 武蔵さん 仁科克基さん 大石まどかさん 門脇佳奈子さん

本牧・長崎屋

 

【船長賞】優勝者を出した船長に送られる
4号 長浦 こなや丸 船長

 

ご一緒させていただいた武蔵さんは2位!門脇佳奈子さんは3位!
そしてチームとして団体優勝を果たすことができました!!!これはもう本当に素晴らしい結果だと思います!
みなさん、おめでとうございます(^^)

 


 

記念に武蔵さんと。

学生時代、リングで闘う姿を観戦していた憧れの存在が目の前にいることに感激。男らしくてとても優しい方でした。マジでカッコ良すぎます

 

 



最後にタレントフィッシングカップ発起人でもあり見事に優勝を手にしたつるの剛士さんと一緒に。

こんな素敵なイベントに参加させていただき、本当にありがとうございました。これからもみなさんのご活躍、心から応援しております。
 

 

ステージ上でつるのさんが言っていたように東京湾には豊かな自然の中で沢山の魚が生息しています。
そんな自然の中での釣りは本当に楽しい遊びです。今回もみなさんの素敵な笑顔を間近で沢山見ることができました。

これからもこんな楽しい遊びをみんなで続けていけるように、自然環境に配慮して優しい気持ちを持って接していきたい。
今回のイベントを通じてそのように感じました。


下山田 陽樹

2016.11.30 Wednesday

出ました。イシナギ!!!

みなさん、こんにちは チームモリタの田中です。

もうすぐ12月ですね。 1年経つのも本当に早く感じます。

僕の今年の釣りの方は、7月に 一つの目標にしていた、10Kオーバーのカンパチは釣ることが出来ました。

しかし、高知に通うきっかけの ひとつに、「イシナギを釣ってみたい!」 っということがありましたが、こちらの方は、未だに達成出来ていません。

今年もあと少し、なんとかイシナギの方も達成したいと思いながらの釣行でした。

11月の上旬、船は今回も黒潮町 大方 入野漁港の海宝丸さんにお世話になりました。

この日も、狙い物としては中深海での、クロムツ、アラ、イシナギなどです。

もちろん僕のメインの狙いは、イシナギです。

最初のポイントはクロムツ狙い。
ロジカル55 #6 SPY-N 250gからスタートです。

まずは、魚探に反応が出ている層まで、広く探ってみます。

底から、1/1のワンピッチで誘っていると、13回目でヒットしました。


クロムツ SPY-N 250g


次の流しも同じセッティングで、狙っていると、底から10m付近でヒット!しかし、今度はサバです。

この日は、サバやアジなども、ジグに良く反応していました。

僕はサバなどに邪魔され、なかなか次の一匹が出ませんでしたが、 そんな中でも、本命のクロムツばかりを釣っている人もいます。

すぐに、その人の釣りをじろじろ観察です。すると何やら底付近ばかりを狙っているようです。

僕も底 狙いに作戦変更です。
今回は、クロムツを狙っていたので、釣れている人を真似して、同じレンジを誘ってみました。

しかし、この釣れている人と同じレンジを狙うという事は、自分のおかれている状況や、狙う魚種などによって、かなり 向き不向きが出てしまう やり方だと思うので、適切な状況判断が必要になってくると思います。

でも、ジグの種類だけは すぐに真似した方が良いと思いますよ!

船の上で起こっている、いろいろな事をじろじろ観察して、その情報をいかに自分の釣りに繋げていくか、 そんな事を考えながら釣りをするのも楽しいですね。

話しが少し脱線しましたが、 底付近を丹念に誘うということで、ジグも変更しました。VB〜Vib〜スピンドルっと1流しごとに変更しました。

するとロジカル60 #4 Freq 270g、着底からの底切りをゆ〜くり持ち上げるとヒット!!


イズカサゴ

この後も、底付近を狙いクロムツを少々追加して、ポイント移動です。

移動して最初の流し、ロジカル55 #6 SPY-N 250gに戻しました。

着底からの最初の上げで、1/1で底から5回目に前アタリ、そのまま2m程誘って、フォールをいれると、ピタッ!!
今日1番の重量感、 周りを見ると全員ヒットでクロムツの予感です。

超慎重に上げましたが、残り20m付近でまさかのフックアウト・・・

あとの皆さんは、ちゃっかりGETしています。

ジグは左からFB〜SPY-N〜SPY-Vです。
僕のイメージでは、クロムツは、ポイントに着いて最初の流しは、ジグにとても良く反応していても、次の流しでは、反応が一気に悪くなることが多いイメージがあります。 なので このバラシは、僕にとってとても痛いバラシでした。
そんな予感通り、次の流しでは反応はしてくれましたが、全員サイズダウンです。

このポイントでも、初めは底から15m上の方でもアタリが出ていましたが、徐々に底から3〜4mでしかアタリが出なくなってきたように思います。 そうした状況の変化にも、いち早く対応する為にも、他の釣り人から得られる情報はとても大切だと思いました。

僕もじろじろ作戦で、レンジを底に絞り、またフォールにアタリが多いので、Freqの300gでやってみると、ヒットです!



僕の今日1番のクロムツ。ロジカル70 #5 Freq 300gです。
でも、底付近しかアタリが出ないからと、みんな底ばかりやっていると・・・

チームのダイスケさん、底から20m程 上げて掛けました。

3k近い!? ナイスサイズのクロムツ。 ロジカル60#4 FB 250gです。

同じ魚種でも、サイズが違うと またレンジなども変わってきたりもする・・・
まさに、その事の勉強になる良い経験になりました。


この日の僕の本命、イシナギを意識しながら釣りをしていると、

遂にそのときが・・・

底から3回目にフワッと前アタリ、そのままチョット誘って落とし直し、今度は底から2回目にドスンッッ!!


キタ!キマシタ!! 僕じゃないけど…


ヒットさせたのは、ダイスケさん。僕は後ろでピースなんかしてますが、心の中では「僕のジグ食べてくれよ〜」ですけどね。(笑)

ファイヤーライン1.5にリーダー7号とのことです。底切りは魚も粘りましたが、巻け出すとすんなり上がって来ました。


大型の魚が水面に浮いた時は、迫力があって船上も 盛り上がります。

ダイスケさん、初のイシナギおめでとうございます。


イシナギ 23K タックルは、ロジカル60 #4 FB 250g


ケイリュウさん、次は僕らが釣りましょうね。


イシナギの登場で、僕も続けとさらに意気込みましたが、世の中そんなに甘くはありませんでした。


今回も僕は、目標のイシナギは釣ることが出来ませんでしが、楽しく また 考えさせられることの多い釣行となりました。船長さんありがとうございました。

今年も残り1カ月、まだ数回 釣行の予定があります。 狙えるチャンスがあれば狙ってみたいと思います。

そして…いつかは釣りますよ。


使用タックル

ロッド
ロジカル55 #4 #6 #8
ロジカル60 #4 #8
ロジカル70 #5

マニアフェローズ 55

リール
マーフィックスN4、S5
トルサ 16、30
オシアジガーNR2000H


ライン
スーパーファイヤーライン 2〜3号

リーダー
8〜14号

ジグ
スロースキップ、SPYシリーズ、スピンドル 200〜500g

田中純樹でした。

2016.11.22 Tuesday

東京湾大感謝祭2016 × タレントフィッシングカップ 〜前編〜

 

 みなさん、こんにちは(^^)

千葉の下山田です。

 


さて!突然ですが、10月22日に東京湾を舞台に「TFC タレントフィッシングカップ」というイベントが開催されました!

 

 

 

様々な分野で活躍されている大人気のタレントつるの剛士さん主催の釣り大会のイベントです。
毎回つるのさんの呼びかけで集まった釣り好きのタレントさん達が釣りを楽しみ交流を深めながら腕を競い合うこの大会ですが、今回で13回目を迎えました。

 


さらに今回は10月21日から23日の3日間、神奈川県横浜市の赤レンガ倉庫にて行われた「東京湾大感謝祭」という一大イベントとのスペシャルコラボ開催。

東京湾大感謝祭」とは・・・

多くの方に東京湾の魅力や恵みを楽しく体験・発見してもらい、東京湾のためにできることを考え、行動を始めるきっかけとなることを目的としたイベントで、今年は3日間で約10万人の来場がありました!

そんな素晴らしいイベントに今回ディープライナーもスポンサーとして参加。
そしてナント!!!

タレントフィッシングカップのサポートスタッフとしてディープライナーから大澤大介氏とわたくし下山田陽樹の2名で参加させていただきました!

私自身、これまでテレビや雑誌を通じてイベントの様子を拝見しておりましたが、まさか自分がスタッフとして参加することになるとは・・・。

 

これだけの規模のイベントへの参加は初めてでしたのでお話を頂いた時はビックリしましたが、とても貴重でありがたい機会だと思い参加させていただくことにしました。

 

ですので今回は当日の様子をみなさんにご紹介したいと思います!

 

10月22日。大会当日の朝。

 


 

横浜・赤レンガ倉庫に今回大会をサポートする各メーカーから集まったスタッフ陣。
普段の釣行とは全く違う緊張感がありました。

開会式は中央ステージにて行われました。


主催者のつるの剛士さん。

このイベントを通して多くの人たちに東京湾の素晴らしさ、釣りの楽しさを伝えていきたいという素晴らしい挨拶をされていたのがとても印象的でした。

 

 

開会式も大盛り上がり!

 

 

さていよいよ乗船です。各船に乗り込みます!
 

 

朝早くからお集まりいただいたお客さんの大声援を受けて出船!凄い雰囲気です!


今回は東京湾の遊漁船6隻が参加。
30名のタレントの皆様が「アジ部門」「シーバス部門」にそれぞれ分かれ、釣った魚のサイズを競います。

シーバスは50センチ以上がエントリーの対象となります。

私たちは本牧「長崎屋」さんでシーバスジギングのサポート。
私自身もシーバスジギングでお世話になっている船宿さんです。


 


今回ご一緒させていただいたのは「ドランクドラゴン鈴木拓さん」をリーダーとし「武蔵さん」「仁科克基さん」「大石まどかさん」「門脇佳奈子さん」の5名のみなさんです!

 


シーバスは時期的にはまだ水温が高く広範囲のシャローエリアに散らばっているのでジギングで狙うには難しい様子。

しばし広範囲を探りながらのスタートです。
最初は緊張していた私でしたが、みなさんにはとても優しく接していただき、すぐに打ち解けることができました。
何よりみなさん本当に釣りが好きだということで、とても話が盛り上がりました!
おかげで終始船上は笑いの絶えない和やかな雰囲気でしたよ(^^)

 


出だしはアタリがなく、しばらく沈黙が続きましたが・・・

 

均衡を破ったのはジギングで狙っていたこの2人!



まずは武蔵さんと共にとっても面白いトークと鋭いツッコミで常に船上を盛り上げてくれていたリーダーのドランクドラゴン鈴木さん!鈴木さんもかなりの釣り好きです!


 

ドランクドラゴン鈴木さんとの奇跡のコラボ!笑

今回、鈴木さんはSPY-V 80gとロジカル55#1を使用してくださり見事ファーストフィッシュをゲットしました!

おめでとうございます!!!

 


そしてもう1人はこの方!

以前はNMB48のメンバーとして活動し、現在は関西の釣り番組「ビッグフィッシング」でレギュラーも務め、なにわの釣りガールとして活躍中の“かなきっちゃん”こと門脇佳奈子さんにヒット!
 


やりました!本命のシーバス!!しかも船中最初となる堂々のエントリーサイズ!笑顔がとってもキュートで素敵です♪
ロジカル60#1にSPY-V 80gでゲット(^^)v

 

自前の「釣るまで帰らん」と書かれたライジャケは普段ロケで使用しているものだそうです。門脇さんは本当に釣りが上手で、人一倍釣りへの情熱と心から楽しんでいる様子が伝わってきました。

 

 

やったね、かなきっちゃん(^^)サポート役の私も大感激!


さぁ!魚の反応も出てきて、一気に盛り上がってきましたよ!!!

 


しかしこれはほんの序章に過ぎなかった・・・本当のドラマはここから始まる!果たしてどうなる!?

白熱の後編へつづく〜\(^^)/

2016.10.14 Friday

行くぜ、深海!東北&関東エリアのスーパーディープジギング

みなさん、こんにちは(^^)

千葉の下山田です。
気づけば2016年も残り少なくなってきました。1年があっという間に過ぎていきますね。
すっかり秋めいてきて、ジギングが面白いシーズンになってきました!
今回は今年の夏に挑戦した「小名浜と南房のスーパーディープジギング」の様子と先日参加させていただいた「アカムツジギングのイベント」の様子をご紹介させていただきます。 
まずはこの夏、東北に行って来ました!
仲間たちと以前から計画していたものの悪天候により延期が続いた小名浜沖のディープエリアへの挑戦が遂に実現!船は光勝丸さんにお世話になりました。
我々はとても真剣なオトナの会話を繰り広げています。
そう、いつだって僕らは真剣なのです。
まぁ、どんな会話をしてるのかはご想像にお任せします(笑)
まずはみんなで仲良くマダラ!


500mラインを狙い、でっかいマダラさん。最大で8kg超!SPY−5にて。
 仲間たちには良型のアコウダイも来ました。なぜオレだけ黒いんだ・・・。
 
福島のブラウントラウト嶋崎さんはバラメヌケをゲット!これはうらやましい!!
 
今年の夏、海に出た時は「ロジカル」「マニアフェローズ」「水鉄砲」のどれかを常に持っていた気がします。これが私にとって最強の布陣なのです。
魚影が濃く、すごく面白い海域だと感じました。季節や水深に合わせて様々な魚種を狙えるそうです。
何より仲間たちと盛り上がったとても楽しい時間でした!またみんなでチャレンジしたいな!
 
続いて7月に南房沖のスーパーディープで大きいクロムツとアコウダイを狙いに行って来ました。船は六平丸さんにて。

この日はあの手この手を駆使して300m〜500m超の複雑な地形を狙います。
 
お土産に嬉しいキンメダイが来ました!SPY-Nにて。
 
モットフカク!スロースキップFBでさらにディープゾーンを攻めます!
ハダカイワシの仲間。生きている姿を初めて見ました。深海にはロマンがありますね。
残念ながら凄いヤツは来ませんでしたが、こちらも今後、挑戦を続けていきたいアツく面白い海域です!
 
さて!
ただ今、絶賛発売中の「ソルトワールド10月号」内の「ディープライナーのディープフィッシング」のコーナーにおいて今年の1月〜6月の半年間に及ぶ外房沖の深海に挑戦した模様を書かせていただいております。
まだ始まったばかりの壮大な深海への挑戦・・・
すごく濃い内容になっておりますので、ぜひこちらも手にとって読んでいただければと思います。
 
さてここからはアカムツ!まずは9月に友人のタクマくんの呼びかけで開催されたアカムツジギングのイベントに参加させていただいた様子です。波崎の信栄丸さん。
 
この日は記録的豪雨に時化の海でした。私にはアカムツは釣れず・・・。
しかし横に並んだ昔からの仲間2人に念願のアカムツが!
 
大熊さんはSPY−Nで良型ゲット!
 
この日がジギング復帰戦の横山さんはSPY−5で人生初アカムツ!二人ともおめでとうございます!
 
豪雨も時化もなんのその!とても盛り上がった楽しいイベントでした!また集まろうね!

翌週は同じく信栄丸さんでジャイアント水戸南店様主催のアカムツジギング釣行会!
 
前週とは打って変わって穏やかな陽気に恵まれ、アカムツの釣果にも恵まれました。
 
和気あいあいとしていて笑顔溢れるとても素敵なイベントでした。私は二週続けてアカボウ・・・辛い。
次は釣りますよ!!!
ちなみに信栄丸さんのカレーはとっても美味しいのです♪
そんなわけで引き続き秋冬シーズンの海も楽しんでいきましょう!!!
 
―深海ジギング 使用タックル―
ロッド:ディープライナー マニアフェローズ43 50 ロジカル60#8
リール:シマノ トルサ30 オシアジガー5000
ライン:バークレー スーパーファイヤーライン2.5号 3号+リーダー12号〜18号
ジグ:ディープライナー SPY SPY−N SPY−5 スロースキップFB、CX スピンドル 各500g〜1000g
 
―アカムツジギング 使用タックル― 
ロッド:ディープライナー ロジカル60#2#3#4
リール:シマノ 11オシアジガー1500H NR2000H
ライン:バークレー スーパーファイヤーライン1.2号 1.5号+リーダー5号、6号
ジグ:ディープライナー SPY−5 SPY−N スピンドル スロースキップFB、VB、CX 各180g〜300g
 
下山田 陽樹でした(^^)
 
Powered by
30days Album