ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 本日もディープライナー釣れたで〜♡ | main | 第6回キングフィッシュ サーベリング大会in広島 >>
2019.02.14 Thursday

新島キンメジギング パート何番目?(笑)



こんばんは〜大阪より丸山です。


年末に新島キンメに行ってきましたので報告します。年末って、、、はい2018年の年末です。1ヶ月温めました(笑)

実は、11月末に新島キンメに行って、始めて5年越しで初のデコりを経験したのでそのあたりの反省も踏まえての報告にしたいと思います。

前段は色々ありますが、結論から言うと言いたいことは、ひとつ。



『どんな状況にも対応できるように上から下まで用意しておくべし。』


僕は大体マニア55.53がメインで使っています。あとは48。大体これでジグは700〜1200を使う訳ですが。春の緩潮ならばロジカル8番がバッチリ、ジグは500〜700でいけます。

11月末は例年の秋冬の感じから、ロッドはマニア55.53に、ジグ700〜1200で用意していきました。大体これで対応できるからです。

今回はとにかく潮が動かない状況で、トンガリの360mで上潮だけ少し流れていて、底は全く動いていない状態でした。こうなるといくら新島の複雑な潮と言えど、硬い竿だとスカスカ抜けるわけです。
潮が動かない=食いが立たない


ことから考えても潮に噛まない動きは全く食いません。新島なのにあり得ない速度で竿が返ります。


ここでの反省は、ロジカル8〜10番を準備していくべきでした。それでジグは360mなら600g、450mなら800gを入れるイメージです。そうすれば潮に噛みます。タラレバですが、そうすれば1本は取れていたと思います。

新島キンメジギングは紙一重で勝者と負け犬が別れます。あくまで自分の中での戦いですよ、1本釣れば勝者、0なら負け犬です。いかに1本釣るか、それに尽きる訳です。

すると、どんな状況にも合わせられるように幅広く用意すべきなわけです。



私、本業はメーカーの営業をしていますが商談の成果の95%は準備から生まれます。多くのニーズに合わせられる対応力です。
5%は運と人間力です。



そんな反省を踏まえて、12月末に村瀬さんのお誘いで行ってまいりました。



スピニングで新島キンメやってる人初めて見た(笑)600mすよ(笑)

村瀬さんらは細糸で0.8号〜1.2号です。
僕は2号と2.5号。

初めはお祭りが怖かったですが、キンメ船は隣同士絡まないように船を後退しながらミヨシから時間差投入ですので全然大丈夫でした、、、、いや、、、潮がぐちゃぐちゃだと絡みまくります。


ということは、はい、潮動かない状態です。が、マニア53.55で釣れちゃいます。



11月末の反省から、柔い竿入れると思ったでしょー(笑)

初めは360mから入りましたが、潮をみた船長の判断で650mに移動!ドンブカというポイントですが出れば3キロの一発大物ポイントです。
深くなれば竿の返りも分散できます。

が不発(笑)

750m糸がでて、回収が辛い(笑)


次に本命ポイント、70に。
ここは良い思いしかしてないポイント。
550m


仲良くゲット

FB750gを強めにシャクって底から5m。


そしてあえてグローを外したシルバーのスパイファイブ800gに変えた途端に



コレもんです!
今日イチサイズ。

深海だからといってグローに囚われず、グローの明暗を外すのも手ですよ〜。
だって、キンメの餌になってるコシオリエビは赤いだけで発光器はありません。
また、ハダカイワシが胃内容物として出てきますが、ハダカイワシの発光は光自体は青色光で深海では保護色として考えられているようです。

そして、キンメの目にはタペータムがありますが色をどう感じて判断しているかは分かっていません。人間の感じ方と違う可能性が大いにあります。

私個人的には側線からくる反応のほうが強いのではないかと考えています。なので、現時点では動きが最優先で、潮に噛む動きが出せればとりあえずは1本取れる考え方です。それが色ありか、グローか、グロー無しかは状況なのでしょう。



まぁ今回はこれくらいにしておきます。
最近はたまにある激流に対応させて1400gとかをいれてロッドはマニア46とかを使う強い釣りをすることもあります。その場合、適応できる糸、ハリス、針が変わってきます。

これも準備ですね


ロッド:マニア55.53.ロジカル8〜10番
ライン:SFL2号、2.5号、ULT2号
ハリス:フロロ8号
フック:シワリ4/0
ジグ:FB700〜900、スパイファイブ800〜900、スピンドルナロー700〜1200、CX800、スパイ600〜1000、もはや600〜全部かもしれない。
フレックとオーボの1000以上はまあまあ辛いので体力ある方は是非(笑)


丸山顕治
Powered by
30days Album