ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< TARGET、アマダイ&オニ | main | ディープライナーと愉快な仲間たち! >>
2018.11.18 Sunday

和歌山南紀の五目&アカムツ


こんにちは、京都の河本です。


先月下旬に和歌山県の那智勝浦へ五目釣り&アカムツジギングへ行ってきたので報告させていただきます^ ^

近畿地方の最南端にある和歌山は観光名所も数多くあり、その中でも那智勝浦はユネスコ世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」に含まれる観光スポットが多くあります。

この時はここ那智勝浦でアングラーズショップアクアさん主催の佐藤統洋さんの講習会が開かれており、僕は別でプライベート組としてお邪魔させていただきました。
講習会とプライベート組で西漁丸さんから2隻、僕は同じ那智勝浦から出船のたいし丸さんに乗りいざ出船!!


朝一は約150mラインからスタート。
船長からのコールでムツなどを狙うとの事。皆さんシャクルとすぐにヒットします!上がってきたのは少しかわいいサイズのムツ。
僕はユメカサゴちゃんでした笑



ユメカサゴはそのまま返しても帰っていくことが多いのでリリース。
2、3回ほど流してムツをキャッチした後、日が昇ってきたので浅場へ移動しました。

AM7時頃、約90mラインからジグを投入。すると川戸さんに引ったくるような大きな当たりが!!
上がってきたのは良型のマダイでした。
ジグはFBの250g


川戸さん、最近マダイにとても好かれているそうです笑

続いて僕にもヒット!ウッカリカサゴでした。ジグはコジャントブランドから発売中のFBW180g(ブルーピンク)


その後魚の反応が渋い時間が続きます。
少しずつ浅場にポイントを移動していき60mライン、川戸さんがトランペットことアカヤガラをスパイVでヒット。


それに続いて僕にはキントキダイやジグサイズのかわいいエソが笑
コジャント#3、ジグはFBW150gでした。


アカヤガラやキントキダイ、エソは潮があまり効いていないときに比較的よく釣れる魚です。
この日は朝一以降は潮があまり流れず、かなり厳しい状況。。。
このように潮が流れない時はコジャントFBWを小刻みに刻んだり長めのフォールをとると魚の反応が得られる事があります^ ^

そんな中、船後方で釣られていた廣川さんに本命マハタがヒット!大きさに関係なく価値のある1匹です!


中盤にまた少し深場へ移動、胴の間で釣られていた寺前さんがオニカサゴをヒット!羨ましいです笑
ジグはスパイV。


密かにオニカサゴを狙っていた僕はというと、、マトウダイが来てくれました!笑

潮流れないファミリーが揃ってきました泣

最後に川戸さんにマハタが来て納竿となりました。



釣行2日目〜
2日目はアカムツ狙いで出船です!船は同じくたいし丸さん。

朝一は200mくらいからスタート!
かけ下がりで少し深くなってきた所で寺前さんがヒット!
これは本命ちゃうよ〜と言いつつ顔が違う寺前さん笑

ロジカル55、スピンドルで朝一、アカムツをキャッチ!流石です!!


その後廣川さんにもヒット!
スピンドルナローで本命をキャッチ!流石です!


取り残された川戸さんと僕。笑
川戸さんはスパイやFBを投入。

しかし何流しか後に、僕の竿先にはスピンドルがついていました笑
以前田中さんがブログでスピンドルはカンパチの餌と書いておられましたが、アカムツの餌でもあります笑
本当に渋い状況でよく魚を連れて来てくれます!

ジグを変えて次の流し、アカムツが来てくれました!
水深は250mライン

スピンドル250g、ロッドはコジャント63 -#3

その直ぐ後に、寺前さんにずっしりと重い当たりが!
横から見ていても重量感のある叩き方、アカムツらしき叩きで期待感が膨らむ中、回収後半に差し掛かった頃に痛恨のバラし、残念でした。。

川戸さん、別の釣り方でアプローチしていきますが当たらず、遂には竿先に紡錘型のジグが笑

ん?これか?
これはスパイだよ!!と川戸さん笑笑

そして次の流しでヒット!
巻き上げてくると本命アカムツでした。

そして付いているのはやっぱりスピンドル笑
威力抜群です^ ^

2日目はこれ以降良い魚が上がらないままストップフィッシングとなりました。

2日間、かなり厳しい状況になりましたがジグに助けられました^^


〈タックル〉
〜1日目〜
ロッド:コジャント63 #3・4、ロジカル55、60 #2・3・4・6

リール:オシアジガー 1500・2000
ライン:ファイヤーライン、PE、1・1.5・2号

ジグ:コジャント FBW・CXW・CXWL130〜250g、VB・CX・FB・スパイV・スパイ130〜300g


〜2日目〜
ロッド:コジャント63 #3・4、ロジカル55、60 #2・3・4・6

リール:オシアジガー 1500・オケアノス
ライン:ファイヤーライン 1・1.5号

ジグ:コジャント FBW・CXW・CXWL200〜300g、スピンドル・スピンドルナロー・FB・スパイV・スパイ180〜350g




(おまけ)

下船後、新発売のフレック30gに即席の針をつけてエギングロッドで投げてみました!
メッキやオオモンハタなど色々な魚がアタックしてきてくれて楽しかったです。


このサイズのディープライナーのジグは破壊力抜群です。しかし、ショア、オフショア問わず海の資源には限りがあります。
岸沿いに生息する根魚等は特に、釣獲によるプレッシャーは非常に大きいです。
極力リリースをしてあげて下さい。今後も海のルアーフィッシングを楽しむ為にもショア、オフショア共に僕も心がけていきたいと思います。
Powered by
30days Album