ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スローピッチで狙うキハダマグロin久米島 | main | 中深場スロージギング >>
2018.10.05 Friday

最後の流し、キマシタ!!

みなさん、こんにちは チームモリタの田中です。

今回は9月中旬のDEEP LINERでの室戸釣行を報告させていただきたいと思います。

5月〜8月まで予定していた釣行がことごとく悪天候で中止となり。今回も台風の影響で うねりが残る状況…
出船できるか やきもきしましたが久々に出れました。


この日のターゲットは岬周りでのカンパチ&根魚です。

まずは朝一のポイント、前日、前々日とカンパチが釣れたポイントとの事です。 ポイントまでの移動中は、西村船長からジグとヒットパターンを教えてもらい頭の中で作戦会議です (笑)

ポイントに到着して、いざスタート!
水深は100m程で、潮流は0.6ノット、少し二枚潮です。
僕はいつものSPY-NからスタートしてFBやスピンドルなど いろいろ試していきました。 すると数回目の流しで僕の隣で釣っていた秋田さんにヒット!!

お隣さんにやられちゃいました…
カンパチ…


初の室戸、初のDEEP LINERで初カンパチ!!!
おめでとうございます。 9.1kgのヒレナガカンパチでした。


ジグはSPY-N:300g

次の流しはオレガツル!!
カンパチの登場で船内のテンションが一気に上がります。
しかし僕のイメージでは後が続かない事も多く単発で終わってしまうことがよくあると思います。状況の良い時は同じポイントで、ドンパチ、ドンパチと船中で数回あたることもありますが、意外と続かない時が多いですよね… 僕はいつも「もうちょっとチャンスをちょうだい」とカンパチさんにお願いしてみるんですけどダメですね 。 そんなに優しくないみたいです(笑)

なので、少ないチャンスの中で「1」という数字がとても大切になってくると思います。 一日釣り終えてみると、あの1回の流しで、あの1回のアタリをモノにして釣り上げる事が出来ていれば… 後になって後悔しても結果は変わらないので、いつそのチャンスがくるかは 解らないですが僕は常にその「1」を意識しながら釣りをするようにしています。

数年前 カンパチの狙い方が解らず、カンパチをヒットさせることができず悩んでいると東村船長さんから、こんなアドバイスをもらったことがありました。

「一日中カンパチの動きを探りながら釣りをしていけばカンパチは釣れる!」

アドバイスしてもらった当時の僕は??? まさに…ポカ〜ン?状態です。 僕としては「狙ってやっているつもりなんですけど…」

それから月日が経って最近は少しだけ伝えたい事がわかったような気がしています。 今のところ僕がアドバイスとして言えることは、カンパチをヒットさせたいと思ったら「徹底的」に狙うということだけです。船長さんが「このポイントはカンパチもいるよ!」とアナウンスがあれば自分の誘い方の引出しをフル活用してとにかく徹底的に狙います。
ヒットさせるまでも大変ですが、ヒットさせた後も引きが強烈で大変なのがカンパチ狙いの難しいところですよね。
そこがまたカンパチ釣りの魅力で完全に僕は取り憑かれているところです。 まずは とにかくヒットに持ち込む、そして掛けたら釣り上げる! この相反する!? バランスをその時々の状況に合わせ見極めていきながら狙い続け、結果 釣り上げる事が出来た1匹は最高に嬉しいです。

東村船長さんが よく口にする言葉「まずは掛ける事が1番、掛けることが出来ないと何も始まらない」

これはカンパチに限らず、どの魚種に対しても言えることだと思いますが、狙うと決めたら よそ見をせずに狙い続けヒットに持ち込むことが大切です。 そしてヒットはしたがバラシてしまった時には、その原因を追究して次回は同じことを繰り返さないようにしていくことも、とても大切だと思っています。

このブログを読んでくださっている方の中でカンパチを釣りたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。 キーワードはとにかく「徹底的」に狙い続けることですよ。

この日も後が続かず単発に終わり。この後の状況としては「魚」全体的にアタリ少なめの渋い状況でした。 そんな中でも、「カンパチいるよ!」のポイントでは狙い続けてワンチャンスを待ちました。

そして最後のポイントは朝一のカンパチの釣れたポイントです。 1日を通して狙ってみてあんまり上の層まで追ってくる感じではなかったので底付近に狙いを絞ってやってみますがアタリなく…

いよいよラスト流しのアナウンス。 最後はスピンドル!! 短い距離で、誘いの1/1ワンピッチのスイと、フォールのフワ〜とを織り交ぜて誘っていると「スイ・スイ・フワ〜 スイ・スイ・フワ〜 スイ・スイ・ズンッ!!」底から8回目にヒット!

キマシタ! カンパチ!!


春以降7月に唯一出れた「一正丸」の室戸釣行、岬沖での カンパチ狙いの時もカンパチっぽいのをスピンドルでヒットさせる事が出来たのですが、その時は残念ながらブレイク…あの日の光景が脳裏をよぎります。慎重にやり取りして今回はゲット!

朝はヒレナガ、こいつは普通のカンパチでしたが重さを測ると全く一緒の9.1kg。


ジグはスピンドル:180g

丸山さんがブログでスピンドルは「キハダのエサ」と書いていましたが、僕が思うにカンパチのエサでもありますね。
というか、カンパチに限らず色々なのが本当に良く釣れるので魚の万能エサですね。(笑)

今回はカンパチのことだけピックアップして報告しましたが、今回の釣行 途中は根魚やキンメ、クロムツなども狙ってみました。




いろいろな魚種が狙える釣りだからこそ、いろいろと悩んじゃうんですよね(笑)

全体釣果です。


西村船長さん、楽しい釣行ありがとうございました。

タックルデータ
ロッド
ロジカル55 #4 #6 #8 #10
ロジカル60 #3 #4 #8
ロジカル70 #5
マニアフェローズ 55、53、

リール:マーフィックス、トルサ、ジガーLD、オシアジガーNR2000(H&P)、

ライン:スーパーファイヤーライン1.5〜3号

リーダー: シーガー 8〜14号

フック:パイク3/0、4/0、

ジグ:スロースキップ、SPYシリーズ、スピンドルシリーズ、180〜600g

田中純樹でした。
Powered by
30days Album