ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大吉フィールドレポート2017(其の八) | main | 大吉フィールドレポート2017(其の九) >>
2017.12.22 Friday

出ました。クロムツ!!!【DEEPLINER編】

みなさん、こんにちは チームモリタの田中です。

「出ました。◯◯◯◯!!!」シリーズ、第5弾の今回はクロムツです。

釣行したのは寒さ深まる11月下旬の室戸DEEPLINERです。

朝一番、今回 まずは大型のクロムツを狙うこととなりました。

東村船長さんによると、10kg オーバーも釣れた事があるポイントとのことです。
恥ずかしながら僕のクロムツレコードは1kgクラス(計った事無いので正確にはわかりませんが…) ということなので10kg オーバーなどと贅沢は言わず、3〜4kg が釣れたら大満足の予定です。

そんなことを考えながらの一投目。潮は0.7ノット程、少し2枚潮です。

早速 キマシタ!!
底から1/1のワンピッチでフォールを入れながら誘っていると3回目にジグを持ち上げているとヒット!!

上がってくると〜 水面にポコッ!!



やりました。 クロムツ 6kg !!


ジグはSPY-N550g
いきなりのクロムツの自己レコード。 嬉しすぎます!


次の流しでも、キマシタ!
今度も底からの2回目、1/1のワンピッチでジグをフォールさせるとヒットです。
また水面にポコッ!! こいつも、なかなかの良型です。

SPY-N 550g


細木さんもクロムツGET!

ジグはFBです。

そして、ついにその時が…

1/1のワンピッチで5回程 誘って落としなおすと、着底付近でヒット!

ズンズンズンッ!!

今日一の重量感です。 しかし強引にやりとりしてしまい、やってしまいました…フックアウト… たぶん身切れです。

もっと丁寧にやりとりすれば良かったと後悔していると、 近くで釣っていた森永さんにヒット!!

なんだか大きそうです。 かなり危なげなやりとりで上がってきたのは…

頭がでっかぁ〜!!

というより、サメさんに食べられてました。ジグはSPY400g

しかし、食べられた後の状態で8.2kg 、 食べられなかったら何kg あったのでしょうか?? 残念です。

僕にヒットしたのも、このサイズだったかもしれかったと、先程のやりとりをさらに反省しました。


そして…今度こそ その時が!!!

ヒットパターンは底から1回目のフォールにきたそうです。

ヒットさせたのは細木さんです。慎重なやりとりで水面にボコッと顔を出したのはクロムツ!


11kg に迫るナイスサイズです。


ジグはCXですかね。 鈎も良いところに掛かってますね。自己レコードのクロムツ、おめでとうございます。

10kg オーバーのクロムツが2連続、これは僕も続かなければと思いましたが…残念、もう一匹 5kg クラスを追加してクロムツ狙いは終了となりました。

クロムツの釣果だけを書いていますが、この時 船中では、メダイやハチビキ、キメジなど他の魚種からの反応も良く、魚は多く釣れていました。

今回の釣行でも感じたことは、狙う「層」の大切さです。 今回の場合クロムツに限っていえば底から3m程の層の中だけで反応してきた様に思います。 魚探に映る反応は底から15〜20m、高い所では30〜40mぐらいまで反応が出ている状況でした。 その中で自分が狙っている魚がどの層であたってくるのかを探っていくことが重要になってくると思います。今回僕は運良く朝一から2連チャンで本命クロムツをヒットさせることが出来たので、ヒットパターンとヒットレンジ(層)を自分で掴むことが出来ましたが、 釣りをしていて、他の人は本命が釣れているのに、自分には違う魚種の場合や、そもそもあたってこなかったりということは よく起こると思います。 そんな時は釣っている人の狙っている層を「ジロジロ作戦」で掴むことが大切だと思います。僕の場合は初対面の方にも直接話して聞いてみることが多いです。 その日その日で状況は変わっていくので、前良かった層で次回も釣れるとは限りませんが、「あの時あの魚種はこの層であたってきたな」など。これは自分が釣ってなくても同船された他の人が釣ったとしてもその人からヒットした層を聞いておけば、「あの人はあの時あの層で釣っていたな」そういう事実に基づくデータを蓄積していくと、次回の釣りに役立つと考えています。

ここからはポイントを少し移動して、カンパチ、ハマダイ狙いです。

僕はカンパチを狙うのが好きなのでカンパチ狙いからスタートです。 ちなみにハマダイは釣ったことがありません。

底から30〜40回まで誘っていると、底から15回目にヒット! ヒットパターンは1/1のワンピッチで、ロッドのティップをラインと直線になるように下げて自転車巻きの様に巻く誘い方、僕は「素巻き的ワンピッチ」と呼んでいるやり方です。ロッドの反発を使わないので長い距離を誘う時など身体への負担がかなり軽減されるのでオススメです。アクション的には「スイスイスイ〜 」っとおとなしめのイメージです。

本人はハチビキだと思い、ゴリ巻きしてたらフックアウト! 後悔はありません。

再び誘うと今度は20回目にドスンッ!
チョット重たいので大型ハチビキと決めつけ雑にやっていると、フックアウト! またまた後悔はありません。

そんな中、ロジカル70でロングフォールジャークで誘っていた東村船長にキマシタ!

ハマダイ Freq 380g

すかさずヒットレンジに聞くと底から3回目のフォールとの事でした。 ハマダイを釣った東村船長さん なんだかとっても嬉しそう、聞くととても美味しいらしいです。 「釣ったことがない美味しいハマダイか?」 「それとも釣ってみたい20kg オーバーのカンパチなのか?」 心が迷います(笑)

そんな迷走のなか、底から5回目の素巻き的ワンピッチにキマシタ!!

本人はハチビキだと思い上げてみると…

やったぁ〜! ハマダイ!!

初ハマダイ しかも6.5kgと なかなかの良型です。


ジグはSPY-N 300g、またまた嬉しい一匹です。
ここでフックアウトした2回の魚も、もしかしたらハマダイだったかもしれないと後悔の念が出てきました。 みなさんもどうせアイツだろうと決めつけない方が良いかもしれませんね。 十中八九は予想どうりアイツですが…

こんな感じで後半戦のカンパチ&ハマダイ狙い、残念ながらカンパチは登場しませんでしたがハマダイの連続ヒットなどもあり、楽しい釣行になりました。
ジグは右側からVib、SPY、SPY、Freq、僕は2匹目のハマダイもSPY-N 300gでした。

そういえば、今後がとっても楽しみなプロトのジグも鋭意テスト中でしたよ。

東村船長さん、プロトのジグで2匹目のハマダイGET!


全体の釣果です。



10kg オーバーのデカクロちゃん!! いつかは是非 釣りたい魚になりました。

東村船長さん、今回も楽しい釣行ありがとうございました。

使用タックル

ロッド
ロジカル55 #6 #8
ロジカル60 #8

マニアフェローズ 55、53、50、43

リール:マーフィックスN4、S5、トルサ16、ジガーLD4000?、

ライン:スーパーファイヤーライン 2〜4号

リーダー:シーガー10〜16号


フック:パイク3/0、4/0、バーティカルヘビー7/0

ジグ:スロースキップ、SPYシリーズ、スピンドルシリーズ、250〜550g

田中純樹でした。
Powered by
30days Album