ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スローピッチで狙うタチウオジギング考2017 | main | 大吉フィールドレポート 2017 (其の壱) >>
2017.11.10 Friday

島根県 浜田釣行記!!

みなさん、ご無沙汰しておりました。チームモリタの田中です。

今回は10月中旬に行って来ました。島根県浜田市の「せき州丸」さんでの釣行を報告させていただきと思います。

今回のメンバーは瀬戸内でいつもお世話になっている【武士〜SAMURAI〜】ヨッシー船長と田中兄弟です。



僕は2年振りとなる浜田沖での釣行で、個人的にはヒラマサ&ヒラメを狙っての釣行です。

濃い霧で道を間違えるというトラブル発生により予定より少し遅れて朝8時に出港しました。

30分程でポイント到着で、 水深は70〜90m程です。

まずは、ヒラマサを意識してSPY-Nからスタートしました。

潮の流れは0.3〜0.4ノット程です。 1/1のワンピッチで誘っていると、ファーストヒットはエソ!!

その後はアタリも無く、潮も緩いことから根魚狙いに変更です。

僕は、ねちねちと細かく誘う時はまずはVibから試すことが多いです。 そして反応が無ければFreqに変えてみます。
カタログにはフォール専用などとも書かれていますが、このFreq 上げだけでの誘いも抜群に効くことがあります。

Freqに限らず、ジギングとくにスローピッチジャークでは誘いの後のフォールで魚に口を使ってもらうイメージがある為、必ずフォール(落下)を入れながらの誘いをされている方が多いと思いますが、僕はジグのスピードが変化するだけでも、魚が口を使ってくれるパターンもあると思っています。

僕のイメージは、ジグが『上がって〜 失速!上がって〜失速!上がって上がって〜失速!!』みたいなイメージです(笑)

アタリは上がっている途中にも出る事がありますし、失速した時にも出ます。

フォール (落下) にすこぶる反応を示す時もあれば、逆に嫌がる時もあるようなイメージもあるので、底付近をしつこく狙う時など、とくにジグを落とさないパターンの誘いもバリエーションに入れてみるのがオススメです。

話しが脱線しました。

釣行の方はいろいろとジグの種類を変えたり重さを重くしたり軽くしたりと、考えながらやってみますが、僕は なかなかお魚さんからの反応が得られません。

そんな中、 ヨッシー船長や、僕の兄は ちょこちょこ釣ってました。

CX 220g

ヨッシー船長、久しぶりのプライベートな釣行、本当に楽しみにながら釣ってます。ナイスな笑顔でしょ!

SPY-N 150g


最近は、もっぱらVBCXを特訓中の兄です。



VB130gで小さいマハタ2連チャン!

僕もマハタを狙っていると...キマシタ!

底から立ち上がっての1回目、これもフォールというよりジグの上昇が失速した時に押さえ込むようにあたってきました。
日本海側ではキジハタ(アコウ)は、アカミズというそうです。

FB 150g

ここから僕も調子が出てきました。次は回収中の素巻きにキマシタ!!
15回程巻いたところでヒットしてきたのは、ヒラメです。

SPY 100g

釣れ方的にはラッキーヒットでしたが、狙いのヒラメ 嬉しい1匹です。

次の流しでは、最初の投入で着底したと思ったら、もうキテマシタ!

またまたラッキーヒット!

SPY 100g

ここで、船長さんから『青物の反応もあるから狙ってみても面白いかも』とのことです。

船長さんの指示タナは底から15m程です。 僕はFBに変えて底から1/1のワンピッチで40回程誘っていたら狙いどうり30回目にキマシタ!

今回のもう一つの狙い、豆ヒラGET〜!! と思いながら上げてみますが、残念 ヤズでした。

FB 150g

同時にヒットさせたヨッシー船長の方は指示ダナどうり底から15m程でヒットさせてヒラマサGET!

SPY-N 150g

ヒラマサ...羨ましいです。

今度は僕もヒラマサ!! と意気込みましたが青物チャンスはこの流しだけでした。

再び、底物狙いに変更です。

冒頭ではFreqの上げだけでの誘いが良いと紹介しましたが、このマハタは1回、1回しっかりと長めのフォールを入れながら誘っていると、底から5回目のフォールでキマシタ!

Freq 180g


やっぱりジグの種類はもちろんのこと、誘いの方も、上げでの誘いもフォールでの誘いも、その時のジグのスピードと移動距離で、魚が反応するのかしないのかということが、おきてくるような感じがしています。それをジグのウエイトや、ロッドやリールを使ってのジグへの力の入力など、いろいろ変えて自分なりにその時のパターンを見つけ出してヒットに結び付けることが出来れば、『釣ったった感』が大きいですよね(笑)

パターンを見つけるということで、もう一つ僕が思っている事があります。 それは、同じ誘いを繰り返すということです。 具体的には、着底してから最初はフォールを入れないハンドルの位置が9時の1/1のワンピッチと決めたらそれを1回目の上げでは繰り返します。 そしてクラッチを切って落として次の上げでの誘いは少しフォールを入れての1/1のワンピッチを繰り返していくという感じです。 これを1/1(9時、12時、3時など)、1/2、1/4、とリーリングの仕方や、速めor遅めといったスピードなど、またそれぞれのリーリングに、落とさない、少し落とす、しっかり落とすなどフォールの距離も変えながら、反応を探っていきます。フォールに関してはジグを飛ばして落とすイメージなのか、そのままストンッ と落とすのかでも違いが出てきます。
このように、ここで少し紹介しただけでも、このぐらい いろいろとジグの誘いのパターンは出てきてしまい、細かいところまであげていたら本当にきりがないと思います。 その無限の誘い方のバリエーションの中で、いろいろといっぺんに使ってしまうと、今のは果たして何が良くて魚が反応してくれたのか分かりにくくなってしまうと思うのです。

キモの部分は、1回の上げでは一つの誘いを繰り返すということろで、1回の上げにいろいろなコンビネーションの誘いをするよりも、魚からの反応が分かりやすいように感じています。
「今はスピンドルの1/1のワンピッチでしっかり落とたら良く反応する」 「今はVibの1/2ピッチでフォールを入れない誘いに反応している」など。
一定の誘いを続けていくとこうした事が明確に分かることもありますので、こうした一定の誘いを繰り返すやり方、やられていない方はオススメですので是非やってみてください。

またまた話しが大きく脱線してしまいました。


この釣行、僕の最後 またまたやりましたヒラメ!

SPY-N 150g

どうしてもヒラマサが釣りたくて、12時の1/1のワンピッチ、リアの鈎は外してフロントのみ、個人的にはヒラマサ一本勝負で狙ってたんですが、底から6回目にガツンときてくれたのはヒラメちゃんでした。 ヨッシー船長はSPY-5でサバフグです。


こんな感じで2年振りの浜田沖は、楽しい釣行となりました。村上船長さんありがとうございました。


港に帰って、2匹のヒラメはヨッシー船長にちゃっかり神経締めまでしてもらいました。 感謝!!






使用タックル

ロッド
ロジカル 55 #2、#4、#6
ロジカル 60 #3、#4
ロジカル70 #2

リール
ジガーLD2000、
オシアジガーNR2000P
オシアジガー1000H

ライン PEライン1.5〜2.5号

リーダー フロロカーボン6〜10号

フック パイク2/0、NIC pro 26号、

ジグ スロースキップ、SPY、スピンドルシリーズ 100〜210g


田中純樹でした。
Powered by
30days Album