ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山口県 角島釣行記!! | main |
2017.07.29 Saturday

出ました。カンパチ!!!【DEEPLINER編】

みなさん、こんにちはチームモリタの田中です。


今回は梅雨の晴れ間に行ってきました。室戸 DEEP LINER 釣行の報告をさせていただきと思います。

「出ました。〇〇〇〇」シリーズの第3弾はカンパチです!


モリーさんなのか?


キングフィッシュ」の中村オーナーさんなのか?


モリマサさんなのか?


僕の兄なのか?


果たして誰が釣り上げることになるんでしょうか? ファイト中の写真がない僕ではない事は確かです。 笑

そうは言っても、僕も一日中、狙ってたんですけどねカンパチ! この日の室戸沖は潮の流れが速く、朝一は3.5ノット程です。

大型カンパチを意識してファイヤーラインの4号をセッティングしてたんですけど潮流を聞いて3号に変えてスタートしました。


まずはマニアフェローズ43SPY-N 600g 上げの釣りを意識したセッティングでやってみました。

このセッティングで、底取りは2回、3回目は着底が分からなくなる状況です。 しばらくは2回シャクって上げたら回収して打ち直すという作業を繰り返しますが、お魚さんからの反応は得られませんでした。

ここでラインを2.5号に落としてSPY-V 800gに変えてやっていると、このセッティングでは3回目の着底も分かります。しかし4回目はラインもだいぶ斜めになって怪しくなってきます。ここであまり攻め過ぎると、根掛かり… と思ったら魚でした。 この日のファーストヒット!!


クロタチさん

この辺りから少し流れが緩くなり3ノット。

クロタチさんもやる気が出てきました。


そんな中、ラインを2号まで落として掛ける事を優先させていた兄にカンパチがヒット!

FB 530g

本命カンパチの登場で船上も活気立ちます。

次の流しは全員ヒット!!



全員クロタチやろ!? と僕は思ってたんですけど上がって来ると…

どかーーーん!!!


15kgオーバーのカンパチです。 体高のあるナイスコンディションの魚でした。ジグはFB530g。 底から早巻きで誘ったあとに、ふわっとフォールを入れるとヒットしてきたそうです。 室戸釣行3回目、DEEPLINER初乗船のモリマサさん。もってますね〜
おめでとうございます。

中村さんも、本命のカンパチGETしてます。

SPY-V

このカンパチは底から15回程の巻き上げでヒットしてきたそうです。

良型のカンパチの登場で、次は「オレモツル」と火が付きます。

そして、ついに僕にもその時が!!
(今回、僕には ないはずなんですけど…)

底から12回目でふわっと前アタリ、そのまま誘うと3回後にドスン!!

キタ!キマシタ!!

ちょうどキャビンの横だったので「これはカンパチです!たぶん10kgは なさそうなので、7〜8kgだと思います。でも10kgあったら嬉しいなぁ〜」と東村船長に報告しつつ上がって来ると…

あっ!! けっこうデカイ!!

あれ!? でも…なんだか長〜い!!


「タモやなくてギャフ持ってきて〜 」
by東村船長

期待して上げて来てクロタチさんだったら、かなりガッカリしてしまいますが、釣りは楽しんだもん勝ちですから、みなさんもファイト中は、カンパチだのマハタだのと言いながらワクワクしながら上げてきた方が楽しめますのでオススメですよ!!

この後も、僕はカンパチ一本勝負でやってはみたものの相手をしてくれるのはクロタチさんだけでした。中村さんは本カツオをGETしてました! 羨ましい。


SPY-V


この後もポイントを移動してイシナギやクロムツなどを狙ったり。マハタやカンパチを狙ったりと楽しい釣行となりました。


ちなみに冒頭のファイトシーン。

モリーさんはメダイ!

SPY-N

僕の兄は、室戸沖では珍しいシャークアタックでサメと散歩しているシーンでした。


今回の釣行でも痛感させられた事がありました。

朝一は3.5ノットの2枚潮でやりにくかった潮も次第に緩み2.8ノット程で素直な潮になってきました。そこに15kgオーバーのカンパチの登場、今までは掛ける事を優先して僕は2号、兄は1.5号までラインを落としていましたが、したたかな田中兄弟、この潮ならと3号に仕掛けを戻し太めのセッティングで獲りにいきます。

すると、先程まであんなにちょっかいを出して来ていたクロタチさんもアタリが出にくくなります。 特にこの日は、上げより断然フォールの時に反応してくる状況だった為、尚更のことだったのだと思います。 それを見抜いている東村船長からは「糸を太くしたやろ? そんな人間の思惑通りに、自然は簡単にいかないよ。」と諭されました。

出来るだけ太い仕掛けの方が掛かった後のことを考えると有利ですが、そもそも魚を掛けることが出来なければ始まりません…

このバランスのせめぎ合い… 僕には永遠のテーマになりそうです。笑

とは言っても結局のところ、太いのから細いのまで、いろいろと現場に持って行ってないと、その時々でのベストは出すことが出来ないので、あるだけ全部持って行くしかないな〜と思っております。笑


全体釣果です。


今回も、考えさせられる事の多い楽しすぎる釣行となりました。東村船長、ありがとうございました。


タックルデータ

ロッド
ロジカル55 #4,#6,#8,
ロジカル60 #8,
マニアフェローズ 43,46,50,53,55,

リール
マーフィックスN4,S5,J-system,
ジガーLD4000,

ライン
ファイヤーライン 2〜3号

リーダー
10〜16号

ジグ
スロースキップ、SPYシリーズ、スーパーロケット、スピンドルシリーズ、
300〜800g


田中純樹でした。

Powered by
30days Album