ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ディープライナージギングカップin三陸 | main | 出ました。イシナギ!!!【DEEPLINER編】 >>
2017.05.22 Monday

瀬戸内釣行記!!

みなさん、こんにちは チームモリタの田中です。

今回はプレジャーボートでの瀬戸内釣行を報告させていただきと思います。

4月中旬、今回のターゲットは、マダイとアコウ(キジハタ)狙いで行って来ました。ポイントの水深は25〜70m程です。

この日の1匹目は カサゴちゃん。


Ovoの80gにヒットです。 このOvoのシルエット...僕のイメージはジグが甲羅で鈎が手脚、まさしくカニっぽい感じでしょ!


瀬戸内のアコウは、釣り上げた時によくカニなどの甲殻類を吐き出す事が多く、周年 この甲殻類などを強く意識していると思っています。 そうした魚達には、このOvoFreqを使って優しく上げるパターンがハマることが多いです。
ジグの動きとしてはステップジャークの上げの動きに近いイメージでラインテンションを掛けたままでフォールは使わず1/2〜1/4ピッチで誘い上げます。竿は動かさずリーリングで竿を使うイメージです。 ジグウエイトに対して柔らかめの番手の竿を使い反発力を抑えることで、この上げの誘いには多くの臆病な魚達 (本当に臆病かは解りませんが...) も反応をしめしてくれました。

脅かさなかったら、魚も ちょっかいを出してくるんですよね。

この誘い方は、ジグの動きを抑えているため、アピール力などは少なくなってしまうので注意が必要なのと、ベタ凪の様な時じゃないとコントロールが出来ませんが、上げの誘いの時に「ゴッゴッゴッ!!」 かなり楽しいので、是非試してみてください。

僕の兄は、VBでカサゴちゃん!



今年から発売になったFreqの40gの底からのゆ〜くりの立ち上がりでヒット!!


瀬戸内では潮が緩い時に20〜40mで使用すると良さそうな感じです。
今回はロジカル70 #2で使用してたんですが、#0 あたりを使ったらもっと誘いのバリエーションが広がりそうです。

ということで 早速 ロジカル #0も導入する事に決めました。(笑)

今度は SPY-Nの60g 1/2ピッチで「ピコッピコッピコッ!!!」 っとリズム良く誘うと底から3mほど上げてヒット!

アコウGETです!

ここから潮が速くなって来たのでマダイ狙いに変更です。 何ヶ所かポイントを回ってFBの70g、底から速めの1/2ピッチで5m程誘い上げ最後にジグを飛ばすイメージでジャークするとピタッ! 思い通りに掛けれましたがチョンバレ〜!!

次の流しは 山ちゃんもFBで掛けましたがこれまたチョンバレ〜!

次の流しで 兄にヒット! なかなか引いてます。 上がって来たのはマダイ! ナイスサイズです。

ジグはVib 95g

この後も、アタリはあるんですが、なかなかフックアップまでには至らず。徐々に潮も緩んできた頃、山ちゃんヒット!

SPY-Vの80gでアコウGET!

この時期「しまなみ街道」周辺の海域ではイカナゴが 多くわいてフィッシュイーターはそのイカナゴを強く意識するのか、ポイントによっては SPY-VSPY-Nの様な細身シルエットに反応が俄然良い事をがあります。 イカナゴは砂地に生息して流れの速い時は砂の中に潜っていて、流れが緩むと砂の中から出てきて餌を食べる習性があるそうです。
なのでイカナゴを狙っている魚達もイカナゴが砂の中から出てくるタイミングで捕食のスイッチが入るみたいです。
このポイントもイカナゴがいそうな感じなので僕も早速SPY-Vに変更すると最初の落とし込みでオートマチックに釣れちゃいました。

80gのSPY-VでナイスサイズのアコウGETです!!

最後は、またポイントを移動してマダイ狙い、1/1ピッチで誘っていると底から5回目に「ガツン!」今度はバラさず狙いのマダイもGET出来ました。

SPY-V 80g

こんな感じで狙いのアコウとマダイの両方とも釣り上げる事が出来、楽しい釣行となりました。

僕が普段 釣りをしている海域は太平洋側や日本海側に比べて、魚のアベレージサイズは小さいですが 、内海というだけあって波の穏やか日が多く、自分の意図したジグの動きを演出することが出来、そのほんの少しの動きの違いで魚からの反応が変わってしまうというのも、本当に良く分かります。 なかなかテクニカルで気付かされることの多い瀬戸内での釣りも面白いですよ。


使用タックル
ロッド
ロジカル55 #2
ロジカル70 #2

リール
オシアジガー1000 ジガーLD2000

ライン
PE1.5号 フロロカーボン6号

ジグ 40g〜100g

田中純樹でした。

Powered by
30days Album