ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 房総半島のスローピッチジャーク フィールドガイド編 | main | 室戸キンメ釣行 >>
2017.03.29 Wednesday

キンメダイ捕獲作戦!

みなさん、こんにちはチームモリタの田中です。

今回は、高知県 加領郷漁港の一正丸さんにお世話になってキンメダイを狙った釣行の報告をさせていただきと思います。

キンメダイを本格的に狙って釣りをするのは、僕は約2年ぶりになります。
以前 最後に挑戦した時は、今でも鮮明に覚えています。

朝一から怒涛の3連続バラシ…
しかも、全て あと数十メートルになってからの鈎ハズレ…
よほど状況が良い日でないと再投入は出来ず、1回の流しでチャンスは1度です。 その中において こうしたバラシは大敵です。

これは、何とか対策を考えなくてはと いろいろ考え始めました。

まず鈎がハズレる原因は、深いポイント(室戸沖では300〜500m台ぐらい)から上げくるため、長い距離を引っ張る事で鈎が刺さっている傷口が広がり身切れを起こしてハズレるのでないかと考えました。キンメダイはアカムツやクロムツのようには身切れは起こしにくいと思っていますが、

ここが重要なんです。

波の穏やかな凪の日は、そんなに気を使わなくても大丈夫ですが、ウネリや波があり船が大きく上下する際には少しも気を抜けません。僕が特に気になるのが下がる時です。船が波で上がる時はドラグを滑らせれば良いのですが、下がる時は大変です。深い水深ではラインに水圧などの抵抗が掛かっているため、ジグの落下も穏やかです。 しかし残り50mとかになればラインへの抵抗が少なくなり船の下がりに伴ないラインテンションが抜けてしまうと、ジグはかなりの力で沈んで行こうとします。ましてや700〜800g時には1000gとかのメタルジグですから鈎が掛かっている傷口へのダメージは、かなり大きいと推測されます。
またキンメダイは500mから巻き上げて水面でハズレても泳いで帰る事が出来るほど水圧の変化にも強い為、最後まで暴れます。 このような事が鈎ハズレの原因になっているのでないかと考えました。

原因は考えましたが、対策をどうするかです。 まず考えたのはジギング以外の釣り方はどういう鈎を使っているかを考えました。丁度良いことにお世話になることの多い一正丸の畠中船長さんはキンメ漁師です。以前 漁に使う毛鈎の仕掛けも見せてもらったことがありました。 ジギングと比べれば軸も細く小さいです。 その鈎で電動の巻き上げ機で上げているということは、鈎が口の中に掛かってしまえば以外とバレにくいのではと考えました。
掛かる場所にもよりますが、スレ掛かりは口掛かりに比べ巻き上げ時に水の抵抗が大きく重たい=鈎と魚との接点への力も余計に掛かっている。 ということなので、この方向性で行くことにしました。
方向性が決まれば、次は「鈎」選びです。鈎は様々なメーカーさんから、いろいろ出ていますよね。 僕も いろいろな状況を想定して、いつも何種類かの鈎を釣行の時には持って行きます。


今回のコンセプトは、口 以外の所に掛からないようにするのが狙いなので僕が選んだのは、この鈎です。

通称「ネムリバリ」と言われるタイプです。フックポイントが、かなり内側を向いているため、キンメダイがジグに絡んできた際に鈎が魚体に触れてもフックアップしないのではないかと、この鈎を選択しました。


こういった、ストレートポイントでフックポイントが広角のタイプに比べてフックアップの可能性は かなり下がると推測されますが、「掛かってしまえば口の中にガッチリやろ!!」 というコンセプトです。


スイベルまで付けて、キンメダイ対策バッチリ! これで次の釣行の時には試してみよう思っていましたが、それからなかなかキンメダイを狙う機会がなく、約2年越しの今回の釣行となりました。

前文が長くなってしまいましたが、ここからが当日の実釣編です。

この日は室戸沖の300m程のポイントです。潮は1.8ノット程で到着早々 魚探には良い反応が出ているとのことです。まずは僕の従来どおりのセッティングからスタートして魚の反応を見ることにしました。

ジグはSPY-Vの600g 鈎はパイクの3/0です。

すると早速 アタリます!!

鈎の掛かりを観てみると魚のエラの辺りに掛かっています。 やはりスレ掛かりです。

次の流しも同じセッティングでやると最初の着底の前から どんどんアタリがあり、その層を誘うと すぐに掛かって2匹目もGET!!
同船していた他の人も全員ヒットでキンメのご機嫌は絶好調のようです。

この状況は、「ネムリバリ」のコンセプトを試すのに最適と判断してセッティングを変更しまいました。

ジグは変えず、鈎だけ変えて上下に一本ずつセットしてキンメダイを誘います。

さすがにアタリが出にくくなると思いきや、誘いを開始すると以外にすぐにフックアップ成功です。

これまでより重量感があります。 本人はネムリバリは口の中 以外には掛からないと思っているんで、BIGキンメの予感にウキウキで上げてきます。

記念すべき1匹目!!


重たかった割りにちっちゃいぞ!! と観てみると、
なんと… スレてます…


ネムリバリでもスレ掛かりするんですね… 早速1匹目にして今回のコンセプトに暗雲が立ち込めます。

1匹だけではわからないので、次の流しも同じセッティングで。 またまた案外早くフックアップに成功です。

鈎掛かりの場所が気になりながら、スイスイ上げていると…

なんと途中で鈎ハズレ…

しかも、ヒットして50m程しか巻いていない状態でのバラシです。 まさしく今回のコンセプトは、コンセプト倒れの予感です。

案の定、そのあとの2流しもセッティングを変えずやっては見たものの、朝一より魚探に映る反応も小さくなり、キンメのご機嫌も悪くなってきた状況では、周りがヒットさせる中、アタリ無くカラ上げです。

ここで今回のコンセプトに見切りをつけて、従来どおりのセッティングに戻しました。

カラ上げだった流しの時に 他の方は小刻みな誘いでヒットに持ち込んでいたので、ジグもスピンドルに変更しまいました。

するとヒットです!!

スピンドル 450g

これは、目の横に掛かってました。


ここからは、ペースを取り戻す事に成功して順調にヒットさせることが出来ました。


コレも口の中ではありません。


僕は今回キンメダイ 6匹中、1匹だけでしたが、他の同船者の方に聞いてみると口の中に掛かっている事が多いとの事です。

この違い…
誘い方なのか? 鈎のバランスなのか?

なんとも悩ましい問題です。

しかし、今回の釣行で2年越しのコンセプトはダメだということが分かったので、次回に向いて次なる作戦をまた新たに考えていこうと思います。

美味しいキンメダイを逃がす事なく捕獲出来るセッティングを追求していこうと思っておりますので、 また次なるコンセプトも実釣で試す事が出来ましたら、報告させていただきと思いますのでお楽しみに!!

ちなみに今回の釣行では、朝一の魚探に反応が広く映る場合にはフォールを入れた1/1ピッチの誘いでヒットしていましたが、次第に底付近だけの狭い反応になってからは、1/1ピッチではアタリが少なくなり、1/2ピッチにして反応のある層を刻んだ方が良くヒットしましたよ。
タックルは、マニアフェローズ53、ジガーLD4000、スーパーファイヤーライン1.5号、リーダー10号です。

田中純樹でした。

Powered by
30days Album