ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 出ました。イシナギ!!! | main | Wミサキ 釣行記 >>
2016.12.01 Thursday

東京湾大感謝祭2016 × タレントフィッシングカップ 〜後編〜

みなさん、こんにちは(^^)

千葉の下山田です。

前回に引き続きタレントフィッシングカップの後編です!

 



「船とウエアの色がお揃いだぞー in 東京湾」の画

 


さて!中盤に差し掛かりシーバスの食い気が上がってきました!

 


今回が釣りに初挑戦という演歌歌手の大石まどかさん

 


徐々に道具の扱いに慣れてきたところで、コツを掴み見事に50センチオーバーのシーバスをゲット!初めての釣りとは思えないくらい上手に誘っていましたよ!ロジカル55#2を使用していただきました。「魚の引きってすごい!釣りって楽しいですね!」と話してくださり、とても喜んでいました(^^)おめでとうございます!!!

 

 


過去2回この大会を制しているベテランの仁科克基さんはキャスティングとジギングを状況によって使い分け、集中力を切らさず優勝を狙います!釣りの話をたくさんして盛り上がりましたよ!
ロジカル55#1を使用していただき見事グッドサイズをゲット!おめでとうございます!!!



しかしこの日はなんといっても門脇佳奈子さんの勢いが止まらない!まさにかなきっちゃんDAY(^^)


魚の反応を感じながら自らSPY-Vをカラーローテーションし、グッドサイズのシーバスを一時入れ食い状態に!!
自身二度目となる関東のフィールドとのことでしたが、全力で楽しんでいる姿が印象的でした。

 


そして遂にやりました!これまでにない強烈な引きを冷静にファイトし64センチのシーバスをゲット!

これは優勝を狙えるサイズだとみんなで大喜び!
というのもこの時点で他船の状況は厳しいとのことで、この日初の60オーバー。暫定トップだったのです。

 

 

とにかく釣りが大好き。今まで様々な魚を釣り上げてきたかなきっちゃんですが「一生忘れられない魚になりました」と笑顔で話してくれて、こちらまで嬉しくなりました。本当におめでとうございます(^^)

 



一方、お隣のリーダー、ドランクドラゴン鈴木さん。

 

かなきっちゃんの感動的な場面とは対照的に掛けるたびにサイズダウンしていくというミラクル。
50センチオーバー連発の中、この日の船中最小記録を次々と更新して、みんなにイジられてました・・・(笑)

きっちり笑いをとる姿は流石です(笑)

こうして終盤へ…。何かが起こりそうな展開で、
やはりこの方がドラマを起こしてくれました!

 


これまで盛り上げ役に徹していた日本が誇る元格闘家!武蔵さんが魅せてくれました!

 


パターンを掴んでからは連続して50センチオーバーを釣り上げた後に、これまでにない強烈なヒット!



やりました!冷静にファイトし、船中最大となる65センチのシーバスゲット!!!
やはり世界を相手に闘っていた男の勝負強さは違います!最後にビシッと決めてくれました。本当にお見事です!

最後の最後まで船上は大盛り上がり!本当に楽しい時間でした。
 

こうしてケガもなく、無事に帰港。中央ステージにて表彰式です。
果たして結果は…

 


【LTアジ部門】
優 勝:小崎陽一さん(イタリアンシェフ)5匹合計重量 1,084g
準優勝:ヒロシさん 5匹合計重量 1,014g
3位:杉浦太陽さん

 

【LTアジ団体優勝】※全員で釣り上げた総数
1号 杉浦太陽さん 山崎まさやさん ノッチさん 赤プル 松丘さん

葛西橋・第二泉水

 

【船長賞】(優勝者を出した船長に送られる)
3号 金澤八景 一之瀬丸 船長


【シーバス部門】
優勝 :つるの剛士さん 66.5cm
準優勝:武蔵さん 65cm
3位 :門脇佳奈子さん 64cm

 

【シーバス部門団体優勝】
6号 鈴木拓さん 武蔵さん 仁科克基さん 大石まどかさん 門脇佳奈子さん

本牧・長崎屋

 

【船長賞】優勝者を出した船長に送られる
4号 長浦 こなや丸 船長

 

ご一緒させていただいた武蔵さんは2位!門脇佳奈子さんは3位!
そしてチームとして団体優勝を果たすことができました!!!これはもう本当に素晴らしい結果だと思います!
みなさん、おめでとうございます(^^)

 


 

記念に武蔵さんと。

学生時代、リングで闘う姿を観戦していた憧れの存在が目の前にいることに感激。男らしくてとても優しい方でした。マジでカッコ良すぎます

 

 



最後にタレントフィッシングカップ発起人でもあり見事に優勝を手にしたつるの剛士さんと一緒に。

こんな素敵なイベントに参加させていただき、本当にありがとうございました。これからもみなさんのご活躍、心から応援しております。
 

 

ステージ上でつるのさんが言っていたように東京湾には豊かな自然の中で沢山の魚が生息しています。
そんな自然の中での釣りは本当に楽しい遊びです。今回もみなさんの素敵な笑顔を間近で沢山見ることができました。

これからもこんな楽しい遊びをみんなで続けていけるように、自然環境に配慮して優しい気持ちを持って接していきたい。
今回のイベントを通じてそのように感じました。


下山田 陽樹

Powered by
30days Album