ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夢の巨大深海魚!アブラボウズへの挑戦 | main | 新島沖キンメジギング >>
2017.02.26 Sunday

【SPY-V&フレック40g発売記念】スローピッチジャークで狙う!レイクジギングのススメ。

 

こんにちは。最近筋肉痛が釣行二日後に痛むようになった福島の嶋崎です。

仰々しく長いタイトルすみません。

 

昨年末には遂に40gのSPY-Vとフレックが発売されましたね。

今回はそんな40gなどのライトウエイトのジグを使ってヘビーに楽しんで貰えること請け合いの、なにより最近私がドハマリしている猪苗代湖の

レイクジギングをご紹介!!

 

最近、釣りといえばもっぱら海ばっかりの私ですが釣りを始めたのは淡水から。

なにしろ地元が田舎なものですから小さい頃から叔父に連れられ渓流や湖へ通っていました。

 

私がルアーを楽しむようになったきっかけはサントリーウイスキーのCMで有名な作家の故 開高健さんに憧れて。

開高さんといえば日本でのルアーフィッシングの第一人者で影響を受けた方も多いと思います。

そんな世界中で色々な魚を仕留めてきた開高さんがその魅力に取り憑かれ、晩年まで熱くなった魚こそ「岩魚(イワナ)」。

普通、渓流で釣れる型といえば20cm前後で30cm超えの尺イワナキャッチを目指して足繁く通う方も多いはず。

私としても一番思い入れの強い魚で、いつかは開高さんのようにルアーで大イワナを釣り上げたい!と夢見ていました。

 

そして去年の春。翌日の釣行が大シケで中止になった時にふと変なことを考えました。

「湖でジギングってできねーのかなぁ?」しかもSPJで。

とりあえずネットで調べてみました。

するとなんと自宅から30分の猪苗代湖で既にライトジギングで挑戦しているツワモノのガイドさんが。

その方は猪苗代湖の中田浜で「中田フィッシング」というフィッシングガイドをされている吉原さん!

早速電話すると・・・。

 

吉原さん:SPJで狙っている方はいないけど、ライトジギングならかなりイワナ釣れますよ!!

 

私:ほっ、本気ですか!?(ケンコバ風に)

 

吉原さん:SPJでも多分釣れると思いますよ!

 

そんなこんなで初めてのレイクジギングに挑戦することに。

 

初回と2回目の釣行では結果を残す事が出来ませんでしたが、ようやく3回目の挑戦で↓

 

ズバゴ〜ン!♪ 51cmの日光イワナをGET!!ジグはFB100g。

このイワナは塩焼きにしました。

 

さらに・・・。

チュドーン!!こちらも日光系の40cmオーバー!Vib55g。

 

昨季は上の写真以外にも沢山釣る事が出来ました!如何でしょうか??こんな大型のイワナを楽しめるんです。

しかし相手はなにしろ魚!もちろん簡単に釣れる日ばかりではありません。渋い日に釣果をあげることこそSPJの醍醐味!

私なりにイワナジギングのタックルセッティングを研究する為に猪苗代湖へ通いつめました。(※そのお話は後ほど)

手探りの中、回数を重ねることで判ってきた事も少しづつあったのですが、???な事ばかり。

 

きっとイワナやトラウトを効果的に狙うセッティングやテクニックが必ず有るはず!

そんな時はハイ!もちろんこのお方!

 

教えて西本先生〜!!

 

西本さん猪苗代に初見参!!

 

実は前々からお誘いしてたんです♪

ディープライナーカップin平潟が行われた翌日に猪苗代湖で一緒に遊んでもらいました。

 

500

画像:湖が鏡面のように穏やかな猪苗代湖。

 

開始から間もなく、先生にさっそくヒット!

私も初めて見る極小サイズのウグイをキャッチ!!恐るべしΣ(゚д゚lll)

 

サーモクラインが形成される夏季、低い水温を好むイワナは水深のある湖底に群れているイメージ。

私たちは湖底を丁寧にトレースしていきます。

 

そしてついに!!

西本さん大型の日光イワナを見事キャッチ!

初の釣行であっさり釣り上げるのには脱帽。さすがです!

このイワナはリリースジグで湖底に戻っていきました。

 

そしてオイラにも待望のイワナちゃんが!

ジグは今年一番活躍したFB70gのピンク。

 

画像:こちらの方は地元のレイクジギング名人!見事50cmオーバーをキャッチ♪

 

 

イメージ 2

渋い状況の中、先生はさらに2尾目を釣り上げる!!

 

持ち帰らない魚は必要以上に触らない。弱らせないようにランディングネットの中でやさしく扱うのがマナー♪

 

レイクジギングを存分に堪能した様子の西本さん♪

すごく喜んでもらえました。お誘いして良かった〜!

今年もお願いしますね!

イメージ 1

※毎回思うのですが西本さんのファイトは終始落ち着いていて無駄が無く綺麗です。

培ってきた技と自信があるからなんでしょうね。オイラも日々精進です。

 

帰り道は私オススメの店「くらで茶屋」で夕食。

私がもてなすはずなのにご馳走していただいちゃいました。

 

 

 

そんな我々の釣果を聞きつけ翌週には千葉より悪友 下山田氏が参戦!

レイクジギングは甘くないぞ!!俺は結果が出るまでに3日かかったぞ!と、まずは言葉攻めからスタートする自分。

 

 

開始まもなく3日どころか30分で結果出しおった・・・。

 

 

さらにスモールマウスバスまで釣りおった・・・。(SPJでは初か?)

 

 

 

追い打ちをかけるようにサクラマスまで釣りおった・・・。(まさに星を獲ったマリオ状態)

 

私はここまでウグイちゃん数匹しか顔をみていません・・・。

こんな時こそ丁寧な釣りを!を心がけてジャークしていると・・・グンッ!BIGバイト!!

私:おりゃ〜!キタ〜!イワナはこうやって釣るんじゃ〜い!!・・・んん??

 

う〜ん・・・。(痩せたニゴイ様SPY-V100g)

 

そして終盤に差し掛かり、糖分を欲した私がランチパック(ピーナッツバター味)を食べているその時、事件は起こりました

下山田氏のロッドがブチ曲がってドラグがジャージャー鳴いています。

 

私:あはは!ヒラマサじゃね?(笑)

下山田:こいつデカいよ!!

次の瞬間その魚が水面からジャンプ!!

船中一同:え”え”〜〜!!(マスオさん風に)

ベリーロール気味に飛び跳ねたその魚体は紛れもなく巨大ニジマス!!

 

再び湖底に戻ろうとするレインボーを上手くいなして無事ネットイン!

 

 

 

70cmはゆうに超えるワイルドレインボー!!

 

私はフライ釣りもするのですが、まずお目にかかれないサイズのニジマスでした。

 

この日彼は「ウグイ」→「イワナ」→「スモールマウスバス」→「サクラマス」→「ニジマス」と初挑戦にして5種目を達成!

某駅伝風に言えばもはや「山の神」ここに降臨。

今シーズンのレイクジギング最終日となったこの日、彼は最高の思い出を手に入れました。私は欲求不満になりました。

 

 

現在、猪苗代湖は禁漁期間中でシーズンオフです。来季は4月からのスタートになります。

皆さんも是非チャレンジしてみては!?

 

【興味がある方へイワナ狙いのレイクジギングのポイントを少しだけ挙げてみます】注:あくまで私の見解ですが。

 

(ジグ)活性の高い時はSPY、FB。渋い日はCX、フレックが良く釣れました。ウエイトは40g〜100gまで。

    カラーはトラウトスプーンでも実績の高い赤金やピンクなど。

 

(ロッド)スロー用の一番ライトなもの。※ロジカルなら#0シリーズ

 

(リール)コンパクトなレベルワインド付き。※私はカルコン800Fを使ってます、ロープロタイプも良いかも。

 

(ライン)PE0.8号200mにフロロリーダー3号を3ヒロ程度。

 

(フック)パイクを基本に使ってますがまだまだ研究途中です。※バーブレスも良いと思います。

 

(対象魚)イワナ、ニジマス、サクラマスなど、バスやフナ、鯉まで釣れる事もあります。

 

(イワナについて)釣期は顕著にサーモクラインが形成される8月から10月がハイシーズン、低水温を好むイワナは湖底付近に群れているイメージです。なので春は泳層が広かったり接岸の傾向があって少々難しいかも。

猪苗代湖でベイトとなるのはウグイやワカサギなどの小魚。

 

(注意点)淡水魚は弱い魚が多いので、長時間触れたりせずに優しく扱いましょう。※リリースジグもオススメです!

 

 

レイクジギングを楽しんでいるのは地元福島県の猪苗代湖。自宅から30分ちょいで近いのです。

 

お世話になっている船は猪苗代でジギングをメインにガイドをされている「中田フィッシング」の吉原キャプテン。

ワイルドイケメンな風貌とは裏腹にとっても謙虚で優しい方です♪

画像:通称マサ兄こと吉原さんはソルトもこなす筋金入のアングラー。

 

釣れない時間にはストロベリートークで癒してくれます(*´∀`)

 

【中田フィッシング】WEBサイト→http://blogs.yahoo.co.jp/circle_c_masany

 

以上、長々と書いてしまいましたが魅力が伝わりましたでしょうか??

釣行の後には鉄板と食材持参でバーベキューも満喫出来ます。

少しでも興味がある方は是非、気軽にチャレンジしてみてください。

 

これからも吉原さんや仲間たちと湖でのスローピッチジャークを普及すべく頑張って参ります!

 

今年もディープのジグで海に山に遊び倒しましょう!!

 

 

 

 

嶋崎でした。

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album