ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東京湾大感謝祭2016 × タレントフィッシングカップ 〜前編〜 | main | 東京湾大感謝祭2016 × タレントフィッシングカップ 〜後編〜 >>
2016.11.30 Wednesday

出ました。イシナギ!!!

みなさん、こんにちは チームモリタの田中です。

もうすぐ12月ですね。 1年経つのも本当に早く感じます。

僕の今年の釣りの方は、7月に 一つの目標にしていた、10Kオーバーのカンパチは釣ることが出来ました。

しかし、高知に通うきっかけの ひとつに、「イシナギを釣ってみたい!」 っということがありましたが、こちらの方は、未だに達成出来ていません。

今年もあと少し、なんとかイシナギの方も達成したいと思いながらの釣行でした。

11月の上旬、船は今回も黒潮町 大方 入野漁港の海宝丸さんにお世話になりました。

この日も、狙い物としては中深海での、クロムツ、アラ、イシナギなどです。

もちろん僕のメインの狙いは、イシナギです。

最初のポイントはクロムツ狙い。
ロジカル55 #6 SPY-N 250gからスタートです。

まずは、魚探に反応が出ている層まで、広く探ってみます。

底から、1/1のワンピッチで誘っていると、13回目でヒットしました。


クロムツ SPY-N 250g


次の流しも同じセッティングで、狙っていると、底から10m付近でヒット!しかし、今度はサバです。

この日は、サバやアジなども、ジグに良く反応していました。

僕はサバなどに邪魔され、なかなか次の一匹が出ませんでしたが、 そんな中でも、本命のクロムツばかりを釣っている人もいます。

すぐに、その人の釣りをじろじろ観察です。すると何やら底付近ばかりを狙っているようです。

僕も底 狙いに作戦変更です。
今回は、クロムツを狙っていたので、釣れている人を真似して、同じレンジを誘ってみました。

しかし、この釣れている人と同じレンジを狙うという事は、自分のおかれている状況や、狙う魚種などによって、かなり 向き不向きが出てしまう やり方だと思うので、適切な状況判断が必要になってくると思います。

でも、ジグの種類だけは すぐに真似した方が良いと思いますよ!

船の上で起こっている、いろいろな事をじろじろ観察して、その情報をいかに自分の釣りに繋げていくか、 そんな事を考えながら釣りをするのも楽しいですね。

話しが少し脱線しましたが、 底付近を丹念に誘うということで、ジグも変更しました。VB〜Vib〜スピンドルっと1流しごとに変更しました。

するとロジカル60 #4 Freq 270g、着底からの底切りをゆ〜くり持ち上げるとヒット!!


イズカサゴ

この後も、底付近を狙いクロムツを少々追加して、ポイント移動です。

移動して最初の流し、ロジカル55 #6 SPY-N 250gに戻しました。

着底からの最初の上げで、1/1で底から5回目に前アタリ、そのまま2m程誘って、フォールをいれると、ピタッ!!
今日1番の重量感、 周りを見ると全員ヒットでクロムツの予感です。

超慎重に上げましたが、残り20m付近でまさかのフックアウト・・・

あとの皆さんは、ちゃっかりGETしています。

ジグは左からFB〜SPY-N〜SPY-Vです。
僕のイメージでは、クロムツは、ポイントに着いて最初の流しは、ジグにとても良く反応していても、次の流しでは、反応が一気に悪くなることが多いイメージがあります。 なので このバラシは、僕にとってとても痛いバラシでした。
そんな予感通り、次の流しでは反応はしてくれましたが、全員サイズダウンです。

このポイントでも、初めは底から15m上の方でもアタリが出ていましたが、徐々に底から3〜4mでしかアタリが出なくなってきたように思います。 そうした状況の変化にも、いち早く対応する為にも、他の釣り人から得られる情報はとても大切だと思いました。

僕もじろじろ作戦で、レンジを底に絞り、またフォールにアタリが多いので、Freqの300gでやってみると、ヒットです!



僕の今日1番のクロムツ。ロジカル70 #5 Freq 300gです。
でも、底付近しかアタリが出ないからと、みんな底ばかりやっていると・・・

チームのダイスケさん、底から20m程 上げて掛けました。

3k近い!? ナイスサイズのクロムツ。 ロジカル60#4 FB 250gです。

同じ魚種でも、サイズが違うと またレンジなども変わってきたりもする・・・
まさに、その事の勉強になる良い経験になりました。


この日の僕の本命、イシナギを意識しながら釣りをしていると、

遂にそのときが・・・

底から3回目にフワッと前アタリ、そのままチョット誘って落とし直し、今度は底から2回目にドスンッッ!!


キタ!キマシタ!! 僕じゃないけど…


ヒットさせたのは、ダイスケさん。僕は後ろでピースなんかしてますが、心の中では「僕のジグ食べてくれよ〜」ですけどね。(笑)

ファイヤーライン1.5にリーダー7号とのことです。底切りは魚も粘りましたが、巻け出すとすんなり上がって来ました。


大型の魚が水面に浮いた時は、迫力があって船上も 盛り上がります。

ダイスケさん、初のイシナギおめでとうございます。


イシナギ 23K タックルは、ロジカル60 #4 FB 250g


ケイリュウさん、次は僕らが釣りましょうね。


イシナギの登場で、僕も続けとさらに意気込みましたが、世の中そんなに甘くはありませんでした。


今回も僕は、目標のイシナギは釣ることが出来ませんでしが、楽しく また 考えさせられることの多い釣行となりました。船長さんありがとうございました。

今年も残り1カ月、まだ数回 釣行の予定があります。 狙えるチャンスがあれば狙ってみたいと思います。

そして…いつかは釣りますよ。


使用タックル

ロッド
ロジカル55 #4 #6 #8
ロジカル60 #4 #8
ロジカル70 #5

マニアフェローズ 55

リール
マーフィックスN4、S5
トルサ 16、30
オシアジガーNR2000H


ライン
スーパーファイヤーライン 2〜3号

リーダー
8〜14号

ジグ
スロースキップ、SPYシリーズ、スピンドル 200〜500g

田中純樹でした。

Powered by
30days Album