ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワク・沸く!第2回DEEPLINER CUP in平潟! | main | 行くぜ、深海!東北&関東エリアのスーパーディープジギング >>
2016.10.11 Tuesday

海宝丸釣行記!!

みなさん、こんにちはチームモリタの田中です。


10月になったのに、まだまだ夏のような暑い日が続いていますね。

今回は、そんな10月某日、黒潮町(大方)の入野漁港 海宝丸さんでの釣行を報告させていただきます。



この日は中深海で、クロムツ、アラ、イシナギなどを狙う釣行です。水深としては150〜300m程でしょうか。



僕はイシナギを強く意識した釣行です。

まずは朝一 !!





まだ水深も100m台でガシラなどの根魚類も出るポイントとのことなので、最初はマニアフェローズ55SPY300gをセットして大きくアピールさせてみることにしました。

しかし、そのセッティングではアタリが出ません。

同船された方はサバやアジを釣っていました。 魚探には時折 底から30m程まで映っているとの事なので、このアジやサバに付いているであろう大型の魚を狙うことにしてみました。

ロッドをロジカル55 #6に持ち替えFB250gにしてみましたが…

反応なし

ジグをSPY-N 250gにして誘っていると、10m程誘い上げてからのフォール中にヒット!!

しかし、この引きはサバ〜

じゃなくて、クロムツでした。



SPY-N 250g

そうこうしていると…

同船された方にBIGヒット

しかし、

どうにも止まらない〜♪♪

残念、ブレイクです。

やっぱりいますね。大型魚!!

この釣行の少し前、チームの浜田さんに誘ってもらい、宿毛のあき丸さんに行った時には、僕にもあったんです。BIGヒット! しかし、ラインはファイヤーラインの1.5号。

止まらない&止まっている時 リフト出来るの???

ダメだこりゃ状態でノックアウト…

間違いなく自己最大重量魚だっただけに悔しい思いをしました。

ここで、最近 僕が思っていることを少し書こうと思います。

釣りをしていて魚からの反応がない場合、どうしても、ラインなどを細くしていきがちになってしまいます。 僕も前はすぐに細くしていました。

でも、最近 考えていることは、自分が意図しているジグの動きを出せるギリギリのところで太い糸を使うようにするということです。

二枚潮などがきつくなく、素直に流れている時などは、以外と太さに関係なくキレ良く動いてくれたりします。

大事な事は、「ジグをどういうふうに動かして魚に口を使ってもらうか!! 」ということなので、自分が意図している動きを出せてる場合は細くする必要はないのではないかと思ってるんです。

ちなみに、この考え方は「この細い号数でデカイ魚を獲ってやる!」というように、こだわりを持ってやっておられている方には当てはまらないですが…


まあ、こうしてブログ書く時はこんなこと書いてますが、この前の時も船長さんからイシナギもいるよと言われながら、渋い時間も続いているし、水深も深くなったので、1.5号にして軽快にクロムツを狙おうと思った矢先…

いきなり、ズドンッッ!!!

ファイトを始めてすぐ、これは無理だと悟りました。

やっぱり、考えを持っていても継続出来なければ意味ありませんね。


なので今回は、朝一の1流しは様子見に僕のいつもの基準の2号でやりましたが、潮も緩く素直な流れだったので、そこからは2.5号に上げて続けました。

話しが脱線しましたが釣行の続きです。
先ほどクロムツを釣ったロジカル55 #6SPY-N 300gで続けていると珍しいのがヒットです。


沖メバル
僕は初めて釣りました。

周りの方を見ていると、ショートシルエットのジグよりSPYシリーズの様に細長いシルエットに良く反応しているみたいです。 しかも上げよりも断然フォールに反応している様なので、SPY-Vに変えると狙い通りのフォールにヒット!

SPY-V 400g


僕はイシナギを釣るべく、チームのリーダー 森田さんから教わったイシナギジャークを試したんですが、なかなか反応は得られず。

周りの方も、クロムツが当たらなくなってるみたいです。アジやサバは良くあたってるんですけどね。


あとは この方も!


ユメカサゴ、かわいい顔してるでしょ!


そんな感じでやってると、実はこの日もあったんです。 BIGヒット!!

底でアジが掛かって回収中、いきなりズンッ!っと重たくなり、そこからズルズル走り出しました。

ありゃ! 食べられちゃった!

底からは、100m程は巻いたあたりです。 かなりの重量感、僕はサメだろうと思いながら、どうせなら上げてみようとファイトしてみましたが、相手にしてもらえませんでした…

またしてもブレイク…

しかし、前回と今回の2回の大型魚とのファイトで、僕には ある疑問が湧いてきました。 この疑問が解決すれば、またちょっとステップアップ出来そうなので、なんとか解決を目指していこうと思います。

いろいろ考えていると時間は、あっという間に過ぎていきもう終盤戦です。


クロムツもまた口を使い出してくれました。

中深海 最後は、マニアフェローズ55SPY-N 400gのセッティングで、強めの1/2ピッチで底付近を誘うとクロムツ3連発でした。




クロムツが食べていたベイトを吐き出しました。



ネットで調べてみると、「ホウライエソ」の幼魚ですかね!?


この「ホウライエソ」お腹側に「ハダカイワシ」と同じように発光気管があるみたいです。





やっぱり中深海では、ヌードスポットの様な、小さなドットのグローカラー、 かなり効くパターンがありそうですね!!




港に戻る途中に浅場のネイリも狙ってみましたが、この日はご機嫌がよろしくなく、ヤガラさんとエソさんでした。



次回はがんばります!!

船長さん、毎回 楽しい釣行ありがとうございます。 またお世話になると思いますので、よろしくお願いします。

釣行のあとの帰り道…

温泉に入ってゆっくりしたあと…


道の駅でカツオのタタキを食べて帰りました。


黒潮町の天日塩を使用した、お店の人気No. 1「塩タタキ定食」とっても美味しかったです。 みなさんも、四万十方面に遊びに行った際は、寄ってみてはいかがでしょうか?


使用タックル

ロッド
ロジカル55 #4 #6 #8
ロジカル60 #4 #8
マニアフェローズ 50 53 55

リール
マーフィックスS5、トルサ16、30、
オシアジガーNR2000P

ライン
ファイヤーライン2〜2.5号
PEライン2.5号

リーダー フロロカーボン 10〜12号

ジグ
スロースキップ、SPYシリーズ、スピンドル
中深海用 250〜500g
浅場のネイリ用 100〜250g


田中純樹でした。

Powered by
30days Album