ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 試験釣行 | main | 中深海釣行記(其の壱) >>
2016.06.23 Thursday

‘‘講習会,, Part 2

みなさん、こんにちはチームモリタの田中です。

今回も、「キングフィッシュ」さん主催のディープライナー講習会の模様を報告させていただきます。


6月のある日、運良く梅雨の晴れ間にあたり、天気も良く穏やか海に出れました。




今日は、この海でどんなドラマが起こるのでしょうか!

今回は、岬周りで「カンパチ」 「マハタ」をメインターゲットに狙います。

前回と同様に午前中は、基本形のVB、 CX、 FB、の3種類の縛りです。

(朝の出港前のミーティングで、「前回縛りを経験した講習会 2回目の人は、縛りはどうする?」 っと東村さんから聞かれ、「縛りは無しでお願いします!」即答していた浮気者 (僕です)今回も いましたが、全員 縛りありです。)



そんなこんなで、ポイント到着!! 釣り開始です。 ベイトの映りも良く、潮も1.3ノット程で二枚潮にもなっておらず、 雰囲気はバッチリです。

船長からも、最近も大型のカンパチらしきアタリも出ているとのことです。

それぞれ、前回の講習で教わったことを頭に入れながら、アプローチしていきます。

しばらくして この日のファーストヒット!

今回が初参加、僕の兄です。

イズカサゴ

ロジカル55 #5 FB 250g


僕も3種類のジグをローテーションしながら、反応を伺います。この日は終日ベイトの映りは良く、底から40〜50m程の所まで映る事も多々ありました。


船長いわく、ベイトはウルメイワシとのこと、それを聞いて「イワシだったらSPY-Vやろ〜」っと早速ジグを変えて反応を伺いたい所ですが、前回の時の反省を生かして、与えられた課題に取り組みました。

午前中の間は (笑)

そうして、下心を隠しながらの釣りが続きます。 状況的には いつ「ドンッ!」っと来ても良さそうな雰囲気はあるのですが、そうは簡単にはいきません。

兄がイズカサゴを釣った後は、サバがポロポロ釣れたのみ、渋い状況が続いていました。

しかし、休まず釣りを続けていると、いつ「ズドンッッ!」っとくるかもしれないというのが、釣りの面白いところですよね。 僕も集中力を切らさぬ様に、いろいろな考えを持ってアプローチを続けました。

すると・・・

ロジカル55 #6 FB 200g 底から3回目に飛びを意識して強めにジャークを入れると、フワッ の後に「ズドンッッ!」じゃなくて、「カツッッ!

スピード感のある走りではなかったので、カンパチではないと思っていたら、上げてビックリ!


8.2Kのヒレナガカンパチ!!
(笑わないでね、自己最大です! )

体高のある ナイスコンディションの魚でした。


次の流しでは、艫の人がCXでマハタをGET!!


この日のメインターゲット。 カンパチとマハタの登場で、俄然 船上の熱気が上がります。

立て続けにヒット!
ロジカル60 CXのセッティングでガッシーGET!!


初参加の方もCXで次きます!!


僕も、これは魚が口を使い出し始めたな、っとさらに集中していると・・・

今度はFB250gの底から3回目に「ガツッ!!」
なんだか先程の引きに良く似ています。

またカンパチやっちゃったかなぁ〜♪♪

すると、他の人にもどんどんヒット!

なんだか、いやな予感です。



結局、全員ヒット!!

「最初に掛かった僕のは違うはず!」

念じてみましたが、

黒光りの なが〜い魚体、やっぱりクロタチさんでした。



クロタチがいる所に、大型のカンパチもいることがあるからと、次の流しもやってみたら・・・

またまた、クロタチさんラッシュ!!
カンパチより先にクロタチさんが反応してしまいます。

なので、ポイント移動です!!


次のポイントでは、チビキに邪魔されます。

この辺りからまたアタリが少なくなってきました。

しかし、僕には秘策があります。

秘策というのは・・・

もうチョットで正午なので、縛りから解き放たれるからです (笑)

この時の僕の考えでは、いろんなジグを繰り出せば、魚が反応してくれるんじゃないかと思ってたんです。

そして、ついにその時が!!!

お昼になったきぃ 縛りはやめて、ジグは何を使ってもえいよ。まぁ…続けたい人は、そのまま続けてもえいき!!

もちろん僕は性懲りも無くすぐ浮気です。


そそくさと、SPY、SPY-V、Freq、スピンドルに鈎を付け準備しました。


「よし!! ここからが本番じゃけん!!」

思ってたんですが・・・

現実は・・・







VB、CXを使ってる広島のハマちゃんに全く歯が立ちません。


クルマダイという、珍しい魚も釣ってました。


こちらは、僕と違って浮気に成功した方達です。 ジグはSPY-V




ラストのポイントは、前回と同様レンコダイなどが良く釣れるポイント!

ここでも、僕は両隣が何かしらの魚をバンバン掛けるのに 2流しで、

ヒメ 1匹・・・

結局、今回も後半はダメダメでした〜!!!


今回も痛感しましたが、同じ様に釣りをしていても、ジグの種類はもちろん、同じジグでも ほんのチョットのウエイトの違いや、ロッドのパワーやシャクリ方、使用しているリールの巻取り量などの違いでアタリが出る出ないがこれほど違うのか!! っというのを、またまた思い知らされました。

ジギング面白すぎます!!


初参加の人の船上講習最後はやっぱり!?


カンパチ君です!


自分のラインシステムも強さも分かり、ノットが弱くて飛ばされれば、すぐさま東村さんのノット講習が開催され、強力なノットを覚える事も出来ます。 これも講習会ならではです!

魚が掛かった時、ノット不良で飛ばされるのが1番もったいないですもんね。


もちろん、陸に上がっても 為になるありがた〜いお話しが続きます。



最後はみんなで集合写真!


東村船長さん、楽しい講習会ありがとうございました


今回も天候に恵まれて (天気良すぎてめちゃ暑かったですが…) とても楽しい講習会となりました。 キングフィッシュの中村さんとハマちゃんは、室戸沖に忘れ物もしてきました。

次回は8月、また開催されましたら報告させていただきたいと思ってますので、よろしくお願いします。


使用タックル

ロッド ロジカル55 #4 #6 #8


リール マーフィックス N4 S5
オシアジガーNR2000H
オシアジガーNR2000P

ライン ファイヤーライン 2〜2.5号

リーダー 8〜12号

ジグ スロースキップ スピンドル
SPYシリーズ
150〜400g


田中純樹でした。

Powered by
30days Album