ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 土佐清水 オーシャンへ | main | 久米島パヤオのパワースローゲーム >>
2016.03.22 Tuesday

素晴らしい繋がりと奇跡のアカムツ

みなさん、こんにちは(^^)

千葉の下山田です。




さて先月の話になりますが、釣り人の祭典「フィッシングショーOSAKA 2016」が開催され、ディープライナーも出展致しました。



簡単ですが、その模様をご紹介させていただきます!



今年は巨大なハタがお出迎え!









トークショーも大盛況!





お楽しみはーと大阪ナイトはーと



大盛況のうちに閉幕。
ご来場いただいた多くの皆様、ありがとうございました。






この時、私はプロスタッフ西本さんと「全国にひろがるアカムツジギング」というテーマで対談形式のトークショーを行い、アカムツジギングの釣りとしての特徴や魅力などをご紹介させていただきました。

女性の方やちびっ子たちにまでお越しいただきリラックスした雰囲気で行うことができましたよ(^^)

アカムツジギングという1つの文化を造ってきた大先輩とのトークショーをさせていただけたのは1人の釣り人としてとにかく嬉しかったです。とても大きな経験ができました。


実はこの経験がこの後、奇跡の出来事に繋がるのです。。

刺激をたくさん受けたフィッシングショーを経て、また1年が始まる気がしている中、やっぱり私はアカムツを釣りたくなり…




凪を見計らって2月下旬に一人で南房にアカムツを狙いに行ってきました!
船は鴨川・太海の幸昌丸さんの午後便。餌釣り6名+ジギング1名での出船。
私はミヨシでジギングさせていただきます。






実は私、この冬アカムツ3連敗中でして。。。

というのも、どれも状況が不安定な中、
魚の顔色を伺いすぎて気持ちもセッティングも消極的な釣りになり自滅するのが原因でした。。。

そこで今回は釣るためにおもいきって思考とタックルを変えて挑みます!
テーマは「気持ち良くジグを操作すること」

今回は釣れても釣れなくても攻めの釣りを展開してやろうと思っていました!

この作戦が功を奏したのか…

思いも寄らぬ奇跡を巻き起こしました。

一発目に掛かった魚はアカムツらしき引き…

しかも明らかにデカいと判る重量感。

頭を振るとドラグが滑りリールが巻けなくなります。
さらに強風によるウネリで時折テンションがブレてヒヤヒヤ。

なんとか交わしつつもいつも以上にドキドキしながら慎重に巻き上げ、水面を割ったのは…




大本命アカムツ!

それもとびきりデカいアカムツ!




やりました!!!
幸昌丸さんレコードサイズとなる53cm、1.3kgのアカムツ!!!

ディープライナー ロジカル60♯6×スパイN 450gにて。

痩せている魚体でしたので重量はありませんでしたが、サイズへのこだわりよりもとにかくデカいアカムツが釣れたのが嬉しくて、しばらく興奮状態でした。
この海域に通い始めてからデカいアカムツを狙い続けてきたので、ようやくそれが叶いました。

そして、何より嬉しかったのはみんなが魚を見にきてくれて「おめでとう!」と声をかけてくれたこと。
そこで船長や餌釣りの常連さんとガッチリ握手を交わしました。




船長をはじめ、みなさんのご理解のおかげで当初からこうして餌釣りの仲間に入れてもらい気持ちよくアカムツジギングをさせていただけることは僕にとって本当にありがたいことなのです。

この後もさらにアカムツを追加して釣ることができ、僕にとっては忘れられない1日になりました。



数日後・・・

このデカいアカムツにはさらなる運命が待っていました…。


翌週、東京で開催され私も参加させていただいた「スローピッチジャーク完全バイブル 【西本康生の世界】」出版記念パーティーにこのアカムツを寄贈させていただくことになったのです!

まさに運命ともいえるグッドタイミングでした(^^)b




当日、西本さんをはじめ西本さんとゆかりのある著名人の方々に私の釣ったアカムツをお召し上がり頂きました。





私の釣ったデカいアカムツと後輩の河本くんが釣ってきた新島キンメがお刺身で登場!



さらに西本さんの釣ったアブラボウズも登場!美味しい料理に囲まれて楽しい時間が流れます。




このお祝いに華を添えることが出来て良かったです(^^)



なんと当日は大先輩でもある徳永兼三さんも参加されていました!







シャークジャーナリストの沼口麻子さん



大阪から丸山さん、北海道から林さんもお祝いに駆けつけました!



こうして普段なかなかお会いできない方々ともお話することができ、とても素晴らしい時間となりました。
主催してくださったスタジオオーシャンマーク大塚さん、ありがとうございました。





そして西本さん、ご出版おめでとうございます。
私もこの本、大好きです!
本を通して伝わってくる情熱と西本さんの仕掛けや道具立てがとにかく美しいこと、そして色々な魚が次々と飛び出してきてワクワクさせられます。
きっとこの本を通じて、新たな繋がりが出来るのではないかと思っております。

こうして西本さんや周りの方々のおかげで、釣りを通して様々な出来事が起こり色々な方々と繋がり、釣り人として幸せな毎日を過ごすことが出来ています。

さぁ!次はどんな出会いが待っているのか!
また海に繰り出すのが今から楽しみで仕方ありません(^^)


下山田 陽樹
Powered by
30days Album