ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.12.01 Thursday

東京湾大感謝祭2016 × タレントフィッシングカップ 〜後編〜

みなさん、こんにちは(^^)

千葉の下山田です。

前回に引き続きタレントフィッシングカップの後編です!

 



「船とウエアの色がお揃いだぞー in 東京湾」の画

 


さて!中盤に差し掛かりシーバスの食い気が上がってきました!

 


今回が釣りに初挑戦という演歌歌手の大石まどかさん

 


徐々に道具の扱いに慣れてきたところで、コツを掴み見事に50センチオーバーのシーバスをゲット!初めての釣りとは思えないくらい上手に誘っていましたよ!ロジカル55#2を使用していただきました。「魚の引きってすごい!釣りって楽しいですね!」と話してくださり、とても喜んでいました(^^)おめでとうございます!!!

 

 


過去2回この大会を制しているベテランの仁科克基さんはキャスティングとジギングを状況によって使い分け、集中力を切らさず優勝を狙います!釣りの話をたくさんして盛り上がりましたよ!
ロジカル55#1を使用していただき見事グッドサイズをゲット!おめでとうございます!!!



しかしこの日はなんといっても門脇佳奈子さんの勢いが止まらない!まさにかなきっちゃんDAY(^^)


魚の反応を感じながら自らSPY-Vをカラーローテーションし、グッドサイズのシーバスを一時入れ食い状態に!!
自身二度目となる関東のフィールドとのことでしたが、全力で楽しんでいる姿が印象的でした。

 


そして遂にやりました!これまでにない強烈な引きを冷静にファイトし64センチのシーバスをゲット!

これは優勝を狙えるサイズだとみんなで大喜び!
というのもこの時点で他船の状況は厳しいとのことで、この日初の60オーバー。暫定トップだったのです。

 

 

とにかく釣りが大好き。今まで様々な魚を釣り上げてきたかなきっちゃんですが「一生忘れられない魚になりました」と笑顔で話してくれて、こちらまで嬉しくなりました。本当におめでとうございます(^^)

 



一方、お隣のリーダー、ドランクドラゴン鈴木さん。

 

かなきっちゃんの感動的な場面とは対照的に掛けるたびにサイズダウンしていくというミラクル。
50センチオーバー連発の中、この日の船中最小記録を次々と更新して、みんなにイジられてました・・・(笑)

きっちり笑いをとる姿は流石です(笑)

こうして終盤へ…。何かが起こりそうな展開で、
やはりこの方がドラマを起こしてくれました!

 


これまで盛り上げ役に徹していた日本が誇る元格闘家!武蔵さんが魅せてくれました!

 


パターンを掴んでからは連続して50センチオーバーを釣り上げた後に、これまでにない強烈なヒット!



やりました!冷静にファイトし、船中最大となる65センチのシーバスゲット!!!
やはり世界を相手に闘っていた男の勝負強さは違います!最後にビシッと決めてくれました。本当にお見事です!

最後の最後まで船上は大盛り上がり!本当に楽しい時間でした。
 

こうしてケガもなく、無事に帰港。中央ステージにて表彰式です。
果たして結果は…

 


【LTアジ部門】
優 勝:小崎陽一さん(イタリアンシェフ)5匹合計重量 1,084g
準優勝:ヒロシさん 5匹合計重量 1,014g
3位:杉浦太陽さん

 

【LTアジ団体優勝】※全員で釣り上げた総数
1号 杉浦太陽さん 山崎まさやさん ノッチさん 赤プル 松丘さん

葛西橋・第二泉水

 

【船長賞】(優勝者を出した船長に送られる)
3号 金澤八景 一之瀬丸 船長


【シーバス部門】
優勝 :つるの剛士さん 66.5cm
準優勝:武蔵さん 65cm
3位 :門脇佳奈子さん 64cm

 

【シーバス部門団体優勝】
6号 鈴木拓さん 武蔵さん 仁科克基さん 大石まどかさん 門脇佳奈子さん

本牧・長崎屋

 

【船長賞】優勝者を出した船長に送られる
4号 長浦 こなや丸 船長

 

ご一緒させていただいた武蔵さんは2位!門脇佳奈子さんは3位!
そしてチームとして団体優勝を果たすことができました!!!これはもう本当に素晴らしい結果だと思います!
みなさん、おめでとうございます(^^)

 


 

記念に武蔵さんと。

学生時代、リングで闘う姿を観戦していた憧れの存在が目の前にいることに感激。男らしくてとても優しい方でした。マジでカッコ良すぎます

 

 



最後にタレントフィッシングカップ発起人でもあり見事に優勝を手にしたつるの剛士さんと一緒に。

こんな素敵なイベントに参加させていただき、本当にありがとうございました。これからもみなさんのご活躍、心から応援しております。
 

 

ステージ上でつるのさんが言っていたように東京湾には豊かな自然の中で沢山の魚が生息しています。
そんな自然の中での釣りは本当に楽しい遊びです。今回もみなさんの素敵な笑顔を間近で沢山見ることができました。

これからもこんな楽しい遊びをみんなで続けていけるように、自然環境に配慮して優しい気持ちを持って接していきたい。
今回のイベントを通じてそのように感じました。


下山田 陽樹

2016.11.30 Wednesday

出ました。イシナギ!!!

みなさん、こんにちは チームモリタの田中です。

もうすぐ12月ですね。 1年経つのも本当に早く感じます。

僕の今年の釣りの方は、7月に 一つの目標にしていた、10Kオーバーのカンパチは釣ることが出来ました。

しかし、高知に通うきっかけの ひとつに、「イシナギを釣ってみたい!」 っということがありましたが、こちらの方は、未だに達成出来ていません。

今年もあと少し、なんとかイシナギの方も達成したいと思いながらの釣行でした。

11月の上旬、船は今回も黒潮町 大方 入野漁港の海宝丸さんにお世話になりました。

この日も、狙い物としては中深海での、クロムツ、アラ、イシナギなどです。

もちろん僕のメインの狙いは、イシナギです。

最初のポイントはクロムツ狙い。
ロジカル55 #6 SPY-N 250gからスタートです。

まずは、魚探に反応が出ている層まで、広く探ってみます。

底から、1/1のワンピッチで誘っていると、13回目でヒットしました。


クロムツ SPY-N 250g


次の流しも同じセッティングで、狙っていると、底から10m付近でヒット!しかし、今度はサバです。

この日は、サバやアジなども、ジグに良く反応していました。

僕はサバなどに邪魔され、なかなか次の一匹が出ませんでしたが、 そんな中でも、本命のクロムツばかりを釣っている人もいます。

すぐに、その人の釣りをじろじろ観察です。すると何やら底付近ばかりを狙っているようです。

僕も底 狙いに作戦変更です。
今回は、クロムツを狙っていたので、釣れている人を真似して、同じレンジを誘ってみました。

しかし、この釣れている人と同じレンジを狙うという事は、自分のおかれている状況や、狙う魚種などによって、かなり 向き不向きが出てしまう やり方だと思うので、適切な状況判断が必要になってくると思います。

でも、ジグの種類だけは すぐに真似した方が良いと思いますよ!

船の上で起こっている、いろいろな事をじろじろ観察して、その情報をいかに自分の釣りに繋げていくか、 そんな事を考えながら釣りをするのも楽しいですね。

話しが少し脱線しましたが、 底付近を丹念に誘うということで、ジグも変更しました。VB〜Vib〜スピンドルっと1流しごとに変更しました。

するとロジカル60 #4 Freq 270g、着底からの底切りをゆ〜くり持ち上げるとヒット!!


イズカサゴ

この後も、底付近を狙いクロムツを少々追加して、ポイント移動です。

移動して最初の流し、ロジカル55 #6 SPY-N 250gに戻しました。

着底からの最初の上げで、1/1で底から5回目に前アタリ、そのまま2m程誘って、フォールをいれると、ピタッ!!
今日1番の重量感、 周りを見ると全員ヒットでクロムツの予感です。

超慎重に上げましたが、残り20m付近でまさかのフックアウト・・・

あとの皆さんは、ちゃっかりGETしています。

ジグは左からFB〜SPY-N〜SPY-Vです。
僕のイメージでは、クロムツは、ポイントに着いて最初の流しは、ジグにとても良く反応していても、次の流しでは、反応が一気に悪くなることが多いイメージがあります。 なので このバラシは、僕にとってとても痛いバラシでした。
そんな予感通り、次の流しでは反応はしてくれましたが、全員サイズダウンです。

このポイントでも、初めは底から15m上の方でもアタリが出ていましたが、徐々に底から3〜4mでしかアタリが出なくなってきたように思います。 そうした状況の変化にも、いち早く対応する為にも、他の釣り人から得られる情報はとても大切だと思いました。

僕もじろじろ作戦で、レンジを底に絞り、またフォールにアタリが多いので、Freqの300gでやってみると、ヒットです!



僕の今日1番のクロムツ。ロジカル70 #5 Freq 300gです。
でも、底付近しかアタリが出ないからと、みんな底ばかりやっていると・・・

チームのダイスケさん、底から20m程 上げて掛けました。

3k近い!? ナイスサイズのクロムツ。 ロジカル60#4 FB 250gです。

同じ魚種でも、サイズが違うと またレンジなども変わってきたりもする・・・
まさに、その事の勉強になる良い経験になりました。


この日の僕の本命、イシナギを意識しながら釣りをしていると、

遂にそのときが・・・

底から3回目にフワッと前アタリ、そのままチョット誘って落とし直し、今度は底から2回目にドスンッッ!!


キタ!キマシタ!! 僕じゃないけど…


ヒットさせたのは、ダイスケさん。僕は後ろでピースなんかしてますが、心の中では「僕のジグ食べてくれよ〜」ですけどね。(笑)

ファイヤーライン1.5にリーダー7号とのことです。底切りは魚も粘りましたが、巻け出すとすんなり上がって来ました。


大型の魚が水面に浮いた時は、迫力があって船上も 盛り上がります。

ダイスケさん、初のイシナギおめでとうございます。


イシナギ 23K タックルは、ロジカル60 #4 FB 250g


ケイリュウさん、次は僕らが釣りましょうね。


イシナギの登場で、僕も続けとさらに意気込みましたが、世の中そんなに甘くはありませんでした。


今回も僕は、目標のイシナギは釣ることが出来ませんでしが、楽しく また 考えさせられることの多い釣行となりました。船長さんありがとうございました。

今年も残り1カ月、まだ数回 釣行の予定があります。 狙えるチャンスがあれば狙ってみたいと思います。

そして…いつかは釣りますよ。


使用タックル

ロッド
ロジカル55 #4 #6 #8
ロジカル60 #4 #8
ロジカル70 #5

マニアフェローズ 55

リール
マーフィックスN4、S5
トルサ 16、30
オシアジガーNR2000H


ライン
スーパーファイヤーライン 2〜3号

リーダー
8〜14号

ジグ
スロースキップ、SPYシリーズ、スピンドル 200〜500g

田中純樹でした。

2016.11.22 Tuesday

東京湾大感謝祭2016 × タレントフィッシングカップ 〜前編〜

 

 みなさん、こんにちは(^^)

千葉の下山田です。

 


さて!突然ですが、10月22日に東京湾を舞台に「TFC タレントフィッシングカップ」というイベントが開催されました!

 

 

 

様々な分野で活躍されている大人気のタレントつるの剛士さん主催の釣り大会のイベントです。
毎回つるのさんの呼びかけで集まった釣り好きのタレントさん達が釣りを楽しみ交流を深めながら腕を競い合うこの大会ですが、今回で13回目を迎えました。

 


さらに今回は10月21日から23日の3日間、神奈川県横浜市の赤レンガ倉庫にて行われた「東京湾大感謝祭」という一大イベントとのスペシャルコラボ開催。

東京湾大感謝祭」とは・・・

多くの方に東京湾の魅力や恵みを楽しく体験・発見してもらい、東京湾のためにできることを考え、行動を始めるきっかけとなることを目的としたイベントで、今年は3日間で約10万人の来場がありました!

そんな素晴らしいイベントに今回ディープライナーもスポンサーとして参加。
そしてナント!!!

タレントフィッシングカップのサポートスタッフとしてディープライナーから大澤大介氏とわたくし下山田陽樹の2名で参加させていただきました!

私自身、これまでテレビや雑誌を通じてイベントの様子を拝見しておりましたが、まさか自分がスタッフとして参加することになるとは・・・。

 

これだけの規模のイベントへの参加は初めてでしたのでお話を頂いた時はビックリしましたが、とても貴重でありがたい機会だと思い参加させていただくことにしました。

 

ですので今回は当日の様子をみなさんにご紹介したいと思います!

 

10月22日。大会当日の朝。

 


 

横浜・赤レンガ倉庫に今回大会をサポートする各メーカーから集まったスタッフ陣。
普段の釣行とは全く違う緊張感がありました。

開会式は中央ステージにて行われました。


主催者のつるの剛士さん。

このイベントを通して多くの人たちに東京湾の素晴らしさ、釣りの楽しさを伝えていきたいという素晴らしい挨拶をされていたのがとても印象的でした。

 

 

開会式も大盛り上がり!

 

 

さていよいよ乗船です。各船に乗り込みます!
 

 

朝早くからお集まりいただいたお客さんの大声援を受けて出船!凄い雰囲気です!


今回は東京湾の遊漁船6隻が参加。
30名のタレントの皆様が「アジ部門」「シーバス部門」にそれぞれ分かれ、釣った魚のサイズを競います。

シーバスは50センチ以上がエントリーの対象となります。

私たちは本牧「長崎屋」さんでシーバスジギングのサポート。
私自身もシーバスジギングでお世話になっている船宿さんです。


 


今回ご一緒させていただいたのは「ドランクドラゴン鈴木拓さん」をリーダーとし「武蔵さん」「仁科克基さん」「大石まどかさん」「門脇佳奈子さん」の5名のみなさんです!

 


シーバスは時期的にはまだ水温が高く広範囲のシャローエリアに散らばっているのでジギングで狙うには難しい様子。

しばし広範囲を探りながらのスタートです。
最初は緊張していた私でしたが、みなさんにはとても優しく接していただき、すぐに打ち解けることができました。
何よりみなさん本当に釣りが好きだということで、とても話が盛り上がりました!
おかげで終始船上は笑いの絶えない和やかな雰囲気でしたよ(^^)

 


出だしはアタリがなく、しばらく沈黙が続きましたが・・・

 

均衡を破ったのはジギングで狙っていたこの2人!



まずは武蔵さんと共にとっても面白いトークと鋭いツッコミで常に船上を盛り上げてくれていたリーダーのドランクドラゴン鈴木さん!鈴木さんもかなりの釣り好きです!


 

ドランクドラゴン鈴木さんとの奇跡のコラボ!笑

今回、鈴木さんはSPY-V 80gとロジカル55#1を使用してくださり見事ファーストフィッシュをゲットしました!

おめでとうございます!!!

 


そしてもう1人はこの方!

以前はNMB48のメンバーとして活動し、現在は関西の釣り番組「ビッグフィッシング」でレギュラーも務め、なにわの釣りガールとして活躍中の“かなきっちゃん”こと門脇佳奈子さんにヒット!
 


やりました!本命のシーバス!!しかも船中最初となる堂々のエントリーサイズ!笑顔がとってもキュートで素敵です♪
ロジカル60#1にSPY-V 80gでゲット(^^)v

 

自前の「釣るまで帰らん」と書かれたライジャケは普段ロケで使用しているものだそうです。門脇さんは本当に釣りが上手で、人一倍釣りへの情熱と心から楽しんでいる様子が伝わってきました。

 

 

やったね、かなきっちゃん(^^)サポート役の私も大感激!


さぁ!魚の反応も出てきて、一気に盛り上がってきましたよ!!!

 


しかしこれはほんの序章に過ぎなかった・・・本当のドラマはここから始まる!果たしてどうなる!?

白熱の後編へつづく〜\(^^)/

2016.10.14 Friday

行くぜ、深海!東北&関東エリアのスーパーディープジギング

みなさん、こんにちは(^^)

千葉の下山田です。
気づけば2016年も残り少なくなってきました。1年があっという間に過ぎていきますね。
すっかり秋めいてきて、ジギングが面白いシーズンになってきました!
今回は今年の夏に挑戦した「小名浜と南房のスーパーディープジギング」の様子と先日参加させていただいた「アカムツジギングのイベント」の様子をご紹介させていただきます。 
まずはこの夏、東北に行って来ました!
仲間たちと以前から計画していたものの悪天候により延期が続いた小名浜沖のディープエリアへの挑戦が遂に実現!船は光勝丸さんにお世話になりました。
我々はとても真剣なオトナの会話を繰り広げています。
そう、いつだって僕らは真剣なのです。
まぁ、どんな会話をしてるのかはご想像にお任せします(笑)
まずはみんなで仲良くマダラ!


500mラインを狙い、でっかいマダラさん。最大で8kg超!SPY−5にて。
 仲間たちには良型のアコウダイも来ました。なぜオレだけ黒いんだ・・・。
 
福島のブラウントラウト嶋崎さんはバラメヌケをゲット!これはうらやましい!!
 
今年の夏、海に出た時は「ロジカル」「マニアフェローズ」「水鉄砲」のどれかを常に持っていた気がします。これが私にとって最強の布陣なのです。
魚影が濃く、すごく面白い海域だと感じました。季節や水深に合わせて様々な魚種を狙えるそうです。
何より仲間たちと盛り上がったとても楽しい時間でした!またみんなでチャレンジしたいな!
 
続いて7月に南房沖のスーパーディープで大きいクロムツとアコウダイを狙いに行って来ました。船は六平丸さんにて。

この日はあの手この手を駆使して300m〜500m超の複雑な地形を狙います。
 
お土産に嬉しいキンメダイが来ました!SPY-Nにて。
 
モットフカク!スロースキップFBでさらにディープゾーンを攻めます!
ハダカイワシの仲間。生きている姿を初めて見ました。深海にはロマンがありますね。
残念ながら凄いヤツは来ませんでしたが、こちらも今後、挑戦を続けていきたいアツく面白い海域です!
 
さて!
ただ今、絶賛発売中の「ソルトワールド10月号」内の「ディープライナーのディープフィッシング」のコーナーにおいて今年の1月〜6月の半年間に及ぶ外房沖の深海に挑戦した模様を書かせていただいております。
まだ始まったばかりの壮大な深海への挑戦・・・
すごく濃い内容になっておりますので、ぜひこちらも手にとって読んでいただければと思います。
 
さてここからはアカムツ!まずは9月に友人のタクマくんの呼びかけで開催されたアカムツジギングのイベントに参加させていただいた様子です。波崎の信栄丸さん。
 
この日は記録的豪雨に時化の海でした。私にはアカムツは釣れず・・・。
しかし横に並んだ昔からの仲間2人に念願のアカムツが!
 
大熊さんはSPY−Nで良型ゲット!
 
この日がジギング復帰戦の横山さんはSPY−5で人生初アカムツ!二人ともおめでとうございます!
 
豪雨も時化もなんのその!とても盛り上がった楽しいイベントでした!また集まろうね!

翌週は同じく信栄丸さんでジャイアント水戸南店様主催のアカムツジギング釣行会!
 
前週とは打って変わって穏やかな陽気に恵まれ、アカムツの釣果にも恵まれました。
 
和気あいあいとしていて笑顔溢れるとても素敵なイベントでした。私は二週続けてアカボウ・・・辛い。
次は釣りますよ!!!
ちなみに信栄丸さんのカレーはとっても美味しいのです♪
そんなわけで引き続き秋冬シーズンの海も楽しんでいきましょう!!!
 
―深海ジギング 使用タックル―
ロッド:ディープライナー マニアフェローズ43 50 ロジカル60#8
リール:シマノ トルサ30 オシアジガー5000
ライン:バークレー スーパーファイヤーライン2.5号 3号+リーダー12号〜18号
ジグ:ディープライナー SPY SPY−N SPY−5 スロースキップFB、CX スピンドル 各500g〜1000g
 
―アカムツジギング 使用タックル― 
ロッド:ディープライナー ロジカル60#2#3#4
リール:シマノ 11オシアジガー1500H NR2000H
ライン:バークレー スーパーファイヤーライン1.2号 1.5号+リーダー5号、6号
ジグ:ディープライナー SPY−5 SPY−N スピンドル スロースキップFB、VB、CX 各180g〜300g
 
下山田 陽樹でした(^^)
 
2016.10.11 Tuesday

海宝丸釣行記!!

みなさん、こんにちはチームモリタの田中です。


10月になったのに、まだまだ夏のような暑い日が続いていますね。

今回は、そんな10月某日、黒潮町(大方)の入野漁港 海宝丸さんでの釣行を報告させていただきます。



この日は中深海で、クロムツ、アラ、イシナギなどを狙う釣行です。水深としては150〜300m程でしょうか。



僕はイシナギを強く意識した釣行です。

まずは朝一 !!





まだ水深も100m台でガシラなどの根魚類も出るポイントとのことなので、最初はマニアフェローズ55SPY300gをセットして大きくアピールさせてみることにしました。

しかし、そのセッティングではアタリが出ません。

同船された方はサバやアジを釣っていました。 魚探には時折 底から30m程まで映っているとの事なので、このアジやサバに付いているであろう大型の魚を狙うことにしてみました。

ロッドをロジカル55 #6に持ち替えFB250gにしてみましたが…

反応なし

ジグをSPY-N 250gにして誘っていると、10m程誘い上げてからのフォール中にヒット!!

しかし、この引きはサバ〜

じゃなくて、クロムツでした。



SPY-N 250g

そうこうしていると…

同船された方にBIGヒット

しかし、

どうにも止まらない〜♪♪

残念、ブレイクです。

やっぱりいますね。大型魚!!

この釣行の少し前、チームの浜田さんに誘ってもらい、宿毛のあき丸さんに行った時には、僕にもあったんです。BIGヒット! しかし、ラインはファイヤーラインの1.5号。

止まらない&止まっている時 リフト出来るの???

ダメだこりゃ状態でノックアウト…

間違いなく自己最大重量魚だっただけに悔しい思いをしました。

ここで、最近 僕が思っていることを少し書こうと思います。

釣りをしていて魚からの反応がない場合、どうしても、ラインなどを細くしていきがちになってしまいます。 僕も前はすぐに細くしていました。

でも、最近 考えていることは、自分が意図しているジグの動きを出せるギリギリのところで太い糸を使うようにするということです。

二枚潮などがきつくなく、素直に流れている時などは、以外と太さに関係なくキレ良く動いてくれたりします。

大事な事は、「ジグをどういうふうに動かして魚に口を使ってもらうか!! 」ということなので、自分が意図している動きを出せてる場合は細くする必要はないのではないかと思ってるんです。

ちなみに、この考え方は「この細い号数でデカイ魚を獲ってやる!」というように、こだわりを持ってやっておられている方には当てはまらないですが…


まあ、こうしてブログ書く時はこんなこと書いてますが、この前の時も船長さんからイシナギもいるよと言われながら、渋い時間も続いているし、水深も深くなったので、1.5号にして軽快にクロムツを狙おうと思った矢先…

いきなり、ズドンッッ!!!

ファイトを始めてすぐ、これは無理だと悟りました。

やっぱり、考えを持っていても継続出来なければ意味ありませんね。


なので今回は、朝一の1流しは様子見に僕のいつもの基準の2号でやりましたが、潮も緩く素直な流れだったので、そこからは2.5号に上げて続けました。

話しが脱線しましたが釣行の続きです。
先ほどクロムツを釣ったロジカル55 #6SPY-N 300gで続けていると珍しいのがヒットです。


沖メバル
僕は初めて釣りました。

周りの方を見ていると、ショートシルエットのジグよりSPYシリーズの様に細長いシルエットに良く反応しているみたいです。 しかも上げよりも断然フォールに反応している様なので、SPY-Vに変えると狙い通りのフォールにヒット!

SPY-V 400g


僕はイシナギを釣るべく、チームのリーダー 森田さんから教わったイシナギジャークを試したんですが、なかなか反応は得られず。

周りの方も、クロムツが当たらなくなってるみたいです。アジやサバは良くあたってるんですけどね。


あとは この方も!


ユメカサゴ、かわいい顔してるでしょ!


そんな感じでやってると、実はこの日もあったんです。 BIGヒット!!

底でアジが掛かって回収中、いきなりズンッ!っと重たくなり、そこからズルズル走り出しました。

ありゃ! 食べられちゃった!

底からは、100m程は巻いたあたりです。 かなりの重量感、僕はサメだろうと思いながら、どうせなら上げてみようとファイトしてみましたが、相手にしてもらえませんでした…

またしてもブレイク…

しかし、前回と今回の2回の大型魚とのファイトで、僕には ある疑問が湧いてきました。 この疑問が解決すれば、またちょっとステップアップ出来そうなので、なんとか解決を目指していこうと思います。

いろいろ考えていると時間は、あっという間に過ぎていきもう終盤戦です。


クロムツもまた口を使い出してくれました。

中深海 最後は、マニアフェローズ55SPY-N 400gのセッティングで、強めの1/2ピッチで底付近を誘うとクロムツ3連発でした。




クロムツが食べていたベイトを吐き出しました。



ネットで調べてみると、「ホウライエソ」の幼魚ですかね!?


この「ホウライエソ」お腹側に「ハダカイワシ」と同じように発光気管があるみたいです。





やっぱり中深海では、ヌードスポットの様な、小さなドットのグローカラー、 かなり効くパターンがありそうですね!!




港に戻る途中に浅場のネイリも狙ってみましたが、この日はご機嫌がよろしくなく、ヤガラさんとエソさんでした。



次回はがんばります!!

船長さん、毎回 楽しい釣行ありがとうございます。 またお世話になると思いますので、よろしくお願いします。

釣行のあとの帰り道…

温泉に入ってゆっくりしたあと…


道の駅でカツオのタタキを食べて帰りました。


黒潮町の天日塩を使用した、お店の人気No. 1「塩タタキ定食」とっても美味しかったです。 みなさんも、四万十方面に遊びに行った際は、寄ってみてはいかがでしょうか?


使用タックル

ロッド
ロジカル55 #4 #6 #8
ロジカル60 #4 #8
マニアフェローズ 50 53 55

リール
マーフィックスS5、トルサ16、30、
オシアジガーNR2000P

ライン
ファイヤーライン2〜2.5号
PEライン2.5号

リーダー フロロカーボン 10〜12号

ジグ
スロースキップ、SPYシリーズ、スピンドル
中深海用 250〜500g
浅場のネイリ用 100〜250g


田中純樹でした。

2016.09.24 Saturday

ワク・沸く!第2回DEEPLINER CUP in平潟!

福島の嶋崎です。

 

東日本は少しづつ寒くなってきましたが皆さんジギング楽しんでますか??

茨城県北茨城市平潟港で行われました第2回DEEPLINER CUP in平潟の報告です。

 

朝の様子

 

『一日みんなでわいわい楽しみましょう!』をモットーに、昨年より始まりましたこの大会。

今年は1船増えて5船での開催!

 

前日まで台風の影響があり開催が危ぶまれましたが、私の日頃の行いが良いのか?参加者のみなさんの行いの良さか?最高の釣り日和!(間違いなく後者でしょう!)

対象魚は『青物(ワラサ・ブリ・かつお・さわらなど)』『ヒラメ』『鯛』

それぞれ一番大きいものの総重量で順位を決めます。

見事リミットメイクは出るのか!??

 

AM6:30

スタートフィッシング!

あたり

 

ほうえまる西本さん

 

昨年優勝者が出ました寳稲丸(ほうえまる)には西本プロが乗船!

大会そっちのけでレクチャーを受けたい方多数!

 

みなさん、次々と竿を曲げる!

良型!ほうえまる

お父さんにかなりのプレッシャーを与える良型ヒラメ。

今回は嬉しいことに親子で参加の方が2組いらっしゃいました!

 

 

たもの中は!!

平潟沖ではヒラメが好調です!

 

1473506635048

先生もホウボウ!

絶賛発売中の西本先生の本ではホウボウの狙い方も載っているので要チェック!

 

とも丸の様子はどうでしょう・・・

下山田さんも!ともまる

先月船が新しくなったNEWとも丸には下山田くんが乗船。

彼曰く「とも丸はチームワークNo1」との事!

楽しそうですねぇ!

ホウボウ!ともまる

ホウボウなどの根魚も遊んでくれましたよ!

鯛!ともまる

出た〜!!対象魚の中で一番難しい真鯛捕獲!

3キロはあるでしょ!頑張ってコンプリートを目指します。

 

 

続いて第六隆栄丸では

りゅうえいまるでも!

第六隆栄丸も順調!

りゅうえいまる

デカすぎて見切れてます。

 

僕もゲット!りゅうえいまる

僕も頑張ってホウボウGET!!

ポケモンGOより面白いよね??

 

そらなさんとりゅうえいまる

第六隆栄丸にはプライベートで遊びに来てくれたそらなさゆりちゃんが乗船。

 

 

 

 

 

 

初参加の正八丸さんでは・・・。

しょうはちまるでもゲット!

こちらもいいサイズのヒラメ!

しょうはちまる

海のセラピストことホウボウ。

ホウボウはいつでも癒し系でいてくれますね。

しょうはちまる

ナイスヒラメ!!

 

正八丸には、ふくだあかりさんが参戦!

平潟の印象を「アナゴが釣れる」と言い切った釣り姫!

今年はアナゴじゃなくてワラサを釣るあたりはさすが!!

 

 

私嶋崎がお世話になったのはダンディーで優しい船長が舵を握る茂栄丸。

 

 

 

 

 

しげえいまる

オヒョウかー!!っとツッコミが入りそうな型のメガメラヒー!!

これは上位入賞有るんじゃない!?

 

私は・・・。

「ほ〜立派なカレイですね〜!」とボケてもらえそうなサイズの子メラヒー。

でも生態を考えながら釣りを組み立てる事でヒットチャンスが格段に増えるヒラメは

ジギングに最高の魚ですよね。

ヒラメジギングおもろ〜い!!

 

 

 

しげえいまる

茂栄丸常連の佐藤さんは青物のダブルで魅せます!

 

帰港

無事事故や怪我も無く、終日良い凪で釣りを終える事が出来ました。

 

りゅうえいまる集合

第六隆栄丸のみなさん。

 

しげえいまる集合

茂栄丸のみなさんと。楽しい方々でした!

 

ほうえまる集合

寳稲丸のみなさん。+船長の要望でふくださん&そらなさん

 

ともまる集合

とも丸に乗船のみなさん。下船後も楽しそうでした!

しょうはちまる習合

正八丸のみなさん&あかりちゃん。

 

検量も終えていよいよ表彰式!

まずはマニアな西本賞の発表。

 

【マニアな西本賞(珍魚賞)】

栃木県大田原市の高橋さん!

1473506364851

見事マトウダイを釣り上げ受賞!!

やったねマキちゃん!

 

 

続いて女性参加者3名が仁義無い?戦いを繰り広げたレディース賞!

【ふくだあかり賞(レディース賞)】

福島県東白川郡からお越しの蛭田さん!

あかり賞

なんと蛭田さんジギングは今回2回目!

これからも色んな魚種にチャレンジして下さいね!

 

 

さぁいよいよ上位入賞者の発表!

【総合第5位】

茂栄丸に乗船で地元北茨城市の古仲さん!

ヒラメと青物の合計重量が5.50kgで見事入賞!

お見事です!!

 

【総合第4位】

茂栄丸に乗船でまたまた北茨城市からお越しの大田さん!

珍魚賞など

ヒラメと青物の合計重量が6.0kgで4位入賞!

北茨城市の方が5位4位と連続入賞!ホームのパワー恐るべし。

 

【総合第3位】

茂栄丸に乗船で福島県いわき市からお越しの伊藤さん!

モンスターヒラメをGETした伊藤さんが受賞!

このヒラメ6.00kgジャストありました!(4位・5位が同重量でジャンケンで決定)

賞品はディープライナー謹製サングラス!

 

【総合第2位】

とも丸に乗船で茨城県磯原市の柳生さん!

じゃんけん大会

私もよくご一緒させてもらう機会の多い名人柳生君!

いつも通りの力を発揮して見事総合2位に!

ヒラメと青物の合計重量6.98!やったぜ名人♪

 

そしていよいよ第二回ディープライナーカップin平潟!栄えあるチャンピョンの発表。

【総合第1位】

とも丸に乗船、福島県南相馬市からお越しの佐川広実さん!

3種コンプリート優勝

ヒラメ1.58kg、青物2.62kg、タイ3.07kg、トータル7.27!

大会でただ一人リミットメイクの佐川さん!!

プレゼンターの西本さんより賞品のロジカル55#2が贈られます!

佐川さんは対象魚以外にも太刀魚を釣るなどスゴイの一言!!

本当におめでとうございます!

とも丸は1位・2位独占!!チームワーク効果か!?

 

今回は各船の船長さんより船長賞もいただきました!

船長賞はジャンケン大会で争います。

お楽しみじゃんけん大会

じゃんけん大会

このキッズ本当にかわいいんです。ツーショット良かったね!

 

じゃんけん大会

 

各スタッフのサプライズプレゼントなども揃いアツいジャンケンバトルに!

 

 

最後は私の釣り仲間である伊川さんからご提供いただきました米30kgを争う

大会の名物になりつつある「コメ獲りジャンケン」!

私たちスタッフも参加させてもらいます。

 

 

勝利したのはなんと「ふくだあかりさん」!

アナゴは釣れなかったけどやはり持ってます。

 

入賞した方も惜しくも逃した方もこの笑顔!本当に楽しい時間はあっという間。

入賞されたみなさん

 

クライマックスは全員で記念撮影!

最後まで欠ける事なくお付き合いいただいて感激です。

 

第二回目となりました「ディープライナーカップin平潟」を無事盛大に行う事が出来ました。

最後になりますがお忙しい中足を運んでいただきました参加者様、快くご対応いただきました船宿様、遠路御足労をおかけしましたスタッフ様、大会開催を承諾いただきましたディーパーズファクトリー様、改めて御礼申し上げます。

笑顔の絶えない楽しい大会を行えた事も皆様の応援とご協力の賜物と痛感しております。

今後私も微力ではありますが「みんなでワイワイ楽しみましょう!」をテーマに東北・北関東のジギングシーンのお手伝いが出来ればと考えております。

 

今年もまもなく終盤ですがみなさん楽しい釣りをして行きましょう!

長文になり失礼致しました。

 

フィールドスタッフ 嶋崎瑛介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.08.22 Monday

好調!!  東静内、中深海のメヌケ!!

こんばんは、北海道の林です。

 

前回好調だった東静内沖のメヌケ釣りに7月31日に、またまた行ってきました!!

↑↑前回の釣果です。

 

今回も、東静内漁港から酒折船長の『第八十八みな丸』☎090-8708-7544で、今回は餌釣り1名、スローピッチ5名の乗合で行ってきました!!

今回も真夜中に出港!!  1時間半くらいで釣り場に到着!!

 

 

今回使用ロッドはロジカル55#7、60#7、#8、70#7で挑みます!!

 

そして、1流し目から釣れます!!

 

スロースキップOVO、SPYV!!

今回で3回目、ここの海域の新規開拓に率先して付き合ってくれた大平さんと中村さんが幸先よくダブルヒット!!

 

明るくなってからも

 

SPYV!!

スロースキップVIb!!

今回の竿頭G Salt代表の浅野さん!! スロースキップVB

そして、船中最大となる

惜しい!!  8キロまではいかなかったが余裕の7.5キロオーバー!!

スロースキップOVO  600g

 

今回、初参加の瓜ちゃんも無事ゲット!!        キンキも釣れます!! スロースキップVB  550g

 

 

土砂降りの雨が降ったり、途中、早い潮があったり、根がかりしたり、ライジャケが膨らんだり(笑)

といろいろあった愉快な釣行でしたが、

全員ゲットで無事終えました!! サイズは5キロ〜8キロ弱

 

今回のジグのウェイトは、500〜700gで、水深は540〜560mでした。 

 

底のほうにいる魚ですが、見せる動作をきちんといれてた人がたくさん釣れてたように思います。

 

また行ってきます!!

 

 

 

 

 

 

2016.08.21 Sunday

2016年、夏、常磐沖のスローピッチジャーク

みなさん、こんにちは(^^)

千葉の下山田です。

すっかりご無沙汰しております。みなさんは良い夏を過ごせていますか?

 

私は30代に突入し、海に山にBBQと今年もますますイイ感じの夏を過ごしております♪

今回は久しぶりのブログということで書きたいことが盛り沢山ではありますが、この夏の出来事を中心にお伝えしたいと思います。


まずは昨年に引き続き、今年もこのアツいイベントのお知らせです。


 

9月10日に茨城県北茨城市の平潟港にて「第2回 ディープライナーカップ in ヒラカタ」が開催されます!

関東と東北の境目に位置する大好きな平潟での開催。私もとても楽しみにしているイベントです。

 

参加される皆さん、ぜひ一緒に最高の1日にしましょう!!
 

※詳しくは各船宿様にお問い合わせください。

さて、8月中旬の夏休み。

 

 

そのディープライナーカップが開催される平潟で友人たちと合宿をしてきました。

2日間のうち初日は寳稲丸(ほうえまる)さん、2日目はとも丸さんにお世話になりました。

まずは初日は午後船にて。開始早々、沖には鳥がザワザワと慌しく飛んでいました。
サワラが回遊してるとのことで、ワクワクしながらベイトの反応へジグを沈めるとイナダ〜ワラサを数本ゲット!



北海道から帰省中の佐伯さん。SPY-Nにて。

なにより今回は佐伯さんと久々に海に出れるのを心待ちにしていました。
 


前日は御前崎でジギングをしていた弾丸日程のホワイトベアー嶋崎さん。スロースキップFBにて。幸先良いスタートです。

 

状況が落ち着き、沖の漁礁周りで


 

 

マトウダイが登場。
 

 

石川くんにはSPY-5でグッドサイズのシーバスまで来ました!

この日、私はSPY100g この一本のみで勝負。ロッドはロジカル60#0をセット。

 


初日はこの組み合わせで通し、丁寧な釣りを心がけて大きいクロソイとマゾイを釣ることができました。

北で釣れる大きいソイはゴツくてカッコ良く”ゴジラ”と呼んでますが、最近平潟では大きいソイを釣るのは難しくなってきているのだとか。

なので平潟沖の"シン・ゴジラ”の出現に嬉しくなりました。

 



「魚を大切にしたい」

そんな想いを込めて、ソイはリリースジグ“スピンドル”でボトムまで沈めてリリース。


 

そして、この日ラストを締めくくったのは佐伯さん。夕マヅメに浅いエリアで見事にSPYでワラサをゲット。沖は適度に涼しくイイ感じで初日が終了。
 

 

ここで佐伯さんとはお別れ。楽しい1日をありがとうございました。

 

また海で再会できる日を楽しみに頑張ります。

 

 

自身のTシャツ?福島のホワイトベアーさん


2日目はとも丸さんにて出船。
 


前日と打って変わって青物は居なくなってしまいましたが、石川くんにスロースキップFBで良型のヒラメが来ました。

 

さらにはビール瓶クラスのアイナメやホウボウなどを連発し絶好調。
 


ホワイトベアー嶋崎さんもSPY-5でマダイにヒラメを連発し絶好調。

 

 

船中何枚か揚がったヒラメは全て良型揃い。平潟のヒラメはデカイのです。


私は前日のSPYを根掛かりで失ったので、この日はSPY-5の130g 一本のみで勝負。

 

 

 

すると初日に引き続きランカーサイズの”ゴジラ”出現。やったぜ!
 


この日もジグはそのままにフックの種類、ロジカルの番手やリールを替えてアクションに変化をつけてみました。


難しい1日となりましたが、逆に色々と試しながら感触を確かめることができ、得るものが多々ありました。

なにより今回は2日間とも船長や同船した皆さんと色々話したり、天気に恵まれのんびりとした雰囲気の中で夏の海を楽しめたのが良かったです。

 

 


下船後は冷たいお茶と西瓜でおもてなしをしていただきました。

 


お土産の平潟産の岩牡蠣も美味しくいただきましたよ。
 

こうして今年もまた1つ最高の夏の思い出ができました。

 

お世話になったみなさん、本当にありがとうございました。
 


―さて、今回は茨城県内の釣具屋さんを訪問させていただきました。

まずはキャスティング水戸店様へ。

 



こちらでは広大な店内で充実した品揃えの中、楽しく買い物が出来ます。オフショアコーナーではディープライナーのジグやオリジナルロッド”ロジカル”も多数揃っておりますよ。

 


8月28日(予備日9月3日)には波崎の征海丸さんにてイベントを行います。まだ参加可能とのことですので、ぜひご参加ください!※お問い合わせは水戸店オフショア担当の齋藤様まで。


続いてジャイアント水戸店様を訪問させていただきました。
 


なんと!ディープライナーのジグが壁一面に。凄い品揃えです!
店長の大山さんもジギングがお好きということで楽しいお話を沢山伺うことが出来ました。ぜひ色々と聞いてみてくださいね。



ジャイアント水戸店様では10月2日にアカムツジギングのイベントを波崎の信栄丸さんにて開催します。
私も参加させていただきます。
※詳しくはジャイアント水戸店様までお問い合わせください。

このような感じで茨城県ではスローピッチジャークに取り組む船宿さんやショップさんが増えたことにより盛り上がりを魅せております。
ジギングが大好きな1人として、とても嬉しく思います。

 

なので、ぜひ皆さんも今回ご紹介させていただいた茨城の釣具屋さんやフィールドに足を運んでみてくださいね。

 

☆おまけ☆

 

茨城県には“ミラクル・ジム”こと村田基さんのショップ「潮来釣具センター」もあります。

私もこの夏、15年ぶりぐらい遊びに行ってきました。

 

 

 

憧れの魚たちの写真や世界中の釣り具や情報が溢れていて、まさに夢のような空間です。

 

 

村田さんにもお会いできましたよ。


まだまだ暑い日が続きますが、熱中症&日焼け対策をバッチリして海へ繰り出しましょう(^^)

2016.08.12 Friday

‘‘講習会,, Part 3

みなさん、こんにちは チームモリタの田中です。


今回は、ディープライナーの講習会の模様を報告させてもらいと思います。



キングフィッシュ」さん主催の講習会も今回で3回目です。

今回のテーマはズバリ!!

ハイピッチの釣りのカンパチ狙い

漁礁での釣りの攻略法

この二本立てです。

テーマを聞くだけで僕はワクワクしてました。

というのも、 僕は最近 マニアフェローズを使用してのハイピッチの釣りを覚えるべく、課題にして取り組んでいるからです。

この講習会の少し前、チーム「広島の小僧たち」で室戸沖でのカンパチ狙いの釣行!(ちなみに、そんなチームありません。)

ディープライナーに初めて乗船して、もうすぐで5年になりますが、それから高知に通い始め5年目、ついにひとつの目標だった室戸で10キロオーバーのカンパチを釣り上げる事が出来ました。


カンパチ 16キロ

この時お世話になったのは、加領郷漁港一正丸」さんでした。



この時のタックルも、マニアフェローズ46を使用したハイピッチの釣りでした。 ジグは最近 なんだか相性抜群のSPY-Nです。

目標だった10キロオーバーを釣ることが出来たので次なる僕の目標はズバリ!!



こんなの目標にしていたら、師匠とデカンパチさんから、

お前には100年 早いわ!!

っとお叱りを受けそうですが… (笑)


室戸というフィールドには、実際にこういった大型のカンパチが うようよといるわけで、 いるからには狙いたいし、狙うからには(いつかは)獲りたいと思う訳でありまして。

釣りをする上で、常にそういった大型の魚がいるということにも意識をもって釣りをした方が獲る可能性を上げる一歩じゃないかと感じています。

そういう大型の魚を意識した時に、間違いなく威力を発揮してくれるであろう、パターンのひとつであるハイピッチの釣り!! 是非とも早く習得したいと思っていたところだったんです。

今までも、チームモリタの例会なのでディープライナーに乗ったときなどに、スローピッチのことは、ちょこちょこアドバイスをもらったりしていましたが、ハイピッチのことは今回が初めてなのでワクワクです♪♪

なんだか、話しが脱線してしましたがいよいよ本題です。



岬周りでのカンパチ狙いからスタートです。



今回はジグの縛りはないので、スロースキップから始める方、ハイピッチでのSPYの使い方を早速、講習してもらう方それぞれでした。

僕はSPY-Nのハイピッチからのスタートしました。


最初の流しで、同じくSPY-Nでやられていた方にヒット!

しかし、残念ながらブレイク!!

その後は、アタリがなく 潮流も0.8ノット程なので少し深い方に移動しました。

やっぱり講習会の参加も3回目ともなると、シャクリも最初とは全く変わってきますね!



おのずと魚も反応してきます。 この日のファーストヒットは、チカメキントキ!

ロジカル55、スロースキップCX

続いて もういっちょチカメキントキ!

ロジカル60、スロースキップCX


CXに反応しているみたいだな!

横目にチラチラ見ながら、僕は相変わらずのハイピッチ!!



いつ「ズドン!」っと来てもいいように心の準備はしてたんですが、あたりませんでした。

ジグをスーパーロケット、SPYに変えてやってみましたが状況は変わらず、すでに開始から2時間は過ぎていました。

チカメキントキ以来、 他の参加者の方にもあまりアタってないみたいです。僕のとなりの方は、ロジカル60CXのコンビでアタリはちょこちょこ出てましたが、チョンばれしてました。

僕もスローピッチに変えて、FB、CX、SPY-Vなどを試しましたが反応なしです。

お昼前までカンパチ狙いをしましたが 結局、この日は残念ながらカンパチの顔は見れませんでした。(でも、僕はハイピッチについて東村さんからいろいろ聞けたので十分なんです。次回はやりますよ!!)






後半戦は漁礁での釣りです。カンパチ、メジロ、マハタ、ガシラ、レンコダイなどを狙います。

ポイント到着、水深は100m程で潮もゆっくと流れてました。

さっそくヒット!

ウッカリカサゴ
ロジカル60、スロースキップCX


ここから連発かな? っと思いましたが後が続かず、渋い状況です。

渋いと言っても、釣る人はレンコダイなどちょこちょこは、釣ってました。



僕はというと、こういう狙い物の時、最近なんだかうまくかみ合いません。

原因は、だいたいわかってるんですが...

僕の場合、状況にもよりますが中層に反応がある場合、その反応まで誘ってメジロなどを狙いにいく事が多い事や、マハタの5〜6キロオーバーも想定して鈎はパイクの3/0を多用しています。

そんな中で、他の人がボトムで魚を掛けると僕も狙いを変えるんですが、レンコダイなどの、あまり大きくない魚に対しては、鈎が大きすぎる為、チョンばれ多発です。

今回の釣行でも、最初はパイク3/0でやってたんで、チョンばれ連発でした。

あと講習でわかったのは、鈎の大きさだけではなくて鈎先の形状がとても大切らしいです。


カーブなのか、ストレートなのか、
これを、ポイントの地形(天然礁or人工漁礁)や、狙う魚の種類によっても、向き不向きが 全く変わってくるみたいです。

ここまで僕はサバが一匹、相変わらずSPY-Vでメジロ狙ってたんですが、メジロは釣れず、ボトムでヒット!


ロジカル55 #6、 SPY-V 350g

マダイは、3/0でも大丈夫でした。(笑)


僕と一緒で、ここまで 苦戦していた中村さん、基本に戻ってVBを使用してアマダイGET!


ロジカル55、 VB


最後は、プチラッシュ!!


左からVB、FB、スピンドル!!

僕とハマちゃんはマハタ♪♪
(サイズは全然違いますが…)

CXスピンドル!!


こんな感じで、まだまだここで書いた以外にもいろいろと教わりましたが、僕にとっては 今回も考えさせられることの多い、とても内容の濃い釣行となりました。


陸に上がって反省会。


講習会で東村さんがよく話す「待ちの釣り」をするのではなく、自ら状況を判断しつつ「攻めていく釣り」 それを実践して行くことの大切さ。


僕はその為には、自分の使っているタックル(ジグ、フック、ロッド、リール、ライン、リング類)などの知識や、魚種の違いよる習性の違いなど魚に対する知識や、ポイントの地形の形状のイメージや、潮流の速さや二枚潮など、釣りをする上で関係してくる、あらゆることへの理解が絶対に必要になってくると感じています。


まあ…それを僕が理解できるのはいつのことになるのやら…

釣りは楽しんだ人の勝ち」なので、ボチボチいきます。 (笑)

ということで、

東村船長さん今回も大変お世話になりました。 ありがとうございました。

第4回は、まだいつになるか分かりませんが、その時もよろしくお願いします。



使用タックル

ロッド
ロジカル55 #4 #6 #8
ロジカル60 #4

マニアフェローズ 55、50、46、

リール
マーフィックス S5
トルサ 16
ジガーLD4000
オシアジガーNR2000H、NR2000P、

ライン
ファイヤーライン 2号、2.5号、4号、
PEライン 1.5号、2.5号、5号、

リーダー 8〜20号

ジグ
スロースキップ、SPYシリーズ、スーパーロケット、スピンドル
150〜500g

田中純樹でした。



 

2016.07.30 Saturday

母島釣行記 後編

 

母島釣行後半の始まりです

 

 

 

 

 

普段見ることのない

壮大な景色に見惚れるばかり^^

 

 

 

 

船中全員^^

 

良型カンパチを、数本追加したのち〜

 

 

 

(割愛)

 

 

 

 

底もの狙いに変えてやりきると返信が・・・・

 

 

スパイfive350gでマハタGET!!

 

 

 

その後

同船メンバーの永井さん(メロン屋工房 代表)のモンスターカンパチ捕獲を、はじめ

他魚種にカンパチ〜15K迄皆さん追加して

 

 

 

 

移動して深場のオナガポイントへ!!

 

大吉は、SPY600g アルミカラーで狙ってみました^^

 

ファーストコンタクトは、着底と共に

3人同時HIT!!(イハラさん・村瀬さん・大吉)

イハラさんオナガGET!!

 

 

僕は、オナガとは違う・・・汗

動きが独特でかなりパワフルな感じ

よ〜く引いてくれました(笑)

 

あげてきたら

めちゃんこ太いビックサイズのスマで

重たくて片手持つのは、限界でした(汗)

SPY600g

 

村瀬さんは、FBでカンパチ^^

同じポイントのボトムで3人とも魚種違いでした^^

(軽く持っておられますが10キロ楽に超えてます(笑))

 

 

 

その他色々な魚種満喫して

 

 

やっぱりいるのね・・・

おなじみのエソも釣れたり  (汗)  CX250g

 

 

アカハタは、全てリリースさせていただきました  CX250g

 

 

 

村瀬さんのアカハタが吐き出したベイトが・・・・・

スピンドル(DEEPLINER)+JJブレイド(JUSTICE)

 

 

 

 

 

 

初めて見るヤガラ幼魚でした(驚)

 

 

アカハタモドキ??+アカハタW

フレック+スピンドルでした^^

 

納竿!!

 

使用タックルDATA

ロジカルシリーズ(DEEPLINER)

55#6

55#8

60#6

60#8

マニアフェローズ50

マニアフェローズ55

 

使用ジグ(DEEPLINER)

スロースキップシリーズ

CX・FB・Vib・Freq 250g〜400g

 

SPY(DEEPLINER)250g  300g  400g 600g

SPYfive(DEEPLINER)  300g  350g

スピンドル(DEEPLINER)250g 270g 350g

 

使用リール

トルサ16(シマノ)

マーフィックスS5(マミヤ)

 

使用ライン

SFL2  2.5  3

使用リーダー

フロロ10号〜20号(シーガー)

 

 

 

 

そして皆より僕は、一足早く神戸に戻る事になりました〜涙

 

 

 

帰りは、島の皆さんがお見送り

 

お別れ間際に海にダイブ!!

 

今回 お世話になりました遊漁船 船長様

母島釣行の準備から段取り引率までしてくれた村瀬さん・内田さんに

同船してくれたメンバーのお陰で心に残る遠征釣行になりました^^

ありがとうございましたm(  )m感謝

 

 

 

 

また来年に!!

 

 

大倉あきひろ

 

 

Powered by
30days Album