ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.05.27 Friday

試験釣行

全国のディープライナーファンの皆様、ご無沙汰しています。
高知の森田です。

今回、室戸に一人試験釣行に行ってきた。
3月22日一正丸、ターゲットは生餌釣りによる大型カンパチ一本。
生餌釣りのエキスをジギングに応用できることがあるのではという思いと、
剛と剛のやり取りでのターゲットの動きを知りたかったことなどにより、
初の室戸岬沖の挑戦となった。

タックルは
ロツド  Alpha tackle  DeepOdyssey  Model R
リール  MiyaEpock COMANDO Z-9S  DC-12
ライン  YGKよつあみ ウルトラ2 12号 68kg 900m
リーダー 本線   DAINA-MAXIMUM 80号220LB
    支線(枝) DAINA-MAXIMUM 60号200LB
フック  SHIMODA GYOGU HAGANE25(泳がせ針)
鉛    1kg
竿受け  第一精工 ウルトラ最強ラーク(超大物専用竿受)

のタックルバランスで、日常のジギングのライトタックルからはかけ離れた仕合。


途中で船長に泳がせ釣りの餌となるサバを確保してもらい、いよいよ初流し。
室戸岬沖水深50m〜、ここはいつもジギングで挑戦するライン。
大物は居るらしいけれど、いつも何にも触らない、いや、触らすことができない場所。

生餌のサバは鼻掛けにして投入した。
沈める前に生餌の動きを暫く注視する。
半径1ヒロの中でベイトは自由に動ける。
横にゆつくりスライドする円運動、多少上下動しながら細かくバイブする(震える)動きなど、
まるで、スローピッチのアングラーに「ジグでも動かしてみなよ!」と挑戦するかのように感じた。

少し深くなり60mのポイント、時々根カガリしないようにボトムを調整する。
餌の泳ぎが細かくロツドに伝わる。
少し大きな動き、大型魚が寄って来ている。
船長が「まだ-まだ-」と声をかける次の瞬間、ロツドが大きくしなる。
今だと大きく合わせた。確実にのった様子。
電動リールの巻取りスイッチオン、フルドラグのコマンドが大きく唸って巻取り開始だ。
ここからは壮絶なバトル、魚は2ノットの潮の流れに乗り全力で潮下に走る。
なんと何度もコマンドの巻を止めて、時々ずるずるラインを出していくではないか。
剛と剛の力勝負、しかし魚は簡単に負けてはくれない。
魚を怒らし、恐怖心を与えたときの巨大魚のパワーは想定外のもので、
このリールでさえラインが出されたり少々巻けたりの繰り返し。
ボトムから10mをきるのに5〜6分はかかったような気がする。通常10mの空巻なら5秒程度のもの。

全体のファイト時間は良く覚えてないが15分くらいはかかったような気がする。
魚がうっすらと見えてきた。
今まで見たことのないような大型の本カンパチ、
ラインをもって浮かせたときに思わず「ワオー」と叫んでしまった。
魚体の半分程度がタマに入り、船長と2人掛かりで何とか船に上げることができた。


本カンパチ 約48







重くて2度計量に失敗し48舛泙燃稜Г靴燭また途中で生簀に落としてしまった。

タックルは60号の支線がザラザラ、鉛を括る6〜70僂22号ラインも飛んでいる。
これはカンパチが逃げる時、根を擦りながら逃げている証拠。
大型カンパチの賢さを痛感した。
ライトのジギングタックルでは一たまりもないであろう。
柔よく剛を制するスローピッチの本領を発揮できるエリアで勝負するしかないかな!?


いつもここをジギングで流しているけれど、口を使わない賢い大型カンパチ。
きっとジグの動きを見切っているのであろう。
生餌の動きに少しでも近づくことができたら更にバイトの可能性も高くなる。
巻とフオールのジギングに横にスライドする円運動とか、
多少上下動しながら細かくバイブする(震える)動きなどが演出できないと、
こいつは中々騙せないと痛感し新たな宿題もいただいた。

最近、横スライドのジクを売り物にするメーカーも出てきている。
更に開発を重ねてほしい。
アングラーも意識をして、誘いの天才「各種の生餌」の動きを注目しジギングの振りに応用してほしい。
それは、きっと新たな釣果につながることであろうと考える。

ライトのジギングは、食わせと取り込みの技術の複合体であり、
タックルバランスも含め、各々の部分に相当な研究の余地があり、しかもアプローチは各人各様。
だから、個人差が釣果に現れ悔しさも満足感もひとしお。
まさにゲームとしての完成度の高い釣りである。
アングラーは熱くなりさらに深遠の道を追求する。
答えはない。
結果が答えだ!!。


泳がせ釣りは、誘いは天才の「生餌」、取り込みは「剛の釣り」で個人差が出にくい。
魚を掛けて電動リールのスイッチオンは誰でもできるし後は船体が勝手に釣り上げてくれる感覚である。
せめてスタンディングで取り込み感を感じようとしても、所詮ハードタックルでのやり取り。
スリルと満足感の薄い(少ない)釣りと感じた。
今回このような大物をゲットしたが、苦労しゲームに参加してない分、満足感、達成感はほとんどない。
苦労せずに結果がでるこのアプローチはゲーム性に乏しく「漁」の域ではないかと感じた。
本職の漁師なら、もっと経済性を重視し採算の合うように釣るであろう。
だから今日の私の試験釣行は遊び人の「漁」か?

これからも「漁」と「ゲーム」の領域を見定めつつ、ジギングでの更なる研究の必要性を感じた釣行となった。
当初の目的を達成させていただいた一正丸の船長さんに感謝します。



 
2016.05.19 Thursday

東静内沖みな丸ディープチャレンジ!!

こんにちは北海道の林です。  久しぶりの更新になります。



ついこの前まで雪があった気がしますが、20℃を超える日も多くなり暖かくなってきたきた北海道です。



いきなりですが、最近の北海道は中深海が熱い!!  







年明けからサクラマス狙いでフックやアシストラインの長さを考察していた仲間内も今では中深海のとりこになっています(笑)







上段がSPY180gノースキャストオリジナルカラー ロッドはロジカル60#3  

下段はSPYナロー150g ロッドはロジカル55#2





今回は北海道でも増えてきた中深海の釣果レポートになります。



3月27日にメヌケ&アブラボウズ狙いで行ってきました!!



乗船したのは東静内漁港のみな丸さん。  水深は560m前後とのことでした。

夜中1時30分に出港、釣り場に着いたのは2時30分。



最初の流しはまだ暗い中でのスタートでした!



使用したロッドはマニアフェローズ各種。ノースキャストさんには、この開拓に賛同してくれて快くマニアフェローズを提供していただきました。



徐々に明るくなってきましたが、何の反応がない時間が続きます・・・



それでも元気な開拓者達(笑)





皆さん思い思いのマニアフェローズを使いましたが1回目のチャレンジは



イカで終えました。くコ:彡〜〜



中深海初挑戦のOさんも燃え尽きていました。。(笑)





中深海2回目はノースキャストさんの中深海中深海ツアーに参加しました。





ネオプレーンのロッドケース!!  リールを付けたまま、まとめれるのでとても便利です!!





この日の狙いはキンキ! 最初の水深は580m〜550mの駆け上がりを探り、



SPYVで船中ファーストヒット!! ロッドはロジカル55



続くことができました。   スピンドル500g ロッドはロジカル60#5 ロジカルの感度の良さで上げの反応で獲れた嬉しい1尾!!







SPYVでキンキ!! ロッドはマニアフェローズ!!





あとが続かず場所移動。。





ここからが凄かった!!  水深430mぐらいで



サンコウメヌケラッシュ!!



ジグはSPYV、スロースキップVib、スロースキッップCX



現地ではキンメと呼ばれるサイズでしたが、船中8本釣れてました!!



アブラガレイも釣れます。 ロッドはロジカル55#6 ジグはスロースキップCX



最後にこのツアーを閉めたのは



アブラガレイ5キロUP!!  SPYV400g  ロッド ロジカル60#5 深い水深でも確実に底の形状を把握することができました。   ロジカルの感度恐るべしでした(笑)



そして、第2回目となる東静内開拓。 乗船したのは前回同様、みな丸。 



今回はアブラボウズは狙わず8キロぐらいのメヌケを狙いに行きます。





今回の水深は700m。 全く未知の水深です。

夜中2時に出港し、釣り場には3時30分に到着し、スタート!!  



今回はロジカル60#8マニアフェローズ46で探ります。



1流し目から



SPYVサンコウメヌケ6キロUP!!



いきなり船上がざわつきました(笑) 





なんか変だと言って首をかしげながら回収するNさん



そして・・・











やりましたね!!!  スロースキップFB730g これも6キロ超え。





この日ばかりはキンキを釣ってもがっかりします(笑)

スローキップVB ロジカル60#8 素晴らしい感度で700mのキンキでも当たりはわかります。



前回燃え尽きたOさんも(笑)



スロースキップVB 





sさん兄!!  SPYナローで!



そして最後にいつも本命を釣ってきたNさんに



みんなが見守る中・・



遠目でボコンと浮いてきました!



SPYナロー やりましたね!!



2回目の挑戦で5本のサンコウメヌケと4匹のキンキを釣ることができ今まで餌釣りがメインでやってた

船長も驚いていました。  今後もサイズアップ目指してまた行ってきます!!    
2016.05.07 Saturday

GW釣行記!!

みなさん、こんにちはチームモリタの田中です。


今回は、GWの釣行を早速報告させていただきたいと思います。


お世話になったのは、愛媛県愛南町の夏丸さんです。



乗り合いで2日間お世話になりました。


まず初日は、足摺岬沖での釣りでした。


ポイントに到着、船長さんのアナウンスでカンパチやマハタなどが出るポイントとのことで、潮の流れは0.5ノット程でした。


僕はまずカンパチ狙いでスタートしました。 下から40〜60mのところにもハガツオの反応もあるとのことなので、時折そのレンジまで誘い上げ、幅広く誘ってみました。

FBSPY-NスピンドルSPY-Vとジグを変えながら誘ってみましたが、魚からの反応はありませんでした。

そうしている中、同船された方はメダイやマダイそしてマハタを釣られた方も出ました。

その方達の誘いを見ると底付近を探っているので、僕も底付近に狙いを変えてやってみました。

FBFreqCXとジグ変えて探っていると・・・

キタ!キマシタ!!

ロジカル55 #6 CX300gで底から3m程探ってフォールさせると着底付近でヒット!

マハタGET!!

CX 300g


マハタが釣れてチョット気が楽になったところで、ふたたびカンパチを意識した釣りをする事にしました。


すると今度は、ロジカル55 #8 SPY-V、 400gで底から15回巻き上げて誘ったあとスッと大きめのフォールを入れると・・・

ラインがピタッ!!

急いで巻き合わせを入れて強烈な引きに身構えましたが、ドラグは走らず、すんなり上がってきたのは8K程のメジロでした。


SPY-V 400g

カンパチではありませんでしたが、狙い通りの誘いでバイトに持ち込めたので気持ちいいヒットでした。


この後も、中層の反応も狙いつつ釣りをしていると、船長さんが指示してくれた棚から20〜30m上を誘っていると、

素巻きでヒット!!

ハガツオGET! っと思っているとなんだかチョット違います。

僕は初めてなので嬉しい一匹!!

スマ GET!!!


SPY-V 400g


以前、ハガツオを狙っている時にも、船長さんの指示棚より20〜30m上でハガツオが良くヒットしたこともありました。この日も同じ狙い方でもう一匹スマをGET出来ました。

みなさんも狙われることがありましたら、基本は船長さんの指示棚を狙う事がBestだと思いますが、その棚で魚が触って来ないようでしたら、時折その上のレンジを誘ってみてはいかがでしょうか? いいことあるかもしれませんよ!


この後は潮流もさらに緩みほとんど流れなくなってしまいました。 アタリもなくなってしまい、船長さんの判断で大きくポイントを移動しました。

ロジカル55 #4 Freq 300gで底付近を小さいフォールを入れながら誘っていると

フォールでヒット!!


Freq 300g


この後、船上はエビス ラッシュ!!!

この日、ご一緒したみなさんとの1枚

僕はSPY-V 300g、 3kのBIGエビスダイでした。


この日の最後はネイリ狙い!

水深は60m程でした。ロジカル55 #4 SPY-N 150gを早めワンピッチで誘っていると下から15回でヒット!



次の流しも同じセッティングでヒットに持ち込めネイリGET!

渋い時間帯もありましたが、狙い通りに掛けれた魚もあり、楽しい1日になりました。





明日は、ブイ(パヤオ)でのキハダ狙いとのこと、僕は初めての釣りになります。



お風呂に浸かって疲れを癒した後は、明日に向けて予習タイムです。丸山さんの「久米島パヤオのスローピッチ攻略」の投稿を読んだり、



西本さんのの記事を思い出しながらイメージを膨らませます。

そして、目をつぶったらあっという間に2日目です。

そして ポイント到着!!


僕はキハダも釣ったことないので、釣りたい気持ち満々です!!

昨日の予習と船長さんにもアドバイスをもらい、早速スタートしました。

しかし・・・

思い通りは、なかなかいきません。 潮流もほとんど流れてなく水温も少し下がった為か、反応も悪く映っていても、触ってくれません。

しばらくすると餌釣りの漁師さん達も帰っていきました。

そんな中、同船された方にキメジがヒット! ここから食いが立つかと思われましたが、その後も状況変わらず、船長さんの早めの判断で、狙い物を変えることになりました。

その日 ポイントに行って見るまでその日の状況は わからないのは、どの釣りでも同じことですね。 初のキハダ狙いは、ほろ苦い結果になりましたが、なんとなくイメージは掴めたので、次回の挑戦に繋がる良い経験になりました。


大きく移動して釣りを再開です。移動したポイントも潮流がほとんどない状態、厳しい状況が予想されます。

魚はいるのに、なかなか口を使わない状況です。

小移動を繰り返していると、少し流れが出てきました。 すると同船された方が、9.5kのコモンハタをGET!!

船上も活気立ちます。

僕もジグをいろいろ変えながら探っていると、ロジカル55 #6 Freq 380gで底から4回フォールをあまり入れないゆっくりとしたワンピッチで誘って5回目にフッとフォールを入れると・・・

ラインがピタッ!!

このガクガクっとした暴れ方、昨日と一緒だ! しかも昨日のより重量感があるぞ!! っと思いながらニヤニヤして上げてみると・・・

残念! マダイでした。

Freq 380g


この後は、同じセッティングで底付近を狙ってエビスダイ×3 と レンコダイ×3を追加しました。




エビスダイやレンコダイのように、群れになる魚は、ジグのセッティングと誘い方のパターンがピタリと合うと面白いように連発することもあるので楽しいです。

最後のドラマは、ロジカル55 #6 SPY-V、 350g 底から ゆっくりとワンピッチで誘っていると3回目の上げ中にガツッっとひったくられました。

またガクガク暴れています!

マハタかな〜? でもマダイっぽいよな〜 でもやっぱりマハタがいいな〜

上がってきたのは??

残念! マダイでした。


そんな感じで、パヤオの釣りも初めて体感でき、エビス&レンコのラッシュもあり、マダイをマハタと勘違いしてのワクワクファイトもありの、またまた楽しい2日目になりました。




乗り合いで、ご一緒になったみなさん、宇都宮船長さん、お世話になりました。

またご一緒させてもらう時もよろしくお願いしますね。



使用タックル

ロッド ロジカル55 #4 #6 #8
ロジカル60 #4 #8
マニアフェローズ 55 53 50 46

リール マーフィックス N4 S5
トルサ 16 30
ジガーLD4000
オシアジガーNR2000H

ライン ファイヤーライン 2〜2.5号
PE 3号

リーダー 8〜12号

ジグ SPY SPY-V SPY-N
スロースキップ スピンドル
150g〜500g

田中純樹でした。


 
2016.05.01 Sunday

ルアーフェスタin仙台開催!!


お久しぶりです。福島の嶋崎です。
新年度を迎え、
福島の桜前線も去り、青空に新緑が似合う季節となりました。
凪る日も増えてきましたね!
広い海で釣りをするにも最高の季節ですね。






4月23(土曜)24日(日曜)
夢メッセ仙台にて
ルアーフェスタin仙台
開催されました!


たくさんの方が駆けつけてくれましたよ〜!
その模様をレポートしたいと思います。


エントランスにはゲストアングラーの写真がぞろり!!
もちろん我らが西本さんも発見!
これを見るだけでも楽しいエントランスでした。
連日、西本さんのトークショーが開催されます。とても良い時間を過ごせました。
その様子は後ほど…!!

さてさて…気になるブース…





お待ち同様です。
ディープライナーブースはここ!
お馴染みディープアイがお出迎えです。


2016カタログもボリューミーな内容(^∵^)

仙台限定!スペシャルセットも販売しました。
とってもお買い得な内容。連日、すぐに完売してしまいました。


『ほしかったなぁ』と立ち寄って下さった皆様ありがとうございました。
そして、スピード完売ごめんなさい。

ロジカルも全種類
発売されたばかりの♯0からありましたよ♪
お客様皆さん、手に取ってくださいました。

そして、西本先生のトークショースタート!
ブースにて
穏やかにアットホームな雰囲気の中で開催。
ロジカルの選び方やジグの特性などを中心に、皆さん勉強になったのでは?




そして、じゃんけん!



見事勝利!おめでとうございます!


こうして、一日目のフェスタは終了しました。








夜は、西本さんの
『スローピッチジャーク 完全バイブル 西本康生の世界』出版祝賀会です。
楽しい夜を過ごしました。


福島に在住ながら、
なかなかお会いできずにいたたくさんの東北の同志の皆さんと
念願の顔合わせもできた夜でした。

西本さんと東北の釣り仲間が釣り上げたママスの料理!
ムニエルの登場です!
美味!!ご馳走さまでした。

今、東北はマスがアツい!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな企画も。
東日本大震災では、たくさんの支援を頂いた私たち。
今回、熊本の震災のお見舞いの気持ちを込めて、復興の手助けができれば…と
チャリティーオークションをスタート。
義援金をおくろうと心を込めて封を致しました。






こうして夜は更けていきました。


24日(日曜)
二日目も元気に開催!!

昨日にも増して、たくさんのお客様が!
さすが日曜日。会場の外には行列ができております。

皆さん、西本さんに聞きたいことがたくさんです。


!!!!!この方
釣りビジョン『五畳半の狼』でお馴染み!菅原正志さん!!





お立ち寄りありがとうございました。




さて、お待たせしました!
お楽しみの
西本さんのトークショーです。


たくさんの熱心なアングラーで埋め尽くされたブース周辺。
二日目は、ジグの特性や西本さんが実釣中に感じていること…などのお話し。
質問タイムもありましたよ。

とても有意義で楽しい時間を過ごすことができました。
もっと先も聞きたい内容でしたが、ここでタイムアップ。

あっという間に過ぎてしまいました。



はい!
皆さんお楽しみ!じゃんけんタイムです。


勝利おめでとうございます!








最後に記念撮影!
楽しい時間はあっという間でしたね。
ありがとうございました。

今回こうしてみなさんとお話をさせていただいた事で新たな発見など、感じた事も多く
初心に戻ることもできた貴重な二日間でした。

立ち寄って下さった皆さんとのお話もとても楽しく、釣りを通してたくさんの出会がありました。
同じ東北の海で、これからも研究心を忘れることなく挑戦していきたいことが更にみつかりました。


…ということで、
早速釣りに出かけたくなったわたくし。


北茨城市平潟港
ほうえ丸
にて
浅場の根魚釣りへ


潮が動かず、朝から渋い海…。

しかしながら渋い海を楽しむことができました。
スパイファイブ130gでヒラメ捕獲!



途中、小さなアイナメやホウボウなども釣れました。
当日は不発でしたが、ようやくワラサの群れも回遊してきたようです。
これからもっと楽しくなってくる北関東〜東北の海。
今年も楽しい釣りをしていきたいと思います。
そして気軽に遊びに来ていただけるイベントも企画していこうと考えています!

簡単ではありますが、報告とさせていただきます。



 
福島・嶋崎
2016.04.27 Wednesday

久米島パヤオのスローピッチ攻略

こんばんは、
引越しまして、尼の丸山から大阪の丸山にかわりました。 今後ともよろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ


つい月曜日まで、沖縄県の久米島まで遠征に行ってましたのでその模様をレポートします。


今回は、すでにスタジオオーシャンマークを中心にディープライナー、シャウトなどが提唱する、パワースローゲームの釣りをより進化させて実践しました。
パワースローゲームとは、簡単にいうと太糸でのスローピッチジャークです。(呼び方の様々、スロージギングなど)


15年前に初めて訪島し、ここ5年ほど毎年久米島に行っていますが、スローピッチの釣りを取り入れた2年前から劇的に釣果がでています。


具体的には、ジグに口を使いづらい20kgオーバーのキハダが1日に何本もジギングで釣れます。場合によっては、30キロオーバーも狙って釣れます。ジグオンリーでです。
久米島パヤオの釣果は、従来のジギングでは大型が中々食わず、ジギングタックルでのパラシュートによる餌釣りを一緒に楽しむ人も多いため、純粋なジギングでの大型の釣果は少ないです。




スローピッチを取り入れる前はスピニングでハイピッチな釣りを展開したり、小さいジグを使ったりでも1日にジギングで20kgオーバーが何本も上がることは中々あり得ないことでした。

それだけパヤオでのスローピッチは有効なことが分かりました。3号以上の太糸でも食ってきます。


今回のメンバーは、いつもの「KMNベイト代表」鴨下氏、「ダイクマメソッド」大熊氏、初遠征の「磯班」竿山氏、「新人23歳」の河本氏と「◯1」丸山の5人です。


いつものプロペラ機で久米島入り!


船はあかね丸にお願いしました。スローピッチに理解があって、、というか数年かけて理解いただいた、、、話も通じて大変釣らせるのが上手い船長です。

宿泊は兼城港直結のホテルガーデンヒルズ!便利です。
〈http://www.gardenhills.jp/〉


日程は土日月で、初日は半日スーガマジギング、日月はパヤオです。



兼城港出航!


初日のスーガマですが、
これがまた潮が0.1ノット、、、
全く動かない、
何も起こらないさすらいのキャラバン隊状態です。
そんな中、若者がやりよります。



河本氏やります。FBを底から5m以内をネチッたようです。

このスーガマというポイントですが、広大なエリアで水深も様々、魚種も豊富。いつも半日の釣りですが、タマン、アカジン、ツチホゼリ、チャマル、カンパチ、イソマグロなど何らかの魚信があるので初日の肩慣らしにきています。以前も止まらないんですけど〜な奴、バショウカジキ、フレック800の着底ヒットできて瞬殺された奴などなど、夢があって1日やると面白いポイントですよ。

あとはサメが多いので注意!ファイトに時間掛けてると途中で魚半分になるか、ジグごと持ってかれます。


なんと初日はこれで終了( ´ ▽ ` )ノ



さあ、2日目、3日目はパヤオです。
ハイライトで紹介します!


7時出船。パヤオは遊漁船に解放されている時間が8時〜17時でほぼ出船時間は変わりません。

まずは5番パヤオにいき、11番に行ったのですが、11番が凄かった。


1本目、まずは。ジギングのアベレージ小さめ。


ここで河本氏がビッグファイト!


が、、、、


ちーん。。。
40mから中々浮かず勝負かけすぎて摩擦でガイドから飛んだ。
ウルトラジグマン2.5号。
水面あと5mくらいまできたのを見ると30キロはありそうだったね。

ザンネン!



大熊氏も。ナロー

アベレージサイズの10キロ前後が釣れ続きます。
アクションは、スローなワンピッチ〜2分の1で食ってきます。フォールでも。


小さいのもたまーに来ます。



今回に限ったことでは有りませんが、大物狙いを船長に告げておくことでパヤオの遠くを流すようにしてくれます。


パヤオの近くは小型が沢山、ジグでよく釣れる。パヤオの遠くは大型がパラパラ、ジグに反応しにくい。という傾向があります。

ここをあえて大型のみに狙いを絞ることで小型に邪魔されにくい状況を作れます。


そして

河本氏、20キロ。船酔いダウンからの〜ひょっこり出てきてロケットのフリーフォールで食わせました。
フリーフォールで食わせるのも技術です。



竿氏アベレージサイズ



そしてそして




私に28キロオーバーが!スパイナロー250を指示棚上下10mを2分の1で刻んで、フォールを意識させた釣りできました。
かなり元気な魚で、ちと時間が掛かったのが反省点です。



その後も


KMNベイト代表鴨下氏に25キロオーバー。スパイファイブ250のワンピッチでした。W6、3号&スナイパーRで早い取り込みでしたね。



ベイト達。イカが多かったです。



ISの戦闘員、大熊氏はブレイクに泣かされた遠征でした。ダイクマメソッド熱いわー


カツオは90mラインで入れ食い。
色んな工夫で食わせないようにしました。

ここで鴨下代表に!

20kgクラス
スパイファイブ250g


そして2日目のラスト!

私にもう1発、同25キロクラス!
スパイナロー250。ロジカル55の4番でより飛びを意識したスローな2分の1ピッチにきました。

先程とは打って変わり、15分くらいで上げられました。

掛けた途端にスコールになり、凄まじい雨!全身水浸しの気合のショットです。
臓物を抜いたあとの魚体。


イチニサン!10.13.16キロ同時ヒット!


私もいいサイズを掛けますが、40mの壁から上がらないので勝負かけてガイド摩擦ブレイク。ザンネン!2.5号でしたが何本か釣るなら3号が絶対いりますね!
しかもファイヤーより伸びのあるPEが良いです!
元気のある30kg級はある程度時間を掛けないとブレイクの危険があります。

ファイト時間は魚のサイズに関わらず様子見しながらやるべし。同じ30kg級でも1時間20分と15分の違いが出ました。これは掛ける水深にもよりますが、走りが止まってこちらを向いた時にそれなりのテンションで巻きに入ることではやく寄せらます。





まだ動いてるマグロの心臓パクつき!
おどり食い!

精力全開!
彼処がビンビンになっちゃいます(笑)
来年は胡麻油と藻塩がいるな!


やはりこれが効いて、、、



河本氏、やるね〜



昼間の渋い時間に技ありの1本!
20kgオーバー!
スパイ180を指示棚でロングフォール気味に使ってのヒットでした。


3日目のラスト!

初遠征の竿山氏!ビッグファイト!


やたら上に走る!カジキが掛かったかのような食い上げですんなり上がってきた魚体は、、、、


デカイ!!



やりました!30キロオーバー!



スロースキップVB250を100mで浮遊させる釣り方で来ました。ちょうど指示棚がうわずってきていたなか、ロジカル60の3番にブルーヘブンL50の組み合わせでセッティングがハマったのだと思います。150m〜だと#4がベストでした。


見事なメークドラマでした!



そんなこんなで週末の弾丸ツアーでしたが、本島から40分で手軽に楽しめる久米島パヤオ、アツイです!スローピッチの活用でより釣れるのは間違いないので、是非チャレンジしてみてください!


ちなみに他船の釣果はルアーでは22kg止まりで1、2本程度。
これからシーズンを迎える久米島パヤオ!今年もパワースローゲームはアツいですぜ!






タックルデータ

ロッド:ロジカル55#4、60#4、60#3
リール:ブルーヘブンL50、L120、
オシアジガー4000、
マーフィックス
(スピニング)ソルティガ5000H、6500
ライン:SFL2.5号、よつあみ製2.5〜3号
リーダー:ダイワ船ハリス12〜16号
リング類:SOMトラックスプリットリング#3.4、オーナーソリッドリング#5.6

ジグ:スパイナロー、スパイファイブ、スパイ、スロースキップVB、CX、ロケット 各180〜300g


丸山顕治
2016.03.22 Tuesday

素晴らしい繋がりと奇跡のアカムツ

みなさん、こんにちは(^^)

千葉の下山田です。




さて先月の話になりますが、釣り人の祭典「フィッシングショーOSAKA 2016」が開催され、ディープライナーも出展致しました。



簡単ですが、その模様をご紹介させていただきます!



今年は巨大なハタがお出迎え!









トークショーも大盛況!





お楽しみはーと大阪ナイトはーと



大盛況のうちに閉幕。
ご来場いただいた多くの皆様、ありがとうございました。






この時、私はプロスタッフ西本さんと「全国にひろがるアカムツジギング」というテーマで対談形式のトークショーを行い、アカムツジギングの釣りとしての特徴や魅力などをご紹介させていただきました。

女性の方やちびっ子たちにまでお越しいただきリラックスした雰囲気で行うことができましたよ(^^)

アカムツジギングという1つの文化を造ってきた大先輩とのトークショーをさせていただけたのは1人の釣り人としてとにかく嬉しかったです。とても大きな経験ができました。


実はこの経験がこの後、奇跡の出来事に繋がるのです。。

刺激をたくさん受けたフィッシングショーを経て、また1年が始まる気がしている中、やっぱり私はアカムツを釣りたくなり…




凪を見計らって2月下旬に一人で南房にアカムツを狙いに行ってきました!
船は鴨川・太海の幸昌丸さんの午後便。餌釣り6名+ジギング1名での出船。
私はミヨシでジギングさせていただきます。






実は私、この冬アカムツ3連敗中でして。。。

というのも、どれも状況が不安定な中、
魚の顔色を伺いすぎて気持ちもセッティングも消極的な釣りになり自滅するのが原因でした。。。

そこで今回は釣るためにおもいきって思考とタックルを変えて挑みます!
テーマは「気持ち良くジグを操作すること」

今回は釣れても釣れなくても攻めの釣りを展開してやろうと思っていました!

この作戦が功を奏したのか…

思いも寄らぬ奇跡を巻き起こしました。

一発目に掛かった魚はアカムツらしき引き…

しかも明らかにデカいと判る重量感。

頭を振るとドラグが滑りリールが巻けなくなります。
さらに強風によるウネリで時折テンションがブレてヒヤヒヤ。

なんとか交わしつつもいつも以上にドキドキしながら慎重に巻き上げ、水面を割ったのは…




大本命アカムツ!

それもとびきりデカいアカムツ!




やりました!!!
幸昌丸さんレコードサイズとなる53cm、1.3kgのアカムツ!!!

ディープライナー ロジカル60♯6×スパイN 450gにて。

痩せている魚体でしたので重量はありませんでしたが、サイズへのこだわりよりもとにかくデカいアカムツが釣れたのが嬉しくて、しばらく興奮状態でした。
この海域に通い始めてからデカいアカムツを狙い続けてきたので、ようやくそれが叶いました。

そして、何より嬉しかったのはみんなが魚を見にきてくれて「おめでとう!」と声をかけてくれたこと。
そこで船長や餌釣りの常連さんとガッチリ握手を交わしました。




船長をはじめ、みなさんのご理解のおかげで当初からこうして餌釣りの仲間に入れてもらい気持ちよくアカムツジギングをさせていただけることは僕にとって本当にありがたいことなのです。

この後もさらにアカムツを追加して釣ることができ、僕にとっては忘れられない1日になりました。



数日後・・・

このデカいアカムツにはさらなる運命が待っていました…。


翌週、東京で開催され私も参加させていただいた「スローピッチジャーク完全バイブル 【西本康生の世界】」出版記念パーティーにこのアカムツを寄贈させていただくことになったのです!

まさに運命ともいえるグッドタイミングでした(^^)b




当日、西本さんをはじめ西本さんとゆかりのある著名人の方々に私の釣ったアカムツをお召し上がり頂きました。





私の釣ったデカいアカムツと後輩の河本くんが釣ってきた新島キンメがお刺身で登場!



さらに西本さんの釣ったアブラボウズも登場!美味しい料理に囲まれて楽しい時間が流れます。




このお祝いに華を添えることが出来て良かったです(^^)



なんと当日は大先輩でもある徳永兼三さんも参加されていました!







シャークジャーナリストの沼口麻子さん



大阪から丸山さん、北海道から林さんもお祝いに駆けつけました!



こうして普段なかなかお会いできない方々ともお話することができ、とても素晴らしい時間となりました。
主催してくださったスタジオオーシャンマーク大塚さん、ありがとうございました。





そして西本さん、ご出版おめでとうございます。
私もこの本、大好きです!
本を通して伝わってくる情熱と西本さんの仕掛けや道具立てがとにかく美しいこと、そして色々な魚が次々と飛び出してきてワクワクさせられます。
きっとこの本を通じて、新たな繋がりが出来るのではないかと思っております。

こうして西本さんや周りの方々のおかげで、釣りを通して様々な出来事が起こり色々な方々と繋がり、釣り人として幸せな毎日を過ごすことが出来ています。

さぁ!次はどんな出会いが待っているのか!
また海に繰り出すのが今から楽しみで仕方ありません(^^)


下山田 陽樹
2016.03.21 Monday

土佐清水 オーシャンへ

こんにちわ^^

神戸の大倉あきひろデス^^

少し前になりますが

2016年釣り初めは、

北田船長率いる
土佐清水の沖吉丸さんへ
お世話になりました

Fishing Guide  オーシャン  沖吉丸
http://www.okiyoshimaru.com/


久しぶりの六野瀬に行けるかも??

道中車内も仲間と賑わいながら大人の遠足気分(^^♪
ロングドライブの為
四万十川で休憩TIME!!
休憩先で扉のアクシュデントで大吉の指が2本はさみ込み・・・・汗

正月早々^^痛みは、気にせず・・汗

土佐清水へGO



2016年1発目開始デス!!



大吉の新年1発目は、CX250g ロジカル60-4
6.5Kの良型ヒラメで幸先良し^^

なんか指が痛いけど(笑)

2発目はイズカサゴ



小ぶりですがアヤメカサゴで3連続ロジカル60-4  CX250g

このあたりから2本の指サイズ倍増で操作感が落ちてきて・・・・根掛かり多発(汗)

小さな魚が数本釣れましたが

釣りより集中力が指先のほうに・・・汗


開始数時間でほぼ離脱フィッシング〜^^;



しかし

ご一緒した皆さんは、正月早々連続HIT!のカーニバルでした

ロジカル5.5シリーズ自由自在に使いこなす佐々木さん^^
SPYファイブでイズカサゴ


爺やん・MAKKYさんもロジカル5.5シリーズ
SPYファイブとフレック
アヤメカサゴと良型のウッカリカサゴ



池田さんは、ロジカル60-4+CXで良型のアヤメカサゴに嬉しそう^^



ケイリュウ君も
SPYファイブでナイスプロポーションのウッカリカサゴ

MAKKYさんは、SPYファイブ
この日 多数良型を連発させておられました^^


大ちゃんスピンドルで黒ムツ〜ニヤリ

佐々木さんは、フレック+ロジカル5.5シリーズで黒ムツ〜




さすがこの2人は、
このタイミングにデカイ奴が当たる可能性がある事を良く知ってます。
僕も気持ちだけ参加してました(笑)





お土産のハガツオに
最後は、正月らしく
大ちゃんがめで鯛で締めてくれました^^



沖吉丸 北田船長ありがとうござましたm(  )m




釣った魚を
高知市内の一釣さんで料理していただきました^^




獲れたて新鮮な魚の造りに黒ムツの天ぷらに炙りに

 


キンメの炙り寿司

その他の豪華料理のどれもが美味しくて
豪華すぎる正月に大満足!!
居酒屋一釣様ありがとうございました




記念撮影は、一人完全にNGですが(笑)



最後の締めは、高知市内のしめじラーメン
初めて食べましたが飲んだ後にバッチリで美味しかった^^


指も完治してきたのでこれからどんどん海に出かけれます^^

北田船長をはじめ 御一緒していただいた皆さま 料理していただいた居酒屋一釣様
・西村様 ありがとうございましたm(  )m
 
                                                                         
  大吉


                                                                                                                          


 

2016.03.11 Friday

‘‘講習会,,っていいですね!!

みなさん、こんにちはチームモリタの田中です。

今回は、前回のブログでもお世話になった地元の釣具店「キングフィッシュ」さん主催の講習会の模様を報告させていただきたいと思います。


その講習会の舞台というのは?



みなさんご存知、ディープライナーです。


自身初となる講習会という事で、ワクワク、ドキドキです。



期待に胸を膨らませ出港しました。


まず今回、東村船長から出された課題というのは、VB、 CX、 FB、 この3種類のジグを使って釣りをする事です。



ここではあまり詳しくは書きませんが、東村船長によると、釣り場でまずは、この3種類のジグを使って魚の動きを読みとることが大切だとのことでした。


なぜ大切かというのは、のちのち身を持って知らされることになりました。 (笑)

そして講習会ならではじゃないでしょうか?


船上で東村船長 直々のアドバイスやスローピッチの考え方などなど!!




「キングフィッシュ」の中村さん、移動中もいろいろと聞いていました。


船の上で実際に釣りをしながら東村船長のようなエキスパートの人からアドバイスをもらえるのは、とても価値があるように思いました。



さて、この日の僕の状況はというと、まずFBの250gからスタートしました。そして、ポイントの水深が変わるとジグの重さを変えまずはFBだけでやっていましたが、アタリが出ず CXにチェンジしました。しかし、CXでもアタリ出ず… 同船した他の人にもアタッてなさそうです。

すでに開始から3時間以上が経っていました。 船長に聞くと潮流も緩いそう。 ここで僕はついにFreqに手を出してしまいました。


すると、キタ!!キマシタ!


それを見た東村船長から、「あ〜ぁ他のジグに浮気しちゅう!!」


言われて僕はドキドキしちゅう!!


(でも、実は僕より先に浮気してた人がいたのです。)


一緒に参加してた「遊漁船 武士samurai」のヨッシー船長、スピンドルに浮気です。 右手に持っているCXで釣ったことにしようとしてましたが、そうはいきません!! (笑)


そんなこんなでモニター2人が課題にとりくまず浮気しているなか、真面目に課題にとりくんでいた中村さんにBIGヒット?

しかし・・・

逃げられてしまいました。


VB 250g

回収して確認してみると、リアフックの一本がアシストラインの所で切れていました。

この時、僕はSPY-Vに浮気してハチビキ…

なんだか狙いどおりにかみ合いません…

次第にアタリも遠のき完全に僕はお手上げ状態… 迷子のようです…


そうなんです、最初にも書きましたが、スロースキップ 基本の3種類を使って魚の動きを確認しながら、釣りを組み立てていくのと、むやみにいろいろジグを変えて釣りをしていくのとでは、得られる情報が全く違ってくるという事がわかったことが今回僕にとってとても大きな収穫になりました。


いろいろ変えるのがダメなのではなくて、確認しながらその状況にあわせて変えていくことが大切なのだと!!


後半も状況に合ったジグや誘い方などをしている人は、レンコダイや、チカメキントキなどを連発してました。

なかでも、今回が初めて太平洋で釣りをするという参加者の方に東村船長がアドバイスしたあと、僕に「あの人は絶対釣るで!」と宣言してましたが、まさにそのとおり、そのあとは一人連発させていました。



僕もその人の釣りを見ながらやってみましたが、アジャストしきれず、最後までダメダメでした。



船上講習最後は、大型魚とのファイトを想定したストレートポンピングの練習です!

「まずは初めてやき、15kクラスのカンパチからやね!」


みなさん、15kクラスを体験していきます。


そして僕の番…



ドゥルン!ドゥルン!ドゥルルン!!

さっきより船速が上がってるんですけど…

「課題にとりくまずに浮気してる君たちは、30Kクラスやね!!」

僕とヨッシー船長は30kオーバーに引っ張り回されました!!


陸に上がっても、講習はまだまだ続きます。


講習だから聞ける、他では聞くことが出来ない話し数々です!






東村船長の説明は、「こうなるからこうした方が良い」という様にきちんと理由を説明した上で論理的に説明してくれるので、とても分かりやすく説得力がありました。


そして、釣行を終えて参加者の方と話しをしてみると、皆さん口々に「実際に使ったロジカルは凄かった!!」
っと言っておられすっかり虜になってました。

ディープライナーに乗船するとラインナップ全てのロッドを実釣で使用させてもらうことが出来ます。
釣具店で触って見ただけでは、なかなか実際の使用感は分かりませんが、こうして実釣で使うと違いがすぐに分かりますね。


今回が「キングフィッシュ」主催の一回目となる講習会で、内容は「基礎の基礎」ということでしたが、僕にとってもとても内容の濃い今後の釣行につながる講習会でした。

‘‘講習会,,いいですね!!

ちなみに、今年の「キングフィッシュ」主催の講習会、 まだ参加人数が空いている日もあるみたいなので、気になる方はぜひ、ショップのオーナー 中村さんに連絡してみてください。

釣りの考え方が変わるかもしれませんよ!!

アングラーズショップ キングフィッシュ
広島県世羅郡世羅町東神崎735-3
TEL 0847-22-3006



使用タックル

ロッド
ロジカル55 #4, #8
ロジカル60 #4, #7
ロジカル70 #5,

マニアフェローズ 55, 53


リール
オシアジガーNR2000H
マーフィックス N4, S5
トルサ

ライン
ファイヤーライン 1.5〜2号

ジグ
スロースキップシリーズ
SPY, SPY-V, SPY-N, 180〜500g


田中 純樹でした。
2016.02.03 Wednesday

ご無沙汰しております、高知のはまちゃんです

大変ご無沙汰しております、高知のはまちゃんです。
年末年始の釣行の報告をします。

まずは年末、ディープライナー。お正月の魚を仕入れに気合十分です。
気合入りすぎて、途中経過の写真なし。

渋い中の釣果です。サイズはともかく高級魚ばかりでした。


お正月用


続きまして、年始、2016発釣行は海宝丸。

まずは、岬周辺青物狙い。年末シマアジが釣れたらしく、もちろん狙います。

ロケット、スパイ、スパイVとジグを替えつつ飛ばし中心でしゃくるも反応なし。周りも見てもアタリ無。そのはず0.3ノット。

すかさず、ビブへ変更、底も狙いつつの一投目。着底後、3回誘い上げ、1/8でHIT!
2016年初獲物は…
ロジカル60#5:Vib250ℊ
マハタ、実に縁起良い。

が、その後続かず、中深海でクロムツ狙いへ。ここでも潮は緩く、周りも見ても苦戦の中VBにてHIT!
しかもかなりの重量感。デカムツか?
ロジカル55#6:VB300ℊ
サメでした。狙いどうりは行かないものです。

続きまして少し浅く、クロムツ狙い。
またまた重量感のある引き。
ロジカル55#4:スパイ180ℊ
メダイ…

もういっちょ
ロジカル60#5:Vib250ℊ

締めは
ロジカル60#5:Vib250ℊ
オコゼ。

調子が良かったのはここまで、後半はジグを替えロッドを替えとチャレンジしましたがドツボにハマる一方。
周りはレンコ、ガシラ等釣ってました。

仕上げはいつもの味楽万々店で。
右側は大将のおすそ分け





 
2016.01.25 Monday

飛び出せドラゴン級!!

お久しぶりです。 チームモリタの田中です。

今年もよろしくお願いします。





今回は、僕の地元 広島の釣具店キングフィッシュさん主催のタチウオ大会に参加してきましたので、その時の模様を報告させていただきたいと思います。


今回で3回目となるこの大会、タチウオ3匹の総重量で争われます。



朝6時からの開会式、今年は42名の参加者で5隻に分かれて開催されました。


広島でスローピッチの船といえば、男前船長 ヨッシーの武士〜SAMURAI〜も参加してました。


僕がお世話になったのは遊漁船110番さんです。

出港してポイントまでの移動中、船長さんにポイントの水深などを聞いて、タックルのセッティングを考えます。




この日のポイントは水深60m前後とのことなので、
ロジカル 55 #4 FB 100g
ロジカル 55 #2 SPY-N 100g
から様子を見ることにしました。




よーいドンでスタートです。笑いながらピースしてますが本気で優勝狙ってます(笑)

船長さんによるとベイトの反応は、底から10m付近に帯状に出ているとこです。それを基準にして始めました。

しかし、なかなかヒットしてきません。



ロジカル 55 #4 ジグをVibの130gにチェンジして初ヒット!!

しかし、サイズが・・・

ここからパタパタと釣れますがやっぱりサイズイマイチです。


この日の僕のヒットパターンは、レンジを広く誘いたい場合は1巻60cmのリールでチョット早めのワンピッチワンジャークを一定のスピードで底から20〜30m誘い、狭いレンジを誘う場合は1/1ピッチ2回の後 ガクッとスピードを落とした1/2ピッチをいれた時にガツガツッ!! のパターンが多かったです。


このパターンを使い分けて何とか指4本ぐらいの魚を3本は揃えれましたが、同船者の人もそのサイズまでは釣られているので、このサイズでは優勝は無理そうです。 なんとかキッカーフィッシュを釣り上げたいと、いろいろ考えます。(時合いを逃さない様に集中していた為、写真なしです 笑)


ヨッシー船長もお仕事中です!


その後は、どんどんアタリの数も減って劇渋&強風で劇寒状態!




集中力は切らさないよう、いろいろ試しながらしゃくり続けました。



しかし、時間はあっと言う間すぎ納竿の1時30分まで 後少しです。



ここで 上げでも下げでもタチウオの反応が良いことの多いSPY-5 150g にチェンジ !!

するとヒット!!


しかし・・・ この日 最小の指2本サイズでした。

この後、ドラマ魚は釣れずそのままストップフィッシング!!


港に帰り検量です。


僕のクーラーの中です!


僕は、タチウオ3匹で1450gでした。


閉会式では大会に協賛してくれたメーカーさんの景品がもらえる抽選もあります。


みなさんの検量も終わり、表彰式&閉会式です。


僕の結果は、7位に入賞で賞品GET!


隣りにいる方がキングフィッシュのオーナーの中村さんです。


気になる1位の方は? 1780gで木原さん。

おめでとうございます。


そして、またまた気になる抽選会!!



ディーパースファクトリーさんからの協賛品の抽選はヨッシー船長です!

頼むよヨッシー船長!! 僕は26番ですよ〜(笑)

しかし・・・

ここでもドラマは起こらず 終了です。


釣果的には厳しい大会になりましたが、こういう釣り好きが集まっての大会、ハラハラ、ドキドキ 笑いありの楽しい大会になりました。


来年の第4回大会、優勝狙って頑張ります。



フィッシングショップ
「キングフィッシュ」

〒722-1114
広島県世羅郡世羅町東神崎735-3
tel:0847223006



使用タックル
ロッド
ロジカル55 #2 #4

リール
ジガーLD 2000
カルカッタコンクエスト300
オシアジガーNR 2000P

ライン
PE 1.2号 1.5号

リーダー
シーガー 5号

先糸
シーガー 16号

ジグ
スロースキップ FB Vib VB Freq
SPY SPY-N SPY-5 スピンドル
スーパーロケット


田中純樹でした。

 
Powered by
30days Album